You are here
Home > ランドスケープ風水 > 風水の良い土地と家の位置

風水の良い土地と家の位置

敷地の広い郊外の家での暮らしは人生の喜びです。都会の喧騒から離れ、窓から聞こえる鳥のさえずりで目覚める朝、週末は友人を集めて美しい庭でバーベキュー、庭には豊かな果樹と香りのよい花が咲いている、こんな暮らしのイメージです。

choosing-land-01
郊外の分譲地の土地付き一戸建住宅は世界中どこでも人気があります。そしてこのライフスタイル以上に、広い土地と家を所有することは、完璧な風水をデザインするチャンスでもあります。

土地を選ぶときは、必ず風水の原則を念頭におきましょう。気は外から家の中へ流れるので、家の中にあるものと同じように、家の外に何があるかということも重要です。ここでは富と繁栄を引き寄せるために土地を選ぶ時、忘れてはならない主要なことがらをまとめました。

1土地の周囲調査
まずはその土地の周辺を注意深く調査することが大事です。水の流れ、湖や山なみをチェックします。風水の一般的なルールでは山が背後、水が前面にくるよう家を建てるのがよいとされています。
山が後にある家は幸運の黒い亀が家の後から守っているので、仕事や人間関係すべてにおいて支援がもたらされます。山に守られている家は権力、地位、名声を高めるチャンスを引き寄せるので、住む人に恩恵を与えます。
良い風水を台無しにする陰の場所がないかどうかも注意深くチェックした方がいいです。廃棄物置き場、ゴミ処理場、下水処理場、墓地、病院、そういった場所の近くは避けた方が無難です。

2普通の形の土地が無難
風水の恩恵を受けるには、四角や長方形といったふつうの形の土地がベターです。台形はOKです。もし台形の土地を選ぶ場合は、土地の入口側が狭く、奥側が広くなっている土地を選んでください。この形は財運をもたらします。
一方、入口側が広く、奥側が狭い土地で暮らすと支出が増え、財産を貯めることは困難です。台形は三角よりも良い形です。三角は「火」をあらわすので、家の土台となる土地としてはおすすめできません。そして三角の土地には必ず方位が欠けてしまうので、運を逃します。風水の八卦の法則では、幸運は中央を含む9つの方位区画があってはじめて完成するといわれています。
choosing-land-02

3幅広より奥深がベター
風水を信奉する人たちの間では、家族が三代または五代続いて繁栄することを幸福と考えます。そのため、中国の古い家は奥行きがあり、多くの部屋がある設