You are here
Home > 家族の風水 > サンタクロースと笑うブッダ

サンタクロースと笑うブッダ

風水の笑うブッダとサンタには共通点が多くあるようです



img
太っていて、おなかが大きくて、赤い上着を着ていて、大きい袋を肩に背負っている。子供たちが大好きで、みんなに愛されている、いつも心から笑っている人はだあれ?西洋の子供たちは「サンタクロース」と言います。中華系の子供たちは「笑うブッダ」と言います。どちらも正解です。
体系はもちろん、サンタクロースと笑うブッダには多くの類似点があります。赤い上着、純粋な幸福の表情、太ったおなか、大きな袋。最も概念的に共通しているのは、サンタクロースも笑うブッダも子供たちに「幸福の贈り物を持って来る」ということです。
違うのは、サンタはクリスマスの季節しか登場しませんが、笑うブッダ(中国語でMi Lo Fa)は1年を通じて家庭、レストラン、ビジネスの中で歓迎されています。
サンタも笑うブッダも共に子供たちと強い関連があります。サンタの場合、伝説では、北極で妻と、妖精、トナカイと一緒に住んでいて、クリスマスに世界中の子供たちを幸せにするために1年を通しておもちゃを作って時間を過ごすとなっています。サンタは人種を問わず彼を信じている子供からの手紙を全部読みます。
そしてクリスマスイブにサンタがおもちゃを持って家に入り、そこから物語がはじまります。
煙突を滑り落り、静かに寝室に入り、サンタは子供たちのベッドの一番下に置いてある靴下をいっぱいにします。毎年、何百万人という子供がおもちゃのためにサンタに手紙を書きます。
サンタクロースの伝説はずっと昔から世界中の商店街、おもちゃ屋さん、慈善団体によって語り継がれてきました。そしてその伝説が子供たちだけでなく親の心にも深く浸透しています。世界中の親がひそかにサンタクロースを演じます。
そりに気持ち良さそうに座りって
緑色の袋でプレゼントを包み
この素晴らしい神秘的な夜に
朝が来る前にプレゼントを持ってくる
プレゼントを靴下に詰めて
子供がサンタのために残しておいたお菓子を見て喜びます
サンタは仕事を終えると電気を消します
その後皆が幸福であるように祈ります
笑うブッダもサンタクロースも幸福をもたらすのです。

Top