You are here
Home > インテリア風水 > 風水の悪いL字形の部屋を活用する方法

風水の悪いL字形の部屋を活用する方法

L字形の部屋は別名で斧、包丁、ナイフ、トマホーク等とも呼ばれ、非常に風水が悪い形だと考えられています。理由は、変則的な形の部屋には欠けの方角ができますし、殺気を放つ突き出た方角ができるからです。

欠けている方角が8方位の中の仕事の方位や、あるいは富をあらわす方角だったとしたら非常に残念なことです。
しかしL字形の部屋は、風水をうまくやれば、厳しい交渉を強力にサポートしてくれる部屋にすることもできるのです。

まずすべきことは、「刃」の部分と「取っ手」の部分をスペースとして区別することです。
L字形をナイフにあてはめて、「取っ手」となる部分にいれば、集中力、権力や権威を得るのにとても良い場所となります。
逆に、「刃」にあたる場所は最もエネルギーが弱い場所となります。

交渉の際には、交渉相手が「刃」に、自分が「取っ手」にあたる場所に座るようにしてください。

そうすることで、あなたが交渉を優位に進め、議論をコントロールするパワーを得ることができるのです。

次に、突き出ている方角から生まれる毒矢、殺気を避けるために、ちょっとした風水術を使いましょう。

クリスタルドロップ、または葉の多い観葉植物を突き出ている方角との境目に飾ります。
そうすると殺気を吸収することができます。
突き出ている場所との境目が壁やドアならばそこを鏡貼りにすることによって、象徴的に消すこともできます。

さあ、これでL字形の部屋でも幸運が得られる方法を学びました。
もう怖くありませんね。

Top