You are here
Home > 風水と色 > クアナンバーに合った色のクルマに乗ろう

クアナンバーに合った色のクルマに乗ろう

下の表を見て個々人のクアナンバーを確定するところからはじめましょう。
1列目に年度が羅列してあります。
クアナンバーの年度はその年の旧暦正月からはじまります。

2列目は男性、3列目に女性のナンバーを記載しました。
注)1月・2月生まれの人は念のため画面右側にあります「クアナンバー自動計算機」を使って、確認してください。

生まれ年 クアナンバー クアナンバー
1-2月生まれの人はクアナンバー自動計算機で確認 男性 女性
1907, 1916, 1925, 1934, 1943, 1952, 1961, 1970, 1979, 1988, 1997, 2006
3
3
1908, 1917, 1926, 1935, 1944, 1953, 1962, 1971, 1980, 1989, 1998, 2007
2
4
1909, 1918, 1927, 1936, 1945, 1954, 1963, 1972, 1981, 1990, 1999, 2008
1
5
1910, 1919, 1928, 1937, 1946, 1955, 1964, 1973, 1982, 1991, 2000, 2009
9
6
1911, 1920, 1929, 1938, 1947, 1956, 1965, 1974, 1983, 1992, 2001, 2010
8
7
1912, 1921, 1930, 1939, 1948, 1957, 1966, 1975, 1984, 1993, 2002, 2011
7
8
1913, 1922, 1931, 1940, 1949, 1958, 1967, 1976, 1985, 1994, 2003, 2012
6
9
1914, 1923, 1932, 1941, 1950, 1959, 1968, 1977, 1986, 1995, 2004, 2013
5
1
1915, 1924, 1933, 1942, 1951, 1960, 1969, 1978, 1987, 1996, 2005, 2014
4
2

クアナンバーがあらわす、あなたの五行の要素の色を選ぶのがよいでしょう。

ルール1、クアの要素を強化する色を選べば、全体運を助けることになります。
もしクアナンバーが1でしたら、内装は黒革で、外装色はミッドナイトブルーという組み合わせが賢い選択と言えます。

クアナンバー 五行の要素
1
青、黒
2
黄色、茶色
3
深緑(ディープ・グリーン)
4
薄緑(ライト・グリーン)
5
黄色、茶色
6
白、金(ゴールド)、銀(シルバー)
7
白、金(ゴールド)、銀(シルバー)
8
黄色、茶色
9
赤、オレンジ色、ピンク

ルール2、個々の目的に対する風水をより良く調整したい方でしたら、その用途によりマッチした色を選択することができます。
もし、あなたがクルマを子供の送り迎え等、あなたのためでなく、家族のために使うのであれば、クルマの色は延年の五行の要素の色が望ましくなります。
例えば、あなたのクアナンバーが2でしたら、外装は白色、内装はグレーが良いでしょう。
もしあなたのクアナンバーが3で金運、仕事運を望んでいる場合でしたら、トルネード・レッド(赤)色のクルマが幸運を呼びます。

クアナンバー Sheng Chi(生気) Tien Yi(天医) Nien Yen(延年) Fu Wei(伏位)

(Money & Success)
お金と成功
(Health & Mentors)
健康と人間関係
(Love & Family)
愛と家族
(Personal Development)
個人的成長
1
薄緑(ライト・グリーン) 深緑(ディープ・グリーン) 赤、オレンジ色、ピンク 青、黒
2
黄色 茶色 白、金(ゴールド)、銀(シルバー) 白、金(ゴールド)、銀(シルバー) 黄色 茶色
3
赤、オレンジ色、ピンク 青、黒 薄緑(ライト・グリーン) 深緑(ディープ・グリーン)
4
青、黒 赤、オレンジ色、ピンク 深緑(ディープ・グリーン) 薄緑(ライト・グリーン)
5
黄色、茶色 白、金(ゴールド)、銀(シルバー) 白、金(ゴールド)、銀(シルバー) 黄色、茶色
6
白、金(ゴールド)、銀(シルバー) 黄色、茶色 黄色、茶色 白、金(ゴールド)、銀(シルバー)
7
白、金(ゴールド)、銀(シルバー) 黄色、茶色 黄色、茶色 白、金(ゴールド)、銀(シルバー)
8
黄色、茶色 白、金(ゴールド)、銀(シルバー) 白、金(ゴールド)、銀(シルバー) 黄色、茶色
9
深緑(ディープ・グリーン) 薄緑(ライト・グリーン) 青、黒 赤、オレンジ色、ピンク

意識調査の結果によると、消費者の3分の1(35-40%)はグレーを含むシルバー系の色のクルマを選んでいます。
2000年までは白系色がトップシェアでしたが、それ以降、シルバー系色がトップ入れ替わりました。
ただ、現在でも白系色のシェアは25-30%と高い割合を占めています。
ゴールド系色もトップテン入りしていて、10-15%のシェアを占めています(日本での統計データではありません)。
ということはここ数年白、グレー、シルバー、ゴールドの4色でシェアの70-80%を占めていることになります。
ということは、道路をパッと見て、新しい車のほとんどがこの色だということです。
このことは金の性質を持ったピリオド7(第七風水期)と無関係ではなさそうです。
自動車産業のマーケティング専門家は、「消費者がより技術的に新しいものを求めていることが、技術革新を象徴する色、シルバーの世界的な人気の原因で、このことは自動車産業だけでなく、ファッション、建築、インテリアの分野でも同様の現象として現れている。」と説明します。
風水の視点から見ると、ピリオド7では、技術的革新が起こることと、金属色に価値が出るということが説明できます。
既にピリオド7は2004年2月3日で終わり、新たなピリオド8を私達は迎えています。土の性質を持つピリオド8では、人気色はどう移り変わるでしょうか?
まあ、見ててください。

Top