You are here
Home > 家族の風水 > おそうじ風水を習慣に

おそうじ風水を習慣に

新しい「気」の足を引っ張る古い「気」を排除する努力は風水の主要部分です。リリアン・トゥーは、「家の気を新鮮に保つ努力とは、毎日のエクササイズのようだ」と言います。ちょっとした習慣を生活に取り込むだけで、生活は上向きで楽しく変わります。


暗い隅っこからクモやゴキブリを追い出すのではなく、そもそも害虫が好むような暗い場所をなくしてしまえば良いのです。
img年末の大掃除は昔からの慣わしです。1年間のほこりや汚れはらい、年末最後にきれいにする。これはもちろんやった方がいいです。
1年に1度でも、隅々まで掃除が行き届いていれば、「陰の気」が危険水域に達し、そこで暮らす人々の精神に影響を及ぼす最悪の事態はまぬがれます。
でも、どうして大掃除を年に1回しかしないのですか?
風水実践者である私たちは、散らかった家、整理されていない食器棚、たまにしか使われず放置された物が、悪い風水の原因になることを理解しています。それなら、大掃除を毎日してみませんか?難しいですか?
曜日と時間を決めて、毎日の日課に組み込んでみましょうよ?
朝一番、寝る前など。。。1日1回、数分の時間を使って、冷蔵庫、食器棚、カーテンの状態、家の中の汚い部分をチェックしませんか?
これがうまく習慣化できれば、家は常に新鮮で清潔なエネルギーであふれ、良い風水の家の基礎になります。新しいノートにいつでも何か書き込めるような感じ。おそうじ風水の行き届いた家では、自然と潜在能力が引き出され、自信と創造力があふれてきます。
言っておきますが、私は「おそうじ中毒」です。いつも掃除しています。古いエネルギーのない、きれいな家では家族が楽しい雰囲気で幸せと喜びが続くと信じています。私はいつも日中ドアと窓を開放して、宇宙の気を家の中に取り入れます。風、雨、雷、私は自然エネルギーの信者で、強力で貴重なエネルギーが私たちに届き、家の中の気がチャージされます。
また私は庭で木の枝や葉が落ちていないか、少なくとも1日に1度はチェックします。パイプや排水溝も絶対に詰まらせることはありません。電球は切れる前に交換します。これらが長年の習慣です。
とりあえず始めてみましょう。単におそうじを習慣化するだけ。お手伝いさんがいるなら、日課に追加すればいいだけです。おそうじの指示を出した後はその場を去り、口出しせず、その間にあなたは別のことをしましょう。うまくできた時は心を込めてありがとうを伝えましょう。
お手伝いさんがいなくて、核家族であなたが専業主婦でない場合は、毎日20分のおそうじタイムを確保しましょう。それだけで家はいつもきれいで、古いエネルギーがたまる可能性は減ります。汚れた皿は積み上げない、古い食べ物を冷蔵庫に入れておかない、風呂やトイレはいつもきれい、きちんとベッドメイキングする、といった努力をしましょう。これが良い風水の基礎ですからね。
何かおかしい、と感じるけど、原因がわからない時、雰囲気が急に悪くなった時、家族が疲れやすい時、悲観、恐怖を感じる時は家のエネルギーをチェックする時です。風水は悪いことが起きる前に正しく修正するのです。
倦怠感の原因は家の散らかりが原因です。散らかった家には心理的に帰りたくなくなります。外で過ごすことを好むようになります。あなたや家族の帰り時間が遅くなってきたら、理由はどうあれ、危険信号です。その時に対処しないと、家族の元気がだんだんなくなり、仕事もうまくいかなくなります。人間関係も亀裂が生じやすくなります。すぐに家のエネルギーの質を改善しなければなりません。
集中力を発揮して、エネルギーがブロックされている場所を見つけます。あやしいのは古新聞や洗濯物、汚れたカーテン、電球が切れて暗くなっている場所やほこりがひどい所など。そこが干支や風水チャート的に重要な場所なら本当に急いで改善する必要があります。
最近は、多くの人が、「前向きな心の力の効果」を理解していますので、それと同じように家のエネルギーも改善できます。家の中で気を妨げているものがあると、挫折や目標をあきらめる原因になります。でも多くの場合、単に「おそうじをきちんとする」という意思の力が前向きなエネルギーを生み出し、それが家に広がります。
秘密のパワーを活かすのは前向きな態度です。おそうじ風水の決意を固めましょう。
ハウツーのリストは必要ありません、常識的なことだけです。
心を決めて、結果を注意して見ましょう。心の力は家や職場に広がり伝わります。早速はじめて、変化を楽しみましょう。

Top