You are here
Home > 恋愛風水 > 結婚風水 重大な3つのポイント

結婚風水 重大な3つのポイント

今からほんの少し前の時代には、結婚相手を見つけるのは難しいことではありませんでした。つい何十年か前まで、結婚適齢期になる子を持つ親がその地域の結婚仲介者を訪れ、紹介を頼むとふさわしい相手が選ばれる、というシステムは世界中で成り立っていました。

近年、このような習慣がすたれたのは、結婚適齢になった時、人生の中で結婚よりも優先したくなるようなことが増えたからです。
婚姻率が下がり、未婚率が上がっているのは世界のどこの国でも同じです。現代の若者は、結婚し家族をつくることより、仕事でのキャリア形成や、楽しい趣味の継続を優先するのが理由です。

east-west-theory-01

私の友人で独身の男性がいます。彼は30代で、本当にハンサムで、仕事でも大成功していて、性格も良い人物です。彼は4年間婚活をしているのですが、成果がありません。彼にとって、相手の女性が美人かどうかは問題ではありません。ルックスで選びすぎているということはまったくありません。
彼の心のジレンマとは、
「この人は死ぬまで連れ添える特別な女性なのだろうか」
ということで、これまで出会った人とは残念ながらこの気持ちをクリアできなかったことです。
彼には責任感が欠けているのでしょうか?
男らしさが足りないのが問題なのでしょうか?
そうかもしれませんね。いや、そうではないようです。というのは、彼はこの2年の間に2度プロポーズをしたにもかかわらず、いずれも交際6ヶ月以内に別れています。彼は「落ち着いて、家族を持ち、子どもがほしい」と常々話していますから、責任感の問題ではなさそうです。となるとおそらく、彼の家の風水に重大な間違いがあるのではないか、と疑わしくなってきます。

そこで、私は彼の家へ行き、風水をじっくりとチェックしたところ、原因がわかりました。
大きな原因の1つは、彼の住まいの「南西」の方角が欠けていることです。南西は風水の万人共通の法則である八卦(はっけ)で結婚をあらわす方位なので、幸せな結婚を求める人にとってここが欠けているというのは致命的なのです。
私は彼にすぐに引越すよう真剣に勧めました。そして彼は新たな引越し先を見つけ、私に「ここならどうか?」と聞いてきました。
その新居の風水について少しご紹介します。八卦の法則に加え、八宅(はったく)という風水の基本的な法則についてもここで触れてみたいと思います。これは、家のフライングスター風水がどうであろうと、誰でもシンプルにあてはめることがでる効果的な風水の法則です。

チャートを読む
east-west-theory-02私は、彼が見つけた新居を訪問し、方位を測り、その家の正面が南西向きであることを確認しました。これ1つだけとっても素晴らしい吉兆です。結婚の方位である南西にこの家の正面玄関のドアが向いているので、彼にとってふさわしいお嫁さん訪れてくるチャンス、良縁が結ばれる見通しが良いということです。

家の正面の向きがわかりましたので、次に八宅風水のチャートをあてはめてみます。この法則では、南西に面した家のチャート*は下の図の通りです。
玄関のある南西の方角に「Sheng Chi」と書かれています。これは成功運をあらわし、玄関から家全体に広がります。結婚をあらわすのは「Nien Yen」と書かれている方角で、この場合は西にあります。
チャートを間取図にあてはめた時、この結婚をあらわす「Nien Yen」の方角にトイレやフロがあると結婚にまつわる問題が起こります。また、この方角が欠けている場合も問題が起こります。彼は今真剣に結婚を求めているので、この条件をクリアしているかどうかが新居を決める上で重要なチェックポイントとなります。

east-west-theory-03
間取図にあてはめる
east-west-theory-04この家の間取図は下の図の通りです。間取図にチャートをあてはめてみると、1階の西にはメールルームがあり、2階にはコンピュータールームがあります。西がトイレやフロではなかったので、まずは合格です。実際、彼はこの部屋を書斎として使い、ここで仕事をすると、仕事を通して結婚相手と出会うチャンスが生れます。
八宅の法則では、結婚の方位「Nien Yen」を「土」のエネルギーを使いパワーアップすることができます。ですので、この場合、大きなクリスタルの置物を全部屋の西に飾りました。間取図の中の赤色の星印がそれです。
また、風水を育んだ文化圏では、親が新婚の子どもに金を贈るという習慣があります。これは「金」は結婚生活における「幸福」をもたらすと考えられているからです。だから、クリスタルの置物に金箔のような「金」が少し含まれていると理想的です。

寝る向き・座る向き
私は彼に家具をクアナンバーの吉方位に従いセットするのが良いとアドバイスしました。そうすることで、彼が仕事中も、睡眠中も、テレビを見ている時も結婚の方位から吉運の影響を受けることができるからです。
1980年生れである彼のクアナンバーは2*です。すると彼の恋愛と結婚をあらわす方位は北西ということになります。つまり、彼は生活の中で出来る限り北西を向いて過ごすことによって恋愛結婚の幸運がもたらされるのです。
わかりやすくするために、間取図のリビング、ダイニング、寝室に赤い矢印をふりました。彼はこの通り、ソファ、テレビ、デスク、ベッドを配置すれば結婚の方位からの影響を日常的に享受することができるのです。
ここで私は、彼のクアナンバーで結婚の吉方位である北西にトイレやフロがないかどうか今一度、家の間取図をチェックしました。もしここにトイレがある場合は彼の結婚運に深刻な障害となってしまいます。北西には階段があり、その横にゲスト用と思われるトイレフロがありますがここは普段は使いません。メインのトイレフロが主寝室の隣(東)にあり、普段はここを使うので、大丈夫です。
ご覧頂いたように、結婚に関する方位が3つありました。この3つの場所にトイレフロがないことを確認するのです。

  1. 1.万人共通の結婚方位である南西
  2. 2.家の正面の向きによって決まる結婚の方位
  3. 3.個人のクアナンバーの結婚の方位

さあ、私の友人はついに運が向いてきたようです。彼の選んだ新居の3つの結婚の方位は無事に基準を満たしましたので、彼がこの家に住むことによって幸せな結婚ができる可能性が高まりました。
ご覧頂いたとおり、この風水の法則はとても簡単ですが、効果は強力です。私は親愛なる友人から結婚式の招待状を早く受け取れることを期待しています。

*すべての方位の八宅チャートは過去の記事「誰でもできる八宅風水の法則」に掲載されています。
個人のクアナンバーの計算は、当サイトの右側メニューにある「クアナンバー計算機」をご利用ください。

Top