You are here
Home > 金運風水 > 易のコインで金運を高める

易のコインで金運を高める

風水を実践する上で、シンボルはきわめて重要です。古くから中国ではシンボリズムが広く使われてきました。家や建物は幸運のモチーフで飾られ、大きなビルのドアの前には守護者をあらわす巨大な彫刻が置かれています。庭の小道ですら、幸運を象徴するカーブ状につくられます。


風水でシンボルを使うのは、生活空間、仕事空間に幸運をあらわすものを飾ると幸運をいっそう引きつけると信じられているからです。保護をあらわすようなシンボルを飾ると保護を有害なエネルギーからの保護を受けることができます。これらがシンボルを飾る理由です。この記事では易のコインを使って金運を高めるお話をいたします。
易のコインは中国の古銭で、外形が円形、中には四角い穴があいています。円形は「天」を、四角形は「地」をあらわします。コインの片面(4文字書いてある方)が「陽」、もう一方(2文字の方)が「陰」の面です。日頃は「陽」の面を上にして持っておきましょう。
このコインは金運をもたらす確かなパワーがあるといわれていて、特にまたは赤いリボンで結んだ時にエネルギーが高まるといわれます。

コインを結ぶ
コインのエネルギーを高めるために、はじめに3つ、6つまたは9つのコインを金または赤いリボンで結びます。3は「天地人」をあらわします。6は「天」を9は神秘的な数字です。すでに結んであるコインを買うのも良い考えです。

コインの使い方
コインを結んだら、次ぎの方法でコインを使います
1) レジや請求書ファイルに貼る。そうすると収入や売上が高まります。
2) デスクの上で南東にあたる場所に貼るとすぐに金運が上がります。
3) ポケットや財布に入れる
4) 電話をよく使う人は電話に貼ると、良い商談ができます。
5) 玄関のアプローチの敷石の下にコインを敷く。または壁や床の下にコインを敷いておくと家族は富と豊かさに恵まれます。
6) ミスティックノットで結んだコインを家や会社の4つの角に飾るとその建物の金運の可能性が大きくなります。
このようにコインの使い方はたくさんあります。頭をやわらかくして、あなた自身で工夫したコインの使い方をして素晴らしい幸運を受け取って下さい。

Top