You are here
Home > インテリア風水

風水では「陰(いん)」な場所に注意が必要

家の中で狭苦しい場所、暗い場所は「陰」の気が溜まりやすい場所です。そういった場所はインテリアの調整によって風水を改善する必要があります。なぜなら、そのような場所には疲れ、病気の原因となる低迷したネガティブなエネルギーが溜まりやすく、順調でスムーズな生活の妨げとなるからです。

風水の失敗パターン

ここでは私たちがよく陥る風水実践上の失敗例を10個まとめてご紹介します。そしてそれをどうやって避けるかの解決策をリリアン・トゥーが提示します。あなたは風水を実践しているのに期待した成果があらわれず、あきらめる寸前、さあお読みください。

危険!陰エネルギーの大発生

時々、わけもなく物事が悪い方に進んでしまうことがあります。わけもなくおかしなことになってしまう。健康だった人が急に病気になり、急に感情が爆発してケンカになる、友達が急に敵になる、事故にあう、ストレスが爆発する、などのように。高齢者なら急に関節や背中が痛くなったり、と。いったい、何がどうなっているのでしょう?風水が原因に違いありません。

風水は気の流れがやっぱり大事

家にいて「気持ちいい!」と感じる時があると思います。美しい「気」の流れがすべてに良い影響をもたらしている時です。
そう感じない時、「重い」「暗い」と感じたり、不快に感じるなら気の品質に問題があるのかもしれません。家具の配置が原因かもしれません。家具がそこで暮らす人に悪影響を及ぼすことはよくあるのです。ここではそんな状況を打開するヒントをいくつか紹介します。

階段に隠れた風水のリスク

私は家の階段に関する風水の質問を多くの方から受け取ります。その方々は風水の知識を本で読み、または人から聞いた話によって混乱し、不安になっています。この風水の問題が家族と家族の未来を壊すかもしれないというのに、どのように解決していいかわからないのです。ここでは階段に潜む風水のリスクについてお話しします。

インテリア風水の成否は素材選びが命

インテリアをデザインする上で鍵となることの1つに素材の使い方があります。素材の使い方1つで空間の印象はガラっと変化するからです。素材をいくつかブレンドして全体にバランスをもたらす場合もあるし、素材元々の味を引き立てる場合もある、いずれにしても、使用する素材は空間の美しさに直接的に関係する、だから重要なのです。

幸運の秘訣は「気」を動かすこと

良い風水を求めているなら、家の中のエネルギーを停滞させてはいけません。
気が、家の中でイキイキと元気に流れている状態が良いです。
気がまったく動かなくなると陰が優勢となり、オバケすらも引き寄せてしまうので注意しなければいけません。そのような動きのなくどんよりした気には幸運を引き寄せる力はまったくありません。

食卓の風水アドバイス

ダイニング、食堂、食卓は人間関係の質と調和を意味する家の中で最も大切なところのひとつです。豊かな食卓は、家族が食べることに困らない良い暮らしを意味するので、食卓を整えると自動的に成功と名声が訪れるので、ダイニングについて覚えておくべきことをまとめます。

花の風水パワー

花が生み出すエネルギーが私たちに与える影響はプラスにもマイナスにも働きます。元気な花は良い風水のパワーを一瞬でもたらしてくれるので、私たちはみんな新鮮な花が大好きです。しかしその良い風水の状態はたちまち悪い風水に変ってしまうことがあります。

優雅なトイレフロでも風水は悪いの?

風水では昔からトイレフロは家の中で縁起の悪い場所と考えられています。排泄物を流す場所でありますし、トイレフロに関する風水のタブー事項は数多いです。
しかし最近では、トイレフロが別の側面を持つようになりました。美しい御影石で洗面台をつくったり、豪華な大理石の湯船で疲れを流してリラックスする人も増えました。

価値をプラスするリフォームアイディア

家のリフォームは大仕事なので、リフォームによって達成したい第一の目標が何なのかをいつも意識しておくことが成功の秘訣です。風水で運気を高めるためのリフォームですか?あれこれリフォームで達成したい目標を欲張りすぎていませんか?リフォームは自分自身のためですか?それとも不動産を高く転売するためですか?または賃貸するためですか?といったように目的は色々あるはずです。
目的によってコスト、時間、労力は違ってくるはずです。ここではリフォームに関する重要なポイントをみていきたいと思います。

ライフスタイルの変化を意識した間取り

インテリア風水のデザインは、家によって異なるもので、十人十色です。フライングスター風水や八宅風水のチャートで、家の気の分布を読むことで、住空間デザインの基礎を描くことができます。部屋ごとに、チャートの意味を見ながら、どこを中心に設計すべきなのかが見えてきます。そして幸運の気が分布している場所から順に、生活の中で重要な部屋をあてはめていきます。

風水の良いインテリアのヒント

ワールド・オブ・風水の建築デザイナーのクリス・ヤオ氏が、家のエネルギーをいつも元気で「陽」に保てるようなインテリア風水に関するデザイン的な工夫について、図を織り交ぜて解説します。
オープンコンセプトのリビングをつくる考え方は、ワンルームの家の風水にも応用して使うことができます。

Top