You are here
Home > 風水と色 > 風水の基本「五行」について

風水の基本「五行」について

「火」・「水」・「土」・「金」・「木」、という五行の要素がどのように相互に関連していて、そしてそれらが「宇宙万物の法則」とどのように関係しているのかを理解できたなら、風水術の非常に奥深いニュアンス部分までも掘り下げて理解することができます。

 五行のサイクルは、風水だけでなく病気の治療、や四柱推命のような運命鑑定などでも、もっとも重要な考え方のひとつと考えられています。
 ここでは、リリアントゥーが「五行のサイクル」について説明し、特に五行の「3種類のサイクル」をどのような時に利用すればよいのか、ということをお話します。

img


風水では、宇宙の万物は「有形」または「無形」を問わず、「水」・「木」・「火」・「土」・「金」の5種類に分類することができる。これを「五行」といいます。
 「五行」には3種類のサイクルがあり、それぞれを「創造のサイクル」、「逆転のサイクル」、「破壊のサイクル」と呼ぶことにします。

 現在では、世界中でたくさん風水の本が出版されているので、ほとんどのかたは、「五行」とその「サイクル」について身近と思えるはずです。
 しかし多くの本では「創造」と「破壊」の2種類のサイクルだけを説明しています。実は、3つ目のサイクル「逆転のサイクル」が存在し、「逆転のサイクル」こそが、目に見えない「気」を対策する有効な手段なのです。
 五行のサイクルを使うのは、風水の世界だけでなく、東洋医学や、運命を知るための
法則である四柱推命の中でも同様に利用されています。風水の考え方では、宇宙のすべてのものは「有形」・「無形」問わず、「水」・「木」・「火」・「土」・「金」の5種類に分類することがでます。
 このことを深く理解することが、風水の奥義に達する第一歩となります。

五行の要素とは
 ほとんどのものは、どの要素に分類できるかが明白にわかります。例えば、植物、花そして木でできているものは、五行の要素のうち「木」に分類できます。
 同様に、土でできているもの、地中からとれるもの、石、どろ、灰、クリスタル、ガラス、玉石は五行の要素のうち「土」に分類できます。
 他の3つの要素、「火」・「金」・「水」についても同様の考え方ができます。そして、それぞれの要素は性質、強さ、方向性が異なります。
 例えば、「木」は五行の要素の中でただ1つ生命を持つものです。「木」は、種が芽になり、成長して木になります。その後、枯れていきます。
成長過程の木は「陽の木」であり、枯れていく木は「陰の木」というように、「陰陽の状態」も簡単に知ることができます。
 「水」に関していえば、「流れ」の状態によって陰陽の状態を判断することができます。
流れている水は「陽の水」、よどんでいる水は「陰の水」というようにです。
 「火」は性質上、保存ができません。何者かが「火」をおこしてはじめて存在することができ、それはは「陽」のエネルギーとなります。それが理由で、「火」の要素を使うと、もっとも効率良く場所の「気のエネルギー」を高めるもの、風水では一般的に考えられています。
「陰の火」とは、「消えゆく火」のことで、残り火のくすぶっている状態をいいます。一方、「陽の火」は、燃えさかる火のことです。
 「金」はふつう動かないもので、自然な状態では常に「陰の金」と考えられます。「陽の金」は何かというと、金属が動いている状態のことで、ベルのように音を鳴らしているもののことをいいます。
 「土」の性質は、全ての要素の中で日頃私たちがもっとも影響を受けるものです。
私たちの足元にはたくさんの土があります。また、現在の「第8風水期」は土をあらわす期間であり、今まさに、私たちはその期間を過ごしています。
 「土」の要素はまた、「気の三位一体」天・地・人のひとつでもあります。このバランスは私たちによい風水をもたらしてくれるので、「土」の要素はとても重要なものと考えます。
「陰の土」は土が地中にある状態をいい、一方、クリスタル、石、ガラス、セラミックなどは「陽の土」と考えます。
 五行の要素は、いつでもどこでも単独で存在するのでなく、それぞれが相互に作用するものです。場所の中で一番目につくものの要素が、その他のものよりも優位と考えます。一般的に言うと、五行の要素が単独で存在している場合、良し悪しはないと考えてよいでしょう。
 五行のどれか1つの要素がかけている状態は好ましいといえません。5種類が揃っているのが理想の状態といえます。宇宙の万物は5種類の要素から成り立っているので、5種類を揃えるのは決して難しいことではありません。

