You are here
Home > 風水と色 > 風水コーディネイト術で成功運を上げる

風水コーディネイト術で成功運を上げる

風水では四柱推命やクアナンバーといった生年月日から、自分の五行のバランスを調べて、ファッションに取り入れる方法はすでに良く知られています。ですが、今回はまた違った切り口から風水の良いコーディネイトをみていきましょう。


img
下の表はそのクアナンバー別の幸運をもたらす「形」の一覧です。五行のあらわす長方形(木)、正方形(土)、丸(金)、ウェーブ(水)、三角(火)といった形を意識してファッションにあわせたり、ネクタイやシャツのパターンに取り入れることができます。髪型にも応用ができます。そうすると、自然と成功のエネルギーが人生にもたらされます。
五行をあらわす形と体型
このようにクアナンバーを基準に考えることもできるのですが、今回の記事では体型や顔のかたちを基準にファッションに取り入れる形や色をみていきましょう。体型は年齢とともに変化するものです。まずご自身の体型が下の表にある5つの形の中でどれに近いのかを確認するところからはじめてみます。例えば体型が三角(頭が小さく、下半身が大きい)方なら、三角は五行の要素の中で「火」をあらわしますので、「火」を燃やす「木」の形である長方形と相性が良いということになります。
img
五行の創造のサイクル
img風水の良いコーディネイトは、五行のバランスが総合的に整っています。これにはセンスと慣れが必要です。次のような考え方で進めます。
例)
・ ロングでウェーブの髪型は「水」のモチーフです。体型が長方形(背が高く細身)だとしたら、水が木を育むというプラス作用になりますので、調和のとれた組み合わせだと言えます。
・ 同じロングでウェーブの髪型でも、水をあらわすネイビーのスーツや黒い服とあわせると水が過剰な組み合わせとなってしまい、バランスが崩れるので風水は悪くなります。
・ あなたの体型が正方形(背が低くどっしりとしている)なら、全体のシルエットが四角く見えるストレートスタイルのテーラードスーツを着ると、土のエネルギーが強くなりすぎてしまいます。そういう時は、「金」をあらわす白やグレーの色を合わせると土が金をつくるというプラス作用が働き、運は改善します。
風水の良いコーディネイトとは、五行のバランスが整っているということです。鏡を見て自分のファッションをチェックする時は、五行のバランスの良い形を取り入れているかどうかもこれからは意識してみましょう。少なくとも、服のガラのパターンやバッグなど持ち物の形、色の調和がとれているかどうか。体型と髪型の調和は取れているかどうか、そして服のスタイルと色とマッチしているかどうか、という具合にです。
五行のサイクルと、形だけでも覚えておくと何かと役に立ちます。自分にとって良い形、悪い形だけでも暗記しておくとファッションはいきてきます。
顔型と髪型
・ 「金」をあらわす丸い髪形を「木」の長方形(おもなが)の顔の人がすると、アンバランスです。
・ あごの細い逆三角(火)の顔型の人が丸(金)い髪型をするのもアンバランスです。
・ 丸(金)い髪型は四角い顔型の人にあっています。土は金をつくるというプラス作用が働くからです。
ガラのパターンと色の組み合わせ
ストライプ
・ 赤、マルーンとの組み合わせが最高です。
・ 白やグレー、金のようなメタリックカラーとは相性が悪いです。
・ 背景が青や黒の場合も幸運の組み合わせです。
・ 白の背景に青のストライプは幸運の組み合わせです。
・ 白の背景に金、銀を重ねたストライプは良くありません。
・ 明るい緑に濃い緑をあわせたストライプは木が強くなりすぎるので良くありません。
・ 緑の背景に青や黒なら最高です。
・ 赤い背景に緑のストライプは成功をあらわします。
水玉
・ 金、銀、白といったメタリックカラーの水玉は最高です。
・ 背景がベージュなどアースカラーならさらに良いです。
ジグザグ
・ オレンジ、ベージュ、ブラウンといったアースカラーと合います
・ 背景が緑、茶のジグザクは最高です。
img
四角やチェック柄
・ 赤と黄色に合います
・ 白やメタリックカラーとも合います
・ 黒や青とあわせると不吉です
・ 緑や青とあわせるのはおすすめできません
ウェーブ、波型
・ 青や緑色と調和します
・ 白い背景と合います
・ 赤やオレンジとはぶつかります
・ 水玉や丸の模様とあわせると良いです
・ 長方形とも相性が良いです。
ヒッピースタイルのようなわざと汚れたような服装は貧困を引き寄せてしまうのでやめましょう。せっかく毎日服を選ぶですから、幸運を引き寄せるようなコーディネイトを心がけましょう。そうすると毎日が楽しくなります。あなた自身が良い気分で、見立ての良い時には風水も良いと考えてください。

Top