You are here
Home > スピリチュアル風水 > 音波とリズムを捧げる儀式

音波とリズムを捧げる儀式

音波を発生させる儀式は世界の多くの文化の中で古くから行われてきました。例えばベルや太鼓を使い、宇宙に音波を捧げる、というもの。私たちの日常生活にも応用することができ、生活空間や心身の障害を取り除くためにこれを使い清めることができます。

1.太鼓
安定したリズムで太鼓を打つことで、生活空間の気の停滞を活性化することができます。
太鼓をたたきながら、呪文を唱え、自分のまわりの空気に呪文を入れる、すると普通の家や会社が神聖な場所に変わるのです。
drum bell
チベットの密教には低音の安定したリズムで太鼓をたたく儀式がいくつもあります。音波とリズムを見えないあちらの世界に届けることで浄化されるのです。

2.金の音
金属製のベルシンギングボウル、ゴングを使った浄化は、この記事をお読みの方々にとってはすでによく知られている浄化方法で、風水の「五黄」や「病」のエネルギーを清めるのに効果的です。
フライングスター風水のチャートを見ると、2015年は五黄が西にあり、2016年になると北東に移動します。この不運を鎮めるには、金属がつくり出す音波が効果的、という方法です。

3.クリスタルボウル
水晶、クリスタルクォーツ製の器のふちをこすることで生まれる音波も強力で、悪いエネルギーを吸収し、分解することができます。水晶が生み出すのは土のエネルギーの音波なので、地の神を鎮め、地との調和を整え、土に由来する風水の幸運力を高めるのに有効です。また身体のチャクラのバランスも整います。

この3つ以外にも普段の生活空間を神聖な場所に変える強力な儀式はたくさんあります。水を使ったもの、ある特定の種類の音楽を奏でるもの、呪文を唱えながら手をたたく手拍子の儀式などです。
手拍子の儀式は即効性があり、病気が快方に向かうなど、色々な方向性があります。

このような音波とリズムの儀式はそれぞれ特別な意味があり、見えない領域の神聖な存在と私たちがつながる秘密の方法なのです。

Top