You are here
Home > 健康と美容の風水 > 食の風水を意識する

食の風水を意識する

幸せは、健康な心とからだに宿るもので、心とからだの健康はリンクし、影響し合い、「元気」「病気」といった「気」の状態で表現されます。健康なからだを保つには、食べる物の気の状態、陰と陽について理解し、バランス良く食べ、そして化学調味料や人工添加物のような食品の摂取を減らすことです。

foodbalancesmall食品の気のレベル
皆様もご存じのとおり、「気」はからだと心の生命の力です。それが調和している時には、健康が強くなるので、インテリアの風水のような空間的風水の影響、フライングスター風水のような時間的な風水の影響から良い効果を引き寄せることができます。
体調のバランスが崩れている時は、からだが弱り、色々な体調不良の原因をつくります。このように体内の気のクオリティもまた風水を実践する上で重要な一部なのです。

私たちが食べる食品は「気」の一つの形で、空間を流れる目に見えない「気」に比べると食品は目に見えるので、食品の「気」の法則はとてもわかりやすいのです。
この法則は、食物連鎖ピラミッドとは逆で、食物連鎖のピラミッドでは、動物食の方が野菜よりもレベルが高いですが、健康にふさわしい「気」のレベルという意味では、野菜の方が動物食よりもレベルが高く、根野菜はもっと上です。
つまり食品の「気」のレベルにおいては、地のもの、または地に近ければ近いほど「気」の源としてふさわしいのだというのが基本的な考え方です。

YinYangFoods陰と陽

陰の食べ物
食品はまた「陰」と「陽」に分けることができます。この法則によると、一般的に体が元々陰に偏っている人は長生きだと言われています。その理由は、内臓の退化が遅いからです。健康食品の多くは「陰」の食品です。
陰の食品はストレスにも良いと考えられています。イライラし、プレッシャーを感じている時、心を落ち着かせ、内面の気の重要な部分を生き返らせます。陰の食品は一般的に「陽」の時期である夏に、体調のバランスを維持するために摂り入れると良い、と考えられています。

過剰摂取は禁物
「陰」の食品を摂りすぎると、物忘れ、疲労、無気力やだるさの原因となるので注意してください。下痢や顔色の悪さ、目の色、肌の色に症状があらわれることもあります。このような場合、バランスをとるために、陽の食品の摂取を増やします。
参考まで、陰と陽の食品の例をご紹介します。完全なリストではありませんが、十分役に立つはずです。

陰の食べ物の例
CucumberSalad・緑、白色の食品で火のとおりにくいもの
・穀物類
・緑色の豆
・白米、おかゆ
・豆腐
・メロン
・海草
・緑色野菜
・白色野菜
・水
・お茶
・ゆで物、蒸し物
・冷たくてさっぱりしたもの

陽の食べ物
陽は一方、重く、しっかりしていて、強い香りがしたり、辛いものや、ソースで食べるもの、揚げ物です。陰の季節である冬に食べると良いとされています。陽の食品は慢性的な虚弱の人や、体力を消耗してしまった人、そして妊婦にも良いと考えられています。
陽の食べ物は過剰に摂取されると、胸焼け、便秘、口唇ヘルペス、発疹、にきび、潰瘍などの症状になることがあります。そのような場合は、陰の食品の摂取量を増やすことでバランスがとれます。

陽の食べ物の例
SpicyChicken・味が強く、金または赤色の食べ物
・焼き物、揚げ物
・羊、牛肉など肉類
・鮭、マグロ、タラなど魚類
・アヒル、チキン、七面鳥など鳥肉
・エビ、ロブスター、カニなどの甲殻類
・にんじん、トマト、にんにく、玉ねぎ
・パイナップル、マンゴー
・炭酸飲料
・コーヒー
・チョコレートやスイーツ
・ナッツ
・赤唐辛子

健康のために重要なのは、「陰と陽」をバランスよく摂り入れることです。ストレスを感じる時には「陰」、元気になりたいときは「陽」、というようにバランスを意識するのが健康な食べ方なのです。

注意)この記事は医療的な示唆ではありません。

Top