You are here
Home > 金運風水 > 風水 お金を呼ぶ18個の迷信

風水 お金を呼ぶ18個の迷信

どこの国や地域でも必ず迷信が存在します。古くからの知恵の蓄積にもとづくものもあれば、自然現象に起因するものもあり、様々です。そのような起源にかかわらず、迷信は興味深いものです。


おばあちゃんの知恵袋には時々驚かされますよね。
ここでは18個の興味深い迷信と不思議なおまじないを集めました。何も副作用はないのですから早速試してみましょう。

(1)
小指に翡翠(ひすい)の指輪をすると金運が訪れると言われています。男性は左手に、女性は右手にします。高価ですが1つの石からくり抜いた指輪が最も好ましく、半透明の美しい緑色で大きな指輪なら最高ですが、そこまで求めずに、ある程度の品質のものでもOKです。
(2)
緑色のひもを30cmの長さに切ってください。コットンニットのひもを使います。そしてあなたの小指に時計回りで5回そのひもを巻きます。男性は左に、女性は右にしてください。そしてそのひもをそのまま指に結びます。日々の生活で結び目が濡れた時にはまたはじめから新しいひもで結びなおさなければいけませんので注意してください。このおまじないをすると、たくさんの金運を呼び込むことができると信じられています。

(3)
毎朝外出する時には、赤いペンで右の手の平に「金」という文字を書きます。漢字を書くのが難しければドル($)の記号でもOKです。新月の日から15日間毎朝このおまじないを行います。そうすると満月から3日以内に「想定外の収入」を得ると信じられています。朱肉の赤色なら一層効果的です。または「金」や$と書かれたスタンプでも同じように効果があると言われています。

(4)
これは本当に金運をもたらす迷信です。赤色の願いごとジュエルと貯金箱を用意してください。1枚の紙の上に六角形の星を描きます。そして願いごとジュエルをその中心に置いて、丁寧に包みあなたの枕の下に置きます。その状態で眠りについてください。翌朝、貯金箱の前に願いごとジュエルを置いて、そしてお金を貯金箱に入れます。それから目を閉じて、何度も何度も願いごとをつぶやいてください。新月の日にはじめ、満月の日までの15日間このおまじないを繰り返します。月が満ちていく15日の間、枕の下に願いごとジュエルがあり、そして毎日お金を貯金箱に入れること。15日目の夜で、願望を現実のものにするおまじないは完了です。願いごとがかなったら、願いごとジュエルと貯金箱は箱に入れて人目につかない場所に隠してください。お金がなくなったら、再びこのおまじないをしてください。月が満ちていく15日間にするのだということを覚えておいてください。満月と新月は風水カレンダーに書いてありますね。

(5)
ギャンブルで勝っている時にトイレに行ってはいけません。トイレに行きたくなっても、できる限り長くがまんした方が良いということです。これは広東語で「おしっこ」は「水を放つ」という意味で、水をお金の象徴と考えるこの文化では、ギャンブル中にトイレに立つことは、排水口にお金を流しにいくのに等しいとされています。
(6)
ギャンブルをする人は妊娠している女性を相手に勝負をしてはいけません。これは大きなタブーとされています。風水が広く浸透している文化圏で、妊娠している女性はおなかの中に幸運を宿していて、そしてお腹の中の赤ちゃんもまた、勝負事を観察する目を持っている、つまり2人分の目で見られていると考えられているからです。このような理由で妊娠している女性はギャンブルで幸運をもたらすと言われるのです。
これに関してもう1つ、賭けている時に妊娠している人があなたの後ろに立っていたら、あなたは勝つと信じられています。
でもギャンブルをしている時に後ろから肩をたたかれたり触られたりすることがないように注意してください。それが幸運を消滅させると信じられているからです。軽く肩に手をのせる愛情行為もギャンブラーにとっては悲劇となります。ギャンブラーはこのような繊細さが大事なのです。

