You are here
Home > シンボル風水 > ドクロは風水的にどうなのか?

ドクロは風水的にどうなのか?

約20年前のブームほどではありませんが、最近またファッションの中にドクロのモチーフを良く見かけるようになりました。美しい乳白色の水晶ドクロがアメリカの国立スミソニアン博物館で公開されるようになって以来のことです。

skulls-good-or-bad-03その水晶ドクロはスミソニアン研究所の調査によると、コロンブスによるアメリカ大陸発見以前のものであるという説が有力だそうです。ドクロがファッションのモチーフに使われるのは、単に神秘的に見えて注目を集めるからだということだけではなさそうです。

ドクロはマヤ、アステカといったアメリカ先住民の文明の伝説の中によく登場します。水晶ドクロがそんな昔にどうやって造られたのだろうか、という謎については多くの説があり、消えた大陸「アトランティス」が水晶ドクロの起源だという説も有名ですし、宇宙人が持ち込んだのだという説もあります。
近年では、2008年公開のスピルバーグ映画「インディージョーンズ/クリスタル・スカルの王国」によって、水晶ドクロが再び脚光を浴びました。

東洋の広い地域では、ドクロは恐ろしいものとして扱われています。ホラー映画で殺人を連想させ、死や危険、時には黒魔術を連想させるモチーフなので、インテリアの飾りとして使うべきではないと考えられています。東洋では子どもの頃からドクロは怖いものだと教わるのです。

skulls-good-or-bad-05では、最近の若者ファッションにおけるドクロの人気については、どのように考えるべきでしょうか。
あなたはご存じないかもしれませんが、若者の間で、ドクロは超クールでカワイイものとして扱われていて、Tシャツ、ポップアート、壁紙、家具やジュエリーなど、あちこち、いたる所に描かれています。
現代的なドクロは有名デザイナーの作品の中にも使われるようになったこともあり、ファッション的にオシャレだと認識されるようになりました。
アメリカのファッションブランド「エド・ハーディー」が発売したドクロのTシャツは若いハリウッドセレブの間で大流行しました。
「ジェイド・ジャガー」がデザインしたドクロのジュエリーもセレブから熱狂的に支持されました。
現代美術家の「ダミアン・ハースト」もドクロで有名です。
アートやファッションの分野で、ドクロは新しいオシャレのモチーフとなりました。
歌手のクリスティーナ・アギレラはオーディション番組の審査で高い評価を受けた時に、ドクロを幸運のシンボルとして身につけていました。
他にも、モデルのアレクサ・チャン、多くのラップ系のアーティスト、セレブ達はドクロを身にまとうようになったのです。

アメリカのドクロの人気が高まり始めたのは、2000年公開のロブ・コーエン監督の映画「ザ・スカルズ/髑髏の誓い」の主人公達が属するアメリカを陰で支配する秘密結社「スカル」に入会しているエリートの証であるマークとしてドクロが使われていたことが影響していると考えられています。
映画の中では、ドクロのマークを着けていることが、エリート集団に属し、ブランド価値を持ち、特別な神秘性をあらわすよう描かれていました。
カスタムメイドのドクロの指輪、ペンダント、ピンを身につけることが、特別な力を持つ秘密結社に属するイメージをあらわすようになりました。

このようにして、ちょっぴりコワい「死」のマークであるドクロがメジャーになったのです。

歴史的にもドクロに関連することは「真実」という意味とつながっています。それが良い真実であったり、悪い真実であったり、人の物の見方によるのです。ドクロのマークが死をもたらす、もしそれがあなたにとってドクロの意味なら、それが真実ですし、あなたにとってドクロが神の力をもたらすという意味ならば、それもまた真実です。

skulls-good-or-bad-04東洋の多くの国や地域の風習の中でドクロは宗教儀式で使われるシンボルとして知られています。儀式を行う神官の身につける術具やアクセサリーにドクロが描かれていることもあります。また、中国、チベットやヒンズーの地域では、強力な守護神、神、女神のイメージにドクロが描かれていることもあります。
このように、ドクロが単に忌み嫌われるものだということはないのです。

仏教でドクロは無常、つまり永遠不変のものはない、という真理をあらわすシンボルです。大乗仏教、密教を信仰する人にとって、ドクロを身につけたり、身近にドクロを飾ることは、人間に生まれ変わることが動物に生まれ変わったり、地獄に行くことに比べとても貴重なのだということを連想させます。
彼らにとって、ドクロは人の命の大切さを連想させる縁起の良いものなのです。

私たちの住空間にドクロを飾ると、このようにとても強力に「人生の無常」を連想させるのです。ドクロが私たちに人生を無駄に過ごすことなく、人生に意味を持たせる必要があるのだということを思い出させるのです。
このような観点から言うと、ドクロはラッキーアイテムなのだとも言えます。人生の無常をあらわし、人の人生が尊いという真理をあらわしているのです。ドクロを身につけるということは、その人が心にそのような真理を宿している特別な人なのだという目印となるのです。
そこまでの深い考えがある人は少ないかもしれませんが、特に何の気なしにドクロを身につけている人にとって、心を成長させるきっかけになるかもしれません。
ドクロは人が死に、体が土に帰った後も残る頭を象徴するものです。ドクロは人が永遠で不変ではないということを意味しているのです。ドクロは一見奇妙ですが、人としてこの世に生を受けた幸運を連想させる吉兆のシンボルだと考えることもできるのです。

シンボル風水 よく読まれている記事

Top