You are here
Home > インテリア風水 > インテリア風水の隠れた悪影響に注意

インテリア風水の隠れた悪影響に注意

会社や家にある装飾品や写真、絵画があなたの運に意外な影響を与えていることがあります。風水を実践する上で、このような目に見えるレベルの隠れたメッセージを考慮することは重要です。壁に飾った絵画や写真、サイドボードやテーブルに飾ったお土産品や彫刻などです。リリアン・トゥーは会社や家に存在する隠れたメッセージにスポットをあて、不運にどのように対処し、幸運を高める方法を解説します。


img最初のアドバイスは、風水を良くするためには、家や会社の大きな全体イメージを考える段階から風水の法則を使うということで、ベストは新築またはリフォームの設計段階から風水の法則を使っておくことです。
私達は習慣的に生活の中で会社や家に外から「気」を持ち込んでいます。たとえば衝動買いした装飾品、誕生日や記念日にプレゼントとしてもらったもの、これらは「気」を創りだすものだということを意識してください。
日常生活で、私たちは家の中のどこに飾り付けをしても、それをチェックすることができます。家具の模様替え、あたらしい絵画を飾る、旅行先で買ってきた骨董品をコレクションに加える、こういった行動は、私たちの無意識のレベルを満足させる行動です。
ほとんどこういった行動をする時は、それによって家や会社にどんな影響があるかを考慮せずにします。私たちの生活空間から幸運のエネルギーを受け、調和のとれた人生を過ごしたいのなら、身のまわり品が直接及ぼす、隠れた風水の影響に注意してください。
バランスの良い空間創り
私たちの身のまわりには、デザインやテーマがシンボル的な意味を含むものがたくさんあるので、理想的なバランスを考えて調整するようにしてください。
身のまわりにあるものというのは常に、あなたの幸せの願いごとを象徴的にあらわすので、それらはあなたに笑顔とやすらぎをもたらすものが良いもので、トラブルをもたらすような意味が含まれているのはNGだと考えて下さい。
良い風水とは、人生を満たし、心を強くし、健康をもたらし、人生に前向きで友好的な姿勢をもたらします。良い風水とは、良いエネルギーのバランスで、あなたが元気になるというものです。
例えば、あなたは仕事がとても忙しくて、会社のデスクに書類が山積みで、ごちゃごちゃとした環境で仕事をしているとしたら、少なくとも家は、仕事のストレスと混乱を癒す休息の場であってほしいものです。
会社の仕事のスペースが狭苦しいなら、家はゆったりとした空間にした方が良いでしょう。そこに心に平穏をもたらすような絵画があれば、あなたの無意識のレベルに働き、忙殺的な仕事で消耗したあなたに休息をもたらしてくれます。
同じ考え方の「書」やミニマルアートも良いでしょう。忙しい人にとって、家の装飾がうるさいと、それが隠れた精神的な混乱の原因となり、得策とはいえません。
一方、仕事がヒマで、もっとチャレンジをしたい人なら、あなたの感性を刺激する、内面の創造性とあなたを刺激して、型にはまった仕事を超越する考えをもたらすデザインの家がふさわしいのです。
あなたの興味と情熱を直接的に刺激する色づかい、写真や絵画などの装飾品はあなたの創造力を高めます。これがあなたの人生に、パワフルな新しいチャンスを引き寄せます。前向きなイメージの絵画や写真を飾ったり、または誰の目から見ても幸運をあらわす風水のシンボルを、いつもあなたの目のつく場所に飾りましょう。

img

家族写真と先祖の写真
家族写真、先祖の写真には多くの隠れた象徴的な意味が含まれます。それらをどこに、どのように飾るかによって、家族の幸せにダイナミックに影響を与えます。
家族写真は家長が誰なのか、そして家族の雰囲気はどうなのか、幸福で穏やかなのか、殺伐としているのか、をあらわします。夫婦が、名声があって成功している姿で映っていて、家族が幸福に見える写真を目立つ場所に飾ると、現実にも幸福で成功して、調和のとれた家族の姿が実現してきます。
先祖の写真は家族写真よりも目立たない壁に飾るのがルールです。先祖があなたの今の生活に影響を与えすぎないように、という意味でそうするのです。
年配者のエネルギーが強すぎるのは、次の世代の人たちに抑圧的な影響となる場合があります。
絵画や装飾品
家や会社に飾ってある全てのアートや装飾品は、良くも悪くもエネルギーを及ぼします。見る人に否定的な感情を引き起こすものもあるし、暗くて雰囲気を憂鬱にするような、家族の幸運にとって何の役にもたたないものもあります。
会社の廊下に飾ってある絵画が良い作用を与えたり、逆に悪い作用を与えたりします。会社の創業者の肖像は、そこで仕事をする人にとってサポート的な影響をあらわす場合もあるし、むしろ抑圧的な悪い影響となる場合もあります。
猛獣の絵、例えば獰猛な虎の絵は、本当にトラブルの原因となります。同じように悲しい顔、しわのある顔の絵も害があります。生きているよりもむしろ死んでいるように見える絵は陰のエネルギーを生み出します。ぎざぎざの線で描かれた抽象画は隠れた毒矢になる場合があります。
装飾品に関しても同じです。私は以前、南アフリカで買った2人のマサイ族兵士の人形を飾っていたことがあります。片方の兵士は槍を持って、もう片方の兵士がヘルメットをかぶって鎧をまとっていました。私はこの装飾品は家族に勇気をもたらしてくれるものだと期待していましたが、実際にはそこで暮らす家族全員に争いごとのエネルギーを及ぼしていたことに3ヶ月してから気がつきました。
私の友人は夫婦のベッドの頭の壁に、裸の女性を描いた絵画を飾っていました。その絵画はご主人に別の女性との性的関係のエネルギーを及ぼしました。3ヵ月後、彼女は離婚し、夫は会社の同僚で魅力的な押しの強い女性のところへ去りました。離婚後、彼女はその絵を飾る以前は夫が正常だったことを知りました。彼女はその絵をはずしました。すると夫は我にかえり、例の女性とはきっぱりと別れて戻ってきました。
身のまわりの絵画や写真、装飾品が、風水に影響することは明らかです。良くも悪くもシンボル的に大きな影響を与えます。シンボル的な意味がわかりやすいものも、わかりにくいものもあります。意味がとても微妙であいまいなこともあります。インテリアの風水を実践する上では、こういった象徴的な意味をしっかりと意識して装飾品を選ぶと、良い結果につながります。

Top