You are here
Home > インテリア風水 > 寝室風水 実用とデザインのバランス

寝室風水 実用とデザインのバランス

寝室のデザインで重要となる「見た目」と「実用」のバランスについて、風水の視点からお話します。

bedrooms-practicality-vs-aesthetics-01

「デザイン」には見た目のカッコ良さと、実用性のバランスが求められます。依頼主の要望よりも「一瞬のインパクト」を重視し、実用性を軽視する傾向のデザイナーも中にはいるようです。しかし、見た目のカッコ良さというのは、ある人にとって良いものが、他の人にも良いとは限りません。一方の実用性については、万人に共通することを意識しておくのが寝室のデザインにおいて重要です。

デザイン性と実用性のバランスをとる手順としては、第一に依頼主の声に耳を傾けることです。依頼主が何を求めていて、それを実現する手段を見つける努力が必要です。
そして寝室は、家の中で最もプライベートな空間で、人は寝室で寝起きする、生活空間だということを念頭に置くべきです。

ヒント1 – 刺激的な色は避ける
寝室にふさわしく、風水にもかない、依頼主の好みの範囲内で色と色調を決めます。一瞬のインパクトを与えるような刺激的な色を選んでしまうのは、ありがちなミスです。そういう寝室では、実際の日常生活が困難な空間になってしまいます。

例えば、このショッキング・ピンクの部屋はどうでしょうか。私たちはこれを見て、色に圧倒され「カッコ良い」と思うかもしれません。最初はそう思ったとしても、このような色の効果が支配的になってしまうので、毎日寝起きするという実生活を送るのが困難になるのです。いったん、気に入らなくなると、衝撃的だったピンクがカッコ良いと感じられなくなり、吐き気がしてくるものです。
同じく、もう1つの強調されたデザイン要素である波うった壁のラインも、寝室に使わない方が良いデザインです。このラインによって、遠近感が乱れ、視覚的なバランスが失われるからです。風水の観点からも、波うったラインは「水」を象徴するので、寝室には適しません。

bedrooms-practicality-vs-aesthetics-02ヒント2 – 植物ととがった角はNG
この例は、寝室でのNG事項を示しています。アジア風の「ZEN」テイストなデザインの部屋ですが、アクセントとなるインテリアの中に注意したい点がいくつかあります。

第一に、寝室にはとがった角のあるものや、突き出した形状のものは避けた方がいいということです。この図の中のジグザグの本棚は風水の2つのタブーを侵しています。
1)頭上に何かあるところで寝てはいけない
2)頭上に鋭いものがあるのはいけない

第二に、植物の使い方です。観葉植物がデザイン的にオリエンタルなテイストを加えていますが、植物が寝室にあるのも風水のタブーの1つです。

第三に、空間の調和を常に考えるべきだということです。インテリアのデザインがどのように私たちの知覚に影響するかを見てください。この例では、窓と天井に対し、ベッドの大きさがちぐはぐです。天井と窓の間のスペースが狭く見えていることによって、窓が部屋の中で最も背が高く強調されています。それによって天井が実際よりも高く見えるため、視覚的にベッドが実際よりも小さく見え、部屋の中で漂っているように見えるので、寝室に求められる安らぎとプライバシーというセンスが欠けてしまっています。
第四に、天井に意味不明な模様を用いるのは避けるということ。そうすると部屋全体に視覚的な混乱が起き、天井が落ちてくるような力が働くからです。そのような空間のワナにはまると、閉所恐怖症になります。

bedrooms-practicality-vs-aesthetics-03ヒント3 – 変わった形の部屋は避ける
誰だって屋根裏が大好きです。屋根裏は隠れ家的な素晴らしい聖域で、物事を考えたり、外の喧騒を忘れることのできる場所です。しかし、天井に問題があるので屋根裏を寝室にするのはやめた方がいいです。
この例では、斜めの天井によって、毒矢がつくられ、ベッドの真ん中を切るように向かっています。天上が低いため、光は天窓から採光している、これもまたベッドに毒矢のナイフを向けることになっています。
屋根裏に暮らすというのは、一見するとカッコ良いのですが、現実生活にはそぐわないので、憂鬱になり、結局使わなくなってしまいます。部屋にアクセントを求める前に、実用を視野に入れて考えるべきなのです。

ヒント4 – バランスが大事
寝室をデザインする時、色、高さ、材質、といった全てのデザイン的な要素の間でバランスがとれた状態で家具を配置することが重要です。寝室はリラックスし、眠る場所であるということを忘れないでください。「超モダン」なデザインや、刺激的な色で空間を圧倒してしまうのはどうかと思います。「素朴」と感じるくらいにトーンを落とした方が良いかもしれません。
この例では、ベッドの頭にあるヘッドボードやカーペット、家具、カーテンといった異なる要素がアースカラー調で統一されています。壁紙やシーツ、ランプシェードが中立的な白色を使っているので、全体の調和がとれていて、アースカラーが支配的といったイメージにはなっていません。

次に整えるべきは、部屋全体とのバランスです。天井から長いドレープカーテンがかかっていて、バランスを失うことなく窓の高さが引き立っています。こうするとベッドの高さもバランスがとれて見えます。そしてランプや絵画、家具が人間的な生活空間をつくりだしています。

私たちが寝室のデザインを考える時は、カッコ良い部分ばかりが必要だというわけではありません。デザインはシンプルな方がいいです。寝室を平和でプライベートな空間にしておきたいのなら、あなたの意識が奪われるような変ったデザインは入れない方が無難です。そういう要素が入ると、私たちはそこに意識がいってしまい、寝室としては落ち着かず、動揺してしまうのです。

bedrooms-practicality-vs-aesthetics-04

Top