You are here
Home > インテリア風水 > 風水の良いダイニングとは

風水の良いダイニングとは

風水の良し悪しが問われる場所、ダイニング。ここは家族の調和、家族関係の強さをあらわす場所です。食べる場所の風水が良いと、夫婦、兄弟、親子関係がうまくいき、家族がお互いを支えあう関係をつくります。

ダイニングの風水が間違っていると、悪い感情によって家族は別離します。
食卓が豊富な食べ物に満たされているダイニングでは人生が豊かになります。
そして家族は成功と名声を楽に得ることができるようになります。
ではダイニングの風水の基本的なルールを見ていきましょう。

長方形の食卓
img
大きくて長方形の食卓は広々していて、食べ物に恵まれていて、子孫にも恵まれる家族をあらわし、そして空間効率も良く、部屋を広く見せてくれます。食卓の横の窓は陽の気をもたらします。
このようなダイニングは風水的に高いポテンシャルを持っています。
長方形というかたちは成長をあらわすので、食卓のかたちとしていつでも人気があり、家族が自己成長、キャリアの面で美しく成熟する、といった色々な意味での成長が期待できます。
家族がいつもあり余るほどの食べ物に恵まれ、非常に快適な余裕のあるライフスタイルを実現し、それが長く続きます。
食卓を囲む椅子は、ひじ掛のあるタイプが食事中にあなたが守られていることを象徴するので吉運があります。
モダンデザインの不安定な感じの椅子は、それがとても高価なものだとしても良い風水とはいえません。
キッチンからダイニングが見えるのは良い風水です。できたての食べ物を食卓に届けるからです。家の中で隔離されたような孤立したダイニングルームは良くありません。

サテンのクロスのかかった食卓
img
この食卓と椅子にはサテンの布がかかっています。こういうのが好きな人もいますが、まったく実用的ではありません。風水も良くありません。
ダイニングの家具はソフトな感じよりもしっかりとしたラインでデザインされたものが良いです。食卓に座って食べるときに、ソフトなデザインの家具は不安定な感じを与えるので良くありません。
食卓の上の食べ物はあなたの権威をあらわします。それゆえに、食卓の上を寝室のようなサテンの布で覆うのは良くないのです。

モダンすぎるデザイン
img
モノトーンの家具、裕福な若者層に特に人気があります。でもこういったデザインは超シックで、どちらかというと暗いダイニングルームをつくってしまします。
めったに料理することなく、夕食を家族でとることもなく、朝食だけささっとすませる若いカップルのライフスタイルが目に浮かんできます。食事をする場所というよりもショールーム的な存在です。すべてがこじんまりと見えます。
食卓を飾っているお花もまばらでニセモノっぽく見えます。食卓の上にはこのようなさみしい花ではなく、大きなボールにフルーツをたくさん入れておいた方が良いです。
ダイニングルームでは照明も大事です。十分な明るさが必要です。そうでないとバランスが陰にかたよってしまいます。
6脚の椅子があるのにしては食卓が小さ過ぎるのももう1つの悪い要因です。6人の食べ物が十分にのせられる食卓ではありません。これは風水でいう「豊かさ」に逆行しています。
学食スタイルのトレーにのせた食事にはいいかもしれません。でも食卓は豊かな食事を演出するものですので広々している方が良いのです。

楕円形の食卓
img
家族がそれぞれの吉方位を向いて食事をするのに好都合なのが楕円形の食卓です。円形の食卓でも吉方位を向きやすいですが、空間効率の面で楕円形が勝ります。
頭上にある梁(はり)は少し心配です。しかし風水の観点から見ると、これは大丈夫な範囲の梁です。
なぜなら、1つ目の理由として、一日のうちここで過ごすのは微々たる時間であること。
2つ目の理由は、この梁はよく見ると丸みを帯びていて、大きさも脅威に感じるほどではないこと、つまり部屋の装飾の一部として見ることが出来る程度の梁だからです。
配管設備などを覆う、大きな建築構造上の梁は明らかに害がありますが、この図の梁は悪い風水というほどではありません。でも、だからといって長時間この梁の下に座り続けるのはやめてください。頭痛の原因になります。

リビングとつながっているダイニング
img
図のようにダイニングとリビングがつながっているデザインは、限られた空間を有効活用する良い方法です。
窓がない牢屋のようなダイニングで食事をしてはいけません。
食事をする場所は生活のエネルギーに満ちている場所が良いのです。
家族が揃って食事をするのがベストですが、それぞれがスケジュールを持っていますので、ひとりで食事をする時には陽のエネルギーを補うために音楽やテレビをつけた方が良いです。
最低でも週に一度は家族が揃って食事をするのが良い考えです。

明るい赤と白
img
この絵で一番気がかりなのは、シャンデリアに圧倒されていることです。
また赤と白い食卓と椅子のコントラストが強すぎます。これは風水の基本的な考え方である、五行の要素が衝突していることで、食卓につく人同士が仲良くうまくやっていくことを難しくします。食事時間中の会話はヒートアップする可能性が高いです。
アドバイスとしては、赤色のトーンを少し落とすか、または食卓と椅子を茶色のような明度の低い色のものに変えて、コントラストを調整することです。
明るい赤と真っ白は組み合わせて使うと陽が強すぎてしまいます。ダイニングルームは陰陽のバランスが大事な場所ですから、こういった色づかいは賢くありません。
白い食卓と椅子に黒いクロスをかけるだけでもバランス改善に役立ちます。しかし壁にかかった鏡は素晴らしい風水です。鏡は食卓の上の食べ物を2倍にします。
シャンデリアはもっと小さなものにすればOKです。

Top