You are here
Home > スピリチュアル風水 > 夏は霊的に守られて安全に過ごす

夏は霊的に守られて安全に過ごす

太陰暦7月の満月(十五夜)、2021年は8月22日です。この日を中心とする約1か月は陰の力が支配的となる危険なハングリーゴースト月です。

家の中で陰が支配的な状態になると、悪霊や浮遊霊を引き寄せ、不運が立て続けに起こります。
墓地の近くにある家も幽霊が集まりやすいので注意が必要です。

この約1か月間は、アノ世の扉が開放され、無数の霊が、私たちの生きるこの世を訪れるのだとと信じられています。
日本のお盆は、親族や関係者だけが家に戻ってきて、数日間一緒に過ごすという平和なものですが、実際は悪霊や浮遊霊も含め、街にあふれるので、注意が必要なのです。
夜の家
この期間は霊を鎮める目的で捧げ物と儀式を行い、霊的な障害を防ぎます。
霊をなだめるために、線香や食べ物を家の外に置き、浮遊霊や死んだ親族をもてなす儀式があります。
焚き火をし、祈りをささげながら「紙で模造したお金」「紙の家」「紙の車」「紙の宝石」「線香」をくべていく儀式があります。
これによって、霊が多少満足感を得てあの世へ帰ることができます。
風水が信奉される文化圏では、地球を訪れる霊にこのように捧げものをすると、徳を積み、開運するのだと信じられています。

バンド

悪霊や浮遊霊は心の弱っている人に危害を及ぼします。
克服するためにはお守りをつけ、明るい色の服を着て、音楽をかけ、陽エネルギーを優勢にすることです。
寺院で祭りや踊りをするのは、このような目的なのです。

この時期やってはいけないこと

1.海や川で泳ぐのは絶対ダメ

この時期は、悪霊が人をおぼれさせます。成仏できない霊は、生まれ変わるために引き換にできる魂を探しているのです。泳いではいけません。

2.子どもは日没後外出しない

子どもや若い人は、夜に浮遊霊から攻撃されぬよう、日没後は室内にとどまるべきです。
小さな子は特に浮遊霊にやられやすいので、HUMのような強力なお守りをつけておくことです。

3.引越しや新規事業の開始

この期間をはずしましょう。陰が優勢な時期にこのように大事なことを始めると、不運がずっと続くことになります。

4.結婚式はダメ

結婚式は嫉妬深い女性の霊から攻撃を受けやすく、夫婦が呪われ続けるリスクが高いので、どのような犠牲を払ってでも避けるべきです。

5.山や森林歩き、キャンプはダメ

ケガや霊的な憑依による事故や事件、死の危険があるので、絶対に避けてください。

6.安全運転

事故をしないよう、車の運転は注意してください。事故で死んで成仏できていない霊たちが、生まれ変わるための新しい犠牲者を探しているからです。運転する人は、トラベルセーフのお守りリボンをつけておくべきです。

7.玄関を守る

強力守護の置物
玄関に強力な守護力をもたらすシンボルを飾りましょう。悪霊や浮遊霊に対し、最高の守護力を発揮します。

8.儀式は静かに行う

紙で模造したお金を燃やすと、お金を受け取ろうと霊たちがあなたのまわりに集まります。
儀式をする時は飛んだり跳ねたり走ったりしないことです。でないとあなた自身を捧げてしまうことになります。悪霊はほんとに危険です。

9.肩に手を置かない

人は体に3つの炎を持っています。1つは額、2つは両肩に。肩に手を置くと、炎を外に出してしまい、心の力が弱まるので、霊に憑依されるリスクが増えるのです。

10.おでこを清潔にし、髪はアップ

おでこは常に出しましょう。髪でおでこが覆われていると、体の炎が外に出てしまい、力が弱まり、霊に憑依されるリスクが増えます。

11.ナイフやハサミを雷に向ける

これは古くからある言い伝えで、霊が家に入るのを防ぐといわれています。

お香の儀式で霊をなだめる

日ごろからお香を焚くと、浮遊霊や悪霊による障害を避けれます。とても強力な方法です。
お香に火をつけ、儀式を行い、お香がすべて燃えつきるまで外に置きましょう。
通常は週2~3回でOKですが、8月はできるだけ頻繁に行うのがいいです。
夕暮れ~日没後にするのがベストです。
サンダルウッドKemenyanのような純粋で良い香りのお香を使ってください。
そしてお香の儀式の呪文

ナマサバ・タタガタ・アバロキテ・オン・サンバラ・サンバラ・ホン

を唱えながら時計回りに部屋をまわります。
家の外でも同じようにします。
終わったらお香は外に置いてください。これをすると霊はあなたを邪魔するのをやめて、味方になります。

強力なお守りをつける

何億もの霊たちが地球を訪れるので、この時期は事故や災難が非常に多くなります。
この時期に地球を覆う陰エネルギーから守られるために必要なのは霊的な守護です。
霊的に強力なお守りをつけてください。
お守りはネックレスや鏡形のもの、梵字や秘密の呪文の描かれているもので、肌に直接触れるものが良いです。
このようなお守りをつけていれば霊から被害にあうことはありません。

1.HUMのネックレス

HUMのネックレス
霊的な障害から私たちを守るHUMのネックレスを身につけましょう。霊的な障害からあなたを守り、豊かさをもたらします。

2.守護のスカーフ

守護のスカーフ
強力な守護の呪文が書かれたスカーフは、霊的障害や悪い風水による不運から身を守るためのガードです。呪文の書かれたスカーフは、霊的障害や深夜の外出時の霊的憑依からあなたを守ります。家を離れる時は、家の守護者からの保護を離れるので、霊的に脆弱になります。旅行に行く時は必ずつけてください。

楽しい夏の時期を安全にお過ごしください。

Top