You are here
Home > インテリア風水 > 風水でベッドを選ぶ新基準

風水でベッドを選ぶ新基準

今の時代、ベッドの種類はほんとに増えました。デザインもサイズも、多くの選択肢の中から選ぶことができます。もしあなたが、朝起きた時に「疲れがとれていない」と感じることがあるのなら、この記事をお読みください。風水の法則で説明いたします。

まず、風水の基本的な法則であるクアナンバーに従って、頭が吉方位に向くように寝るとよいです。
かと言って、ベッドが部屋の真ん中でおかしな配置になっているのは。たとえ、そうすると吉方位に頭を向けられるとしても、頭が壁に守られることの方が重要です。

しっかりとしたヘッドボードも必要です。ヘッドボードは頭をしっかりと守る力をもたらします。良質な眠りをサポートするには、ベッドの構造もしっかりしているものがよく、頭は窓やドアに向けるのではなく、壁に向けて寝るべきです。「守られて眠る」ことができるので、天蓋式のお姫様スタイルのベッドは最高です。

次に、風水の五行の法則を使い、干支別にベストなベッドをお教えします。

へび・うま
「火」の要素に分類される干支です。なので、「木」のベッドがベストチョイスです。コンクリートや大理石の床の上で低いベッドに寝ると、「土」が「火」を弱めるので疲れや寝心地の悪さを感じるはずです。

いぬ・たつ・うし・ひつじ
これら4種類の干支は「土」の要素に属すので、「火」をあらわすベッドが適しています。赤色の掛布団カバーなど、赤色のものを使ってください。「木」のベッドや「木」の床の上で寝ると、この干支の方は疲れたと感じます。金属製のベッドも「土」の干支の方にとってはよくありません。

いのしし・ねずみ
「水」の干支なので、金属製のベッドフレームがふさわしくなります。「木」のベッド、「火」をあらわす赤い寝具は疲れを感じさせます。

とら・うさぎ
「木」の要素の干支なので、「木」のベッドが最高です。五行の関係としては「水」が「木」を育むのでプラスなのですが、水のウォーターベッドは不安定さをもたらす悪い風水をつくるので、使うべきではありません。「水」をあらわす青いシーツや布団カバーならOKです。「火」をあらわす赤色のシーツを使うとエネルギーが奪われてしまいます。

さる・とり
「金」の干支です。なので、「土」の要素のものがふさわしく、例えばベージュや黄色の布団カバーやシーツが適しています。「金」をあらわす色である白やグレーでも大丈夫です。
ウォーターベッドは不安定なだけでなく、「金」の干支の方にとってはとても有害です。

この法則は、ベッド選びだけでなく家具やファブリックの色を選ぶ際にも有効です。
リリアンより

Top