You are here
Home > 健康と美容の風水 > ストレスとうまく付き合う

ストレスとうまく付き合う

ストレスの原因は不安、恐れ、罪悪感やプレッシャーです。ストレスは自覚できる不調で、自己否定や自信喪失に対抗する人間の機能です。ストレスを感じたときの対応力は健康、幸福と風水にも影響します。ストレスは頭痛、耳の不調、歯痛、胸痛、動悸、皮膚発疹と胃腸の不調の原因となります。ストレスは我々の呼吸を不安定にし、消化不良、下痢や便秘の原因ともなります。ストレスは会話力、記憶力にも影響し、疲労感を伴います。

自分のストレス度をテストしてみてください。
img
まず自分のストレス度合いを知ることが第一歩です。何があなたにとってストレスなのかチェックしてください。
1.仕事に不満を感じていますか?
2.恋愛生活に不満を感じていますか?
3.他人に比べて劣っていると思うことがありますか?
4.結婚生活に不満ですか?
5.金銭的な悩みがありますか?
6.仕事を失ってしまうのではないかと不安に思うことがありますか?
7.退屈に感じることが多いですか?
8.何かを極端に恐れていませんか?
9.絶対に果たすことができない約束をしていませんか?
10.慢性的にストレスを感じますか?
一度ストレスの原因を分析してみると、ストレスのレベルがわかり、そうするとストレスに対して寛容な気持ちを持つことができます。ストレスのレベルは人によって異なります。
そしてすべてのストレスはたった3つの原因に絞り込めることがわかります。
1.周囲との人間関係における感情的ストレス。
2.外的要因による身体的ストレス。
3.生活習慣に関する心理的ストレス。
あなたがストレスをこの3つの原因のどれにあたるかを判別することができれば、対処法が見つかります。
ストレスの根本的原因を知ることがストレスとうまく付き合うコツなのです。ストレスはすべて心がつくり出すものです。
ストレスとうまく付き合う5つ方法
1.精神的な静けさの感覚を心につくり出します。あなたにストレスをもたらす出来事や人々への反応速度をゆっくりにします。
2.生活の中で否定的な考えに対抗する手段を学んでください。
3.身体的なリラクゼーションの手段を試みてください。
深呼吸から始めてください。簡単なヨガ、気功術やストレッチ運動をはじめましょう。
4.パワフルでポジティブな言動を心がけます。
常に短くパワフルな言葉を選び、テンションを保ち、良い結果を自分自身で確信し続けてください。
5.瞑想やビジュアライジングのトレーニングをはじめてください。ベンチの上でリラックスしている姿、リラックスして歩いている様子など、あなた自身が幸せで、そしてリラックスしている姿をイメージしてください。
img
リラックスするための10の方法
1.手のひら、指をぐっと強くしっかりと握り、次に力を抜いて手をひらきます。緊張が解放されることを感じてください。
2.眉間にしわをよせ、目を閉じ、険悪なしかめ面の顔をつくります。もう我慢できないというところまでその顔を維持し、そして解放してください。その時の開放感を感じてください。
3.「オ」の口のかたちで大きく口を開きます。顔の筋肉がつらくなってきたら口を閉じてください。顔の筋肉が緩む感覚を楽しんでください。
4.両手をこすりあわせて手のひらが温まったら、顔に手をあてます。目を閉じて、リラックス感を感じてください。
5.壁に手をついて思いっきり押してください。もうこれ以上は押せないというところまできたら、力を緩めてください。この緩む感覚を感じてください。
6.仰向きに寝て、そして両足を上げます。頭に血流がまわってくるのを感じてください。
7.床に背をつけて横たわり、力を入れて緩める運動を足から順に腰、おなか、胸、肩、手、首、顔、頭皮にいたるまで、全身の緊張が完全に解き放たれる感覚を感じてください。
8.仰向き寝て、ゆっくりと深く鼻孔から息を吸い込んでください。お腹が風船のように膨張するのを感じてください。そのあと口から息をゆっくりと吐き出して、お腹が平らになるのを感じてください。息を吸っている時には、新鮮で元気な「気」がからだに流れ込むイメージで、息を吐く時には悪い「気」が出て行くイメージを思い浮かべてください。
9.仰向きに寝の状態で、目を閉じ、空想にふけり始めてください。楽しい考えを思い浮かべ、次にあなたが現在取り組んでいる何かが成功する結果をイメージしてください。あなたは楽しく微笑んでください。
10.起立し、両手を水平に伸ばしてください。もうこれ以上伸びないというところまで伸ばしてください。そのあとリラックスして、そして体が緩む感覚を感じてください。

Top