You are here
Home > インテリア風水 > 風水 どの部屋を寝室にするか

風水 どの部屋を寝室にするか

新しい家に引っ越した時、どの部屋で誰が寝るか考えると思います。簡単に決めてしまうこともできますが、その後の運に直接的に影響します。


imgさあ、どうやって決めるのが良いと思いますか?まず、クアナンバーは重要な決定要素です。クアナンバー計算機を使って、家族の番号を調べます。1,3,4,9は東グループ、2,6,7,8は西グループです。右図の緑色の方角(北、東、南東、南)は東グループの人にとって良い方角、灰色の方角(西、北西、北東、南西)は西グループの人にとって良い方角となります。
8方位の中で4つの吉方位と4つの凶方位が分かるクアナンバーの法則は生年月日から調べることができます。まずは部屋の割り当てのヒントが1つ見えてきました。
間取りと方角がうまく当てはまれば良いですが、そううまくいくとも限りません。次の判断材料も参考にしてみてください。
例えば、あなたのクアナンバーが西グループなのに、東グループ向けの部屋しか選択肢が無い場合は、凶方位の中でも「絶命」の方角でないことだけは、少なくともクリアしてください。
次に部屋の形が幸運を得やすいかどうかチェックです。寝室にはふつう、クローゼット、窓、ドアがあります。また多くの寝室は、もともとベッドの位置が想定されています。
しかし、頭を吉方位に向けて寝ることも良い風水のために重要なことです。
ヒント1: 吉方位に頭を向けて寝れる部屋を選ぶよう努力してみる

img
ドアから寝姿が見えないようについたてを設置。ベッドの頭と接する壁にアクセント装飾を設置。
次に気にした方が良いのがベッドの周囲です。柱やコーナーのとがった角が作る殺気は絶対に避けないと病気になります。ドアからまっすぐに頭の位置というのも避けた方が良い風水のパターンです。トイレの壁に頭をつけて寝ることも風水の良く知られたNG事項です。このような睡眠をおびやかす風水の要素がないかどうか、意識してみてください。そして問題をはっきりと認識して、1つ1つ解決をしていくのです。
解決例1
図の例では、寝室が家の南にある寝室で、クアナンバーが東グループの人に適した寝室です。しかしベッドがうまくおさまる壁は西の面しかなさそうです。もし、この方にとって西が「絶命」だとしたら、あらためてベッドの置き方を考え直さなければなりません。
寝室の間取りを見ると、北と南に頭を向けるのは難しいように見えます。北にベッドの頭をもってくると、ドアとクローゼットに挟まれたギリギリの狭苦しい配置になるので、閉所恐怖症の原因となるマイナスの風水効果になってしまいます。南も同じようにギリギリの場所にベッドを置かなければいけないですし、窓と壁の境に頭をつけて寝ることになってしまい、工夫が難しい状況です。
img
消去法的に考えて、東の壁にベッドの頭を持っていくしかありません。この場合、部屋の出入口からまっすぐの位置に頭がくるという風水NG要件にあてはまってしまいます。これを解消するために、ドアの前についたてを設置します。すると問題は解決し、同時に部屋のちょっとした玄関ホールのようなスペースが生まれる、風水が良くなります。
もう1つ、トイレの壁に頭をつけて寝るという風水の極めて重要なNG事項をクリアするために、壁の上にアクセント装飾となるパーテーションをつけました。これでトイレの壁と物理的なバリヤーができました。デザイン的にもバランスが良くなりました。
解決例2
2つ目の例は、家の西にあって変形の部屋です。この寝室を使うのは西グループの人です。だから吉方位に頭を向けて寝るためには、この図の場所が唯一のベッドの置き場所になります。
部屋の様子を見ると、広い部分にドアがありますが、ドアに向かって毒矢が向いています。ドアの対角線にある壁の継ぎ目部分が尖っていますので、このままでは部屋に出入りするたびに毒矢を受けてしまいます。
これを解消するには、ついたてが役立ちます。尖った角はついたてをつけたことによって角がドアを直撃することはなくなりました。もう1つの恩恵は、変わった形の部屋を2つの四角い部屋として区切ってくれることです。ドア寄りの部分が生活エリア、奥側を寝るための空間として使うことができます。ワンルームの風水としても応用できますね。
これによって吉方位である西に頭を向けて寝られますし、部屋に「陰」と「陽」2つの空間ができて、運を高めやすくなります。
ヒント2: ついたてで毒矢をとる

img
中央部分についたてを立てることで、とがった毒矢を消すことができました。変形している部屋を2つの四角い部屋として使うことができ、風水が改善しました。

ヒント3: 壁紙で部屋の運気を高めることができる

img
続けて、フライングスター風水も考慮してみましょう。家の正面方位と建った時期からその家のフライングスター風水のチャートがわかります。そしてそのチャートを間取り図に当てはめると、部屋ごとに必要な五行の要素がわかります。風水を改善するデザインとして、壁紙、壁の色や床材、カーペットで五行の要素を補い、運気を高めることができます。
壁紙やカーペットは、デザイン的に美しいだけでなく、風水目的としても有効です。
ヒント4:部屋の方位と形から検討してみる

ヒント5: 部屋に必要な五行の要素をデザインに取り入れてみる
*フライングスター風水について、リリアン・トゥーのフライングスター風水占い(小学館 1,680円)には、詳しい説明があります。

Top