You are here
Home > シンボル風水 > 時計の贈り物は風水的にご注意を

時計の贈り物は風水的にご注意を

新入学生や新社会人への贈り物として、時計は世界中どこでもとてもポピュラーです。時計を持つことで時間に正確になりますし、最近のスマートウォッチなら、人と連絡を取り合うこともできます。

スマートウォッチ
しかし、時計には古くから伝わる風水のタブーがあることを知っておいてください。

風水を良く知っている人は、贈り物として時計(元々は置時計)を受け取ることを嫌います。時計が「時間」に関する悪影響を及ぼすと考えられているからです。
時計は「時間が過ぎていく」ことをあらわすので縁起が悪いと考えられているのです。
私は、香港で仕事をしていた時分、オフィスに高価なアンティーク時計を購入しようと考えていました。骨董的にも価値が高い美しいデザインの時計でした。
しかし顧問風水師に相談すると、「買ってはいけない」と強く言われたので、結局私はその時計を買いませんでした。

あなたが時計を人に贈る時、もしかしたらアップルウォッチのような最新のスマートウォッチかもしれませんが、不運を無効にするためのおまじないをお教えします。
贈り物を渡す時に、受け手から少額のお金、1ドルか、電子マネーでもいいので、受け取ってください。
これによって受け手は象徴的に時計を自分で買ったことになります。贈り物として与えられたことを取り消すジェスチャーによって不運を無効にするのです。
この手順に従えば、親が子どもに腕時計を贈るのは大丈夫です。しかし、いかなる状況においても、子どもから両親や祖父母に腕時計を贈るのはやめた方がいいです。
どうしてでしょう?
時計を年配の家族に贈ることは、「時間が過ぎていく」ことをあらわす時計を贈ると、一緒に過ごす時間がどんどんなくなっていくからです。
ある意味、時計は桃、竹、鶴や鹿などに代表される長寿のシンボルと反対のものです。
たとえどんなに高価で美しい時計であっても、両親や年配の家族に贈るのは良いことにはなりません。

Top