You are here
Home > 風水と色 > 風水でデザインするカフェ&レストラン

風水でデザインするカフェ&レストラン

風水インテリアのデザインは、そこで過ごす人が素晴らしい気の流れから恩恵を受けられるようにするべきで、単調なものではいけません。テーブルの配置や壁の色の選択によって、気の流れを補完することができます。それによって雰囲気が大きく違ってきます。さあ、風水を使ってカフェ、レストランの空間を心地よくデザインしていきましょう。


 私たちが目指すべきは、お店にいきいきとした気をつくりだすこと。素晴らしい空間をデザインするにあたって、風水は強力なツールです。空間デザインに風水は欠かせないのです。
飲食店がはじめによく検討しなければいけないポイントであるトイレとレジの配置から決めていきましょう。
右図は、お店のラフデザインにフライングスターの基本チャートを組み合わせたものです。お店は西2/3が正面方位のピリオド8で、西、南、中央にきわめて幸運なエネルギーをあらわすフライングスターが位置しています。この図を参考にレイアウトと導線を検討します。レジとバーを中央に配置するのは、レジもバーもフードビジネスにとって重要な場所であり、社員・顧客の両者が四方八方からアクセスが可能な場所に配置することが望ましいのです。一方、キッチンとトイレはレストランの後方、南東、東、北東のエリアに配置してあります。



キッチンとトイレ
デザイン上の重要なルールとして意識して頂きたいのは、キッチンとトイレを完全に分離することです。この図ではキッチンが全体の後方にあり、そのエリア、北東にあたる場所にトイレを配置しています。しかしキッチンとトイレは壁を共有してはいけません。そのためにトイレとキッチンの間の隙間スペースを貯蔵庫にしています。
キッチンではコンロは独立した位置に配置しています。これは南東に位置しているフライングスター(5/2)が「火」のエネルギーによって不運の影響を強めてしまうことを避けるためでもあります。そしてこのフライングスターを抑えるのは「金」の要素です。



メインエリア
 メインエリアでは、床を工夫して、8の字の気の流れをつくり出します。天井にもユーザの視覚に印象深くうったえる陰陽のマークに似たデザインを施します。2つのカーブした形を空間に取り入れる、これが気に流れをつけます。
バーの後ろ側には、永続的なお店の発展の願いをこめて、得意客、スポンサーといったお店を支えてくれている人たちの写真をたくさん飾れる壁にして、その壁が目立つようにします。この壁はメインエリアとトイレ・キッチンエリアとを隔てる壁として、そして顧客サービスの実践という2つの役割を果たします。
この場所、全体の中央にあたる部分に位置するフライングスターは6と1、この組合せは天からの素晴らしい富とビジネスでの良好な人間関係運を意味します。だから照明で壁を明るく照らすことは、素晴らしい陽のエネルギーをつくりだす意味も含まれるのです。
また、素晴らしい富と人間関係の幸運をあらわすフライングスターの極み、ダブル8がお店の前面に位置しています。ここにはタワー型の水槽を設置します。これはタワーが山、水槽が水を象徴し、マウンテンスター8とウォータースター8の両方を高めるからです。そして水が安定した状態に見えるよう、照明で水槽を照らします。
次のステップはテーブルといすの配置です。テーブルの配置は気の流れをつくるために利用できます。テーブルはバーを中心にすべてのテーブルへのスムーズな導線を確保できるシンプルな5つの区画ごとの配置にします。それぞれの区画の中央がレジとバーとなり、中心点としての役割を果たします。このレイアウトは、レジと顧客との間に強力な関係をつくります。
さあ、これでカフェ、レストランのデザインの概要はできました。次は空間をさらに幸運な場所にする方法です。私たちは色と鏡でそれを実現します。
色、鏡そして照明
 壁の色は風水の五行のサイクルに基づき、その場所のエネルギーを高めるか、抑えるかによって色を選びます。
それぞれの場所のフライングスターにふさわしい五行の要素に従って、色や照明を選びます。鏡は奥と側面の壁に空間の広がりを持たせるように設置します。側面の鏡は空間を広げるだけでなく、象徴的に豊かさを2倍にする、つまり2倍の数の顧客がいるように映ります。奥の鏡はトイレとキッチンを隔てるのと同時に、店の奥行きを2倍にする役目を果たします。奥行きの深さはビジネスの耐久力が強いことを象徴するので、店の奥行きが深ければ深いほどビジネスは厳しい状況にも耐え、成功が続きます。
照明のデザインは、全体の雰囲気に重要な影響を与えます。埋込式のダウンライトは天井も高く見えますし、カフェレストランにふさわしいムードをつくります。テーブルの区画には専用のスポットライトを設置します。
このように風水をうまくデザインに取り入れてお店の永続的な繁栄に役立ててください。

Top