You are here
Home > 健康と美容の風水 > 風水 大掃除で家と心のデトックス

風水 大掃除で家と心のデトックス

私たちは驚くほどのガラクタを日々集めています。人も家も、いつでもガラクタを集め続けます。心もそうです。無駄な邪念は心にいつでも侵入してきます。試しに1分、心を静寂の状態にしてみてください。それがどんなに難しいことかわかります。

img

思考はコロコロ変わります。記憶の引き出しから次々と意識の中に、自動的に入ってくるからです。家も同じです。どの部屋にも色々なものが置いてあります。大きなもの、小さなもの、おもちゃ、ガラクタ、それらが私たちのストレスを作っています。
片付いていない部屋、ぐっちゃりとしたクローゼット、机に積みあがった書類はストレスを増やします。日ごろはそういうことに気がつきませんが、何か大事なことをがんばってしようとするときに、ガラクタに足を引っ張られ、集中ができなくなります。心のガラクタも、家のガラクタも、実は両方とも人の心が作りだしているのです。
捨てるものの判断基準とは
ガラクタか、そうでないかを判断するのは自分の主観的な判断基準です。他人の所有するものは、その人のものです。その人にとって大事なものでも、あなたにとっては何の意味もないガラクタという場合もあるでしょう。いらないものを捨てるという行為は、あなたがガラクタと判断したものを捨てることで、では何がガラクタなのかを判断するのは自分自身です。
大切なものはとっておく
あなたに喜びを与え、笑わせ、インスピレーションをもたらすものは何でも、それはあなたのエネルギーとなるので、大切なものです。好きなものに囲まれているとあなたは強くなります。良いものの放つエネルギーとあなたのエネルギーが響きあうからです。
悪い思い出のあるガラクタ
苦痛、怒りを引き起こす、ストレスを感じたり、不幸な出来事を思い出してしまうようなもの、疲れるもの、脳の動きを悪くするもの、不快に感じるものはすべてガラクタです。こういうものはすべて捨て去るべきです。そうすれば2度とストレスに悩まされません。
新聞、雑誌、バッグ、カーテン、絵画や装飾的なオブジェ、大きいもの小さいもの、価値のあるもの無いもの、色々とありますが、あなたにとってガラクタならは、捨てるか、誰かにあげるか、売ってしまいましょう。

img

家と心のデトックス、8つのステップ。
1.はじめに
リストを作りましょう。心のデトックスから先にはじめます。そうすれば途中立ち止まらないですみます。清潔で整頓されて、幸運をもたらすエネルギーを持った家をイメージしてやる気を引き出してください。時間も割り当ててください。1週末についき1部屋の作業をしましょう。
2.
システマチックに実行します。各部屋に、ノートを持って入り、10分で捨てるものリストを作成します。それが終わったら、どの部屋から着手するか優先順位をつけます。部屋に家族の中から担当者を割り当てます。担当制ができない場合は、日程で調整します。
3.重要度の低い部屋から先にはじめ、重要度の高い部屋は後にまわします。こうすることで、作業が途中で終わることなく、最後までやり遂げられます。
4.部屋の1つを作業室として使ってください。修理予定のものや他人にあげるもの、売るものを一時的に置いておきます。
5.
ゴミ袋はあなたの家と心が必要としないガラクタを入れるものですので、大きくて丈夫なものを買いましょう。ゴミ捨ては本当に精神衛生上良い治療となります。捨てる、捨てないを迷って、ストレスにならないようにご注意ください。迷ったら捨てないでいいです。半年後の次の機会に捨てればいいのですから。ガラクタを捨てるのがうまくなってくると、自然と所有欲、物欲がおさまってきます。
大掃除は年に1回か2回、定期的にやりましょう。
6.
壁の塗装、壁紙も3年に一度は新しくしましょう。金銭的に余裕があれば業者に依頼してもいいですし、日曜大工でやってもいいです。部屋を好みの色にするのは楽しいことですが、色に迷ったら白を使えば良いです。白はどんな部屋にもあう、陽の色です。塗り始める前によく磨いてください。古くなったエネルギーをリフレッシュするイメージで。
7.
光と風は家のエネルギーをリフレッシュする要素です。アップライト、ランプなど、新しい照明器具を買いましょう。光は家のエネルギーの感じをダイナミックに変えてくれます。窓辺の日光が当たる場所にクリスタルを飾ってください。日光は家の中のエネルギーを再生する力を持っています。壁、クッション、枕、カーペット、カーテンにも日光をあてましょう。そうすると新鮮な陽のエネルギーが家を満たします。
8.すべての作業が終わったら窓をあけて風を入れ替えます。家と心に新しい気が流れ込むのを感じてください。

Top