家・オフィスでの五行の要素
風水を実践する上で覚えておきたいのは、東、西、南、北と北東、南東、南西、北西の8方位、それぞれがあらわす「五行の要素」です。これは古くから「風水の法則」として定義されているものです。
 方磁石で方位を計測して、その場所の五行の要素が何か、ということを判断するのです。こうして、家やオフィスの中、部屋の中の要素を調べます。それぞれの方位と五行の要素の関係、これを理解することが風水上達の早道となります。
 上の図を見てください。これが方位と要素の関係をあらわしているものです。
この図を見ながら、あなたの部屋のどの場所にどの要素があてはまるのか判別してください。
 図によると、北は「水」、南は「火」、東と南東が「木」、西と北西が「金」、北東、南西と中心は「土」の要素があてはまる、ということがわかります。
 これは、アジア、アメリカはもちろん、オーストラリアなどの南半球、ヨーロッパなど北半球・・・地球上のどこに住んでいるとしても適用できるものです。

五行のサイクルを使う

1つだけ用意する道具は方磁石です。正確に方位を計測して、家、オフィスのそれぞれの場所にどの要素があるのかがわかったら、
次は「五行のサイクル」を上手に利用して風水術を実践します。下の3種類のサイクルが風水の黄金律です。



img



「創造のサイクル」を使う
その場所のエネルギーを強めたい時には「創造のサイクル」をつかいます。
火の要素を持つ南の場所のエネルギーを高めるには、「陽の木」をたくさんおくことです。植物、花といった木の要素に分類できるものを、なぜなら、「木」が「火」を創りだすからです。
東と南東のエネルギーを高めるためには、「水」が必要です。「木」を育むのは「水」です。
北のエネルギーを高めるには、北は「水」の要素の方位ですから「金」が必要です。「金」は「水」を創ります。
数多くの風水の法則、どれを使うにしても、その場所のエネルギーを高めるためには「創造のサイクル」を使います。それで間違いありません。

逆転のサイクルを使う
場所のエネルギーを、逆に抑えなければならない時、悪い影響を鎮めなければならないとき、例えば、「フライングスター風水」の年度チャート、月間チャートを見て、その場所に悪いエネルギーがある場合、「逆転のサイクル」を使った風水対策をすることになります。
「フライングスター風水」のチャートの中で2番の数字は病気を表すもので、「土」の性質を持っています。なので、この病気の星の影響を抑えるためには「陽の金」のエネルギーを利用するのが正解です。
だから私はウィンドチャイムを使った対策を提案するのです。この6ロッド式のウィンドチャイムが非常にパワフルなのは、「6」という数字が「金」の要素をあらわす数字で、だから6ロッド式のウィンドチャイムがよいのです。
同様の考え方で、この病気の星の影響を抑えるための対策としてコインを使うこともできます。
「フライングスター風水」のチャートの中で、3番の数字はけんかを表すものです。これは木の性質をもっています。けんかの星からの影響を抑えるには、「火」のエネルギーを利用します。「火」は「木」を消耗するからです。

破壊のサイクルを使う

「逆転のサイクル」は目に見えないエネルギーを抑えるために使いました。それに対し、「破壊のサイクル」は、「毒矢」のように目に見えるものからの悪い影響を抑えるために使います。
例として、あなたの家の玄関を、向いの家の三角にとがった屋根から鋭いエネルギーが直接向かってきているとします。
これは「毒矢」となり、あなたの家族に不吉運をもたらしてしまいます。あなたは、この鋭いエネルギーを対策しなければなりません。効果的な方法として、まず方磁石で、そのエネルギーが、どの方位から来ているのかを計測します。
そして仮に南西の方位から「毒矢」が来ているのであれば、「木」の要素を使って、このエネルギーを抑えます。「木」は「土」を吸い尽くし、破壊することができるからです。
玄関と「毒矢」の間に「木」の要素を表す植物を置くのです。
もし、玄関が「金」の要素をもつ北西に向いていて、「毒矢」を向いの家の屋根から直接受けている場合には、玄関と「毒矢」の間に強い「火」を表す明るい照明器具を設置すればよいのです。
「破壊のサイクル」では、「火」が「金」を溶かして破壊するからです。
これらの3種類が風水で使う「五行のサイクル」です。もうおわかりだと思いますが、あなたがこの法則を理解したことで、私が「この場所にこの風水アイテムを置いて・・・」という風水アドバイスの理由を、あなた自身が理解できたことになります。
それは、あなた自身が家やオフィスでよい風水を、自分でつくりだすことができる、ということです。

Top