You are here
Home > 仕事風水 > ウェブサイトを風水する

ウェブサイトを風水する

インターネットのウェブサイト・デザインに、トラディショナルな風水のノウハウを応用することができます。


1993年にインターネットが開放されて以来、世界のコミュニケーションは劇的な進歩を遂げています。ビジネスでは既にほぼ100%インターネットが導入され、その結果、世界中の人々とあたかも隣同士にいるようなコミュニケーションが可能になりました。そしてさらなる進歩を続けているインターネットの世界、そんな超モダンなインターネットのウェブサイト・デザインに、トラディショナルな風水のノウハウを応用することができます。
会社のウェブサイトの先頭部分には新聞や雑誌のヘッダーと同じように社名やロゴマークを表示させるのがビジネス的にも自然な流れです。ロゴマークを考える時には、とがった形よりもなめらかな曲線の方が好ましい、ということは念頭に置いてください。
またネガティブなエネルギーをつくらぬよう、不吉と思われるようなシンボルをロゴマークに入れるのは避けたほうが良いでしょう。また、四角形の角などのとがった部分が社名や商品名を直撃していないかどうかチェックが必要です。これは不運を招く毒矢と考えられます。
色彩については五行の法則に基づいて考えます。業種が象徴する五行の要素と相性の良い色を下の表から見つけてください。これがデザインに適した色です。

業種

メインカラー

サブカラー

五行

五行

レストラン

三角

長方形

建築、不動産

黄色

四角

三角

自動車、電機
機器製造、機械工業、鉱業、宝飾業

球形

黄色

四角

金融、保険、証券、海運、貿易、旅行

波形

球形

農業、林業、製材業、造園、家具

長方形

波形

最後に重要な点についてお話します。ウェブサイトに八卦をイメージした八角形をデザインに用いている例をよく見かけます。風水を意識していると思われますが、私は八卦をウェブサイトのデザインに使うべきではないと考えます。八卦は非常にパワフルな「保護」をあらわすシンボルで、一般的に悪い気をそらすために使うものです。もしこれを間違って使うとユーザや見込み客を遠ざけてしまうことになるからです。
最後に陰と陽のバランスを重視してデザインを考えてください。陰陽のバランスがとれた状態の時に、幸運が障害無く入ってくるからです。

仕事風水 よく読まれている記事

Top