You are here
Home > ランドスケープ風水 > 家に風水の「水」をつくる

家に風水の「水」をつくる

風水で「水」は、金運、経済的繁栄運をもたらす要素で、素晴らしい恩恵をもたらします。

「水」にまつわる風水の法則は数多く存在します。「水龍」をつくる法則、フライングスター風水の「ウォーター・スター」の法則、水の流れる向きで幸運を取り入る法則など、数多くあります。というのも、風水は何千年もの歳月をかけて育まれたメソッドだからです。
しかし、「水」が金運をもたらすからといって、すぐにプールや池をつくれる人は限られているかもしれません。ここではリリアン・トゥーの自宅の「水」について、お話しします。

建物が池を囲んでいる写真

私は、風水の「水」で収入や資産を増やす方法、つまり水の設備や水の流れを家の外か中につくることで、素晴らしい恩恵を受ける方法は何通りもあると説明しています。

「水」の景色が見える家
家から海や川、池や湖など水の景色が見える場合、難しい話を抜きにしても素晴らしい風水の条件だと言えます。
もし水の景色が見えるのなら、次に豊かな水の気を宅内にどうやって取り入れるかを考えます。優れた専門家なら方位や条件にあわせて水から幸運の気を上手く取り入れてくれるはずです。

高い山に水源がある湖や川の水で、その水が何千年も前から流れ続けているとしたら、さらに素晴らしい金運に恵まれます。そういう場所に家を建てる機会に恵まれたら、風水の専門家に水の恩恵を最大限活かせるよう相談してください。
方位を正確に測り、良い「気」を家の中に取り込むことはそれほど単純ではありません。方磁石の使い方を熟知し、家の正面方位を正しく定めることができ、土地の霊を鎮める方法も知っている人物なら安心です。
それではじめて、水の豊かな気が家の中へ正しく流れることを可能にします。

「水」をつくる
水の近くに住んでいなくても、戸建の家なら、家の庭に池や小川の流れ、プールなどをつくることで恩恵を受けることもできます。池やプールをつくる場合、深さ、方位、家との距離や陰陽の度合いなどによって、受ける恩恵が違ってきます。

水から恩恵を受ける方位はふつう4~5ヶ所は存在します。その中で、家の構造や周囲の環境を見極め、ベストな位置を選べば良いのです。
水が正しい位置にあるということは、風水できわめて重要なことです。

例えば、家の前面の正面玄関の横に水があると恩恵を受けることができます。よく玄関に金魚鉢が飾ってありますよね。玄関に「陽の水」があると成長運が高まり、金運が高まります。
これはとても基本的な風水の法則で、家の玄関を「生気」の方角といい、生気は「木」の性質なので「水」が「木」を育む、だから成長運と金運が高まるのだ、という理論に従っています。

水は家の外と中、どちらがいい?
では、水は家の中と外、どちらにつくるのが良いのでしょうか?
答えは風水師によってまちまちです。玄関の外に水を置き、生気をドアや窓から取り入れるのが良いという意見もありますし、水は家の中、特に玄関ホールにあると金運の気をそこでためることができる、という風水師もいます。

私の場合、家の中にも外にも水があります。玄関の外、家の中から見て左側には、2024年2月3日まで金運をもたらすプールがあります。
左側につくったのは、「玄関の中から見て右に水があると、夫が若い女性との恋愛で面倒を起こし悩みが増える」という別の風水の法則があるので左側につくりました。
家の中の水は、玄関ホールにある池(左写真)です。これはやろうと思えば誰でもつくれます。マンションでも可能です。最近ではホテルやレストランで、美しい水のオブジェを見かける機会が増えました。そのようなイメージでつくればいいのです。

1つ悩んでしまうのは、水はある一定以上の深さに掘ると、素晴らしい恩恵をもたらすのだという風水の話です。私はこのことを若い頃に熟練の風水師から学びました。深く掘れば掘るほど、富が大きくなる、と学んだのです。
家の正しい方位に井戸や池を掘ると、それだけで恩恵がある、という風水の法則があるので、掘った池の水は幸運をもたらす、けれど注意しなければいけないこともあります。
家の中を掘ることができるのは新築入居前だけ、ということです。家の中に池を掘るならば、設計に取り入れるべきです。
入居後に家の中を掘る、特に家族で住んでいる場合は、入居後に穴を掘るのは非常に良くないことで、家族が家を失って破産することになるという風水のタブーです。
入居後に家の中を掘ると、地の霊を乱し、きわめて深刻な不運を受けるので、水槽のような置き型の水にするのが無難です。

私の場合
私は1970年代に自宅を新築した際、家の外にかわいい池をつくりました。当時、私の風水の知識は十分とは言えなかったので、そこに池をつくりました。池から恩恵を受けましたが小さなものでした。
その後、9年間の香港でのビジネス生活を経て、自宅に戻った時には、私には十分な風水の知識がありましたので、池のまわりを増築することにしました。その時、池の水をどうしたかというと、ビニール袋に入れて改築後、家の中の新しくつくった池に持ち込みました。
これは富を家の中に持ち込むという意味となり、水の引越しと改築によって風水から得られる恩恵は格段に大きくなりました。
このように、私は家の中を掘ることなく、幸運の水をつくることに成功しました。

ランドスケープ風水 よく読まれている記事

まだデータがありません。

Top