(7)
ギャンブルをしている時には後ろでだれかが本を読んでいないかどうか確認してください。これは、「本」の発音が中国語で「負ける」と聞こえるからです。
(8)
風水の基本的な法則では南東がお金の方位だといわれています。この場所を赤い色で塗ったり、赤い何かを置くとお金を得ることは大変困難になると言われています。
(9)
お財布に数グラムの海の塩を入れておくことが金運を引き寄せる迷信として知られています。ビニール袋に塩を入れ、お財布の奥の方に隠しておきます。塩は毎月交換しなければなりません、でないと効力を失います。これは家の中でも応用できます。家の中で2つの部屋の壁が交わる場所に小さなビニール袋に海塩を入れたものをかけておきます。ここでは10日ごとに塩を交換してください。同じように、正面玄関のドアの上に塩を入れた袋をかけておくのもOK、ここでは1カ月に1度交換します。海の塩が金運を引き寄せると言われるのは塩が水を引き寄せるからだと考えられています。

(10)
風水を知っているギャンブラーは非常にこだわります。彼らは勝負に影響するようなことに関しては、どんなに些細なことでも気にするのです。例えば、突然お坊さんが近づいてきたらすぐにギャンブルをやめるでしょう。この迷信は、坊主頭が「無」を象徴するという仮定に基づいていて、そしてその頭を見てしまったなら、その後どんなにがんばっても0に向かってしまうというサインと考えられているのです。
(11)
赤いファン(扇風機)を部屋の中心、南と南西に置くと家全体の金運が拡張すると信じられています。この3つの方角はもちろん「土」の性質を持つ方位で、五行で「火」をあらわす赤色のファンがエネルギーを高めて家全体に気を広めると考えられています。つまりこの迷信の起源は風水です。

(12)
どの指にリングをつけるか、正しい指にリングをはめる話は非常に迷信的です。人気や権力を得たいのなら人差し指に、永遠の愛を求めるなら薬指にリングをつけます。しかし親指には絶対にしてはいけません。これは富の損失と消失を意味し、成功が台なしになってしまいます。香港の映画スターたちは一夜にして消えてしまうようなことになりたくないので、このことをよく意識しています。芸能人は迷信を信じている人が多いです。
(13)
成功しているビジネスマンは絶対にハエたたきをレジの近くに置きません。これはすべての顧客を追い立てる象徴と考えられているからです。ほうきも同じです。あなたがお金を集めておく場所の近くには決して置かないでください。できることなら、見えない場所に置くべきです。
(14)
お金の上を歩く、これは金銭的な成功のはしごを登る成功間違いなしの方法だと信じられています。幸運のコインを床の下に埋めてみてください。カーペットの下にコインを敷くことも同じ意味になります。金運を引き寄せるために、玄関の近くにカーペットを、もう1つは家庭の安全と保護のために家のお勝手口の近く、あるいは後方のバルコニーに敷いてください。

(15)
ここでは人気の高いお金のおまじないを紹介します。小さな陶器製の容器を手に入れてください。容器の上に、あなたと家族の名前と誕生日を書きます。次に容器の中に12枚のコインを入れます。そして9つの国の通貨と方磁石、小さい麒麟の置物、そしてインゴットを入れます。午後1時の理想的な時に容器をあなたの前の庭に埋めてください。もし庭がないなら、容器を大きい植木鉢に埋めてもいいです。大事なのは容器を土に埋めることで、それによってが土からやって来ます。あなたは9日以内に金運が変わりはじめたことを実感するでしょう。(副作用はなにもありません)
(16)
人気のある金運おまじないをもう1つご紹介しましょう。金運を招くもう1つの方法は、大きめの赤い封筒に銀行の通帳を入れて保管するという方法です。封筒の内側にタオイストの神々をあらわす7本の棒、神像を描いた紙と乾燥フルーツを入れます。目は軽く閉じ、近くに赤い封筒を置いて、たくさんのお金があなたに集まってくることをイメージします。封筒をしまう時には毎回10分間このイメージをしてください。あなたがこの瞑想をするときに、お金を手に入れているあなたの姿がはっきりしているほど、より速く現実になると言われています。
(17)
海の塩は不運の影響を止めるためにも使われます。黒か青の陶器製のコップになみなみ海の塩を満たし、それを台所や玄関ホールに置くと運が変わります。それだけでなく夫婦関係も改善するでしょう。塩は効力を持続させるために10日に1回交換した方がよいでしょう。
(18)
今もし困難に直面しているのなら、方法があります。丸いサツマイモを手に入れてください。次においもにあなたの名前を彫ります。そして水に植えます。日中は屋外で、夜は屋内に置いてください。成長して小さい葉が生えてきたら、葉とおいもを食べます。するとあなたは人生で大きな変化を実感することでしょう。

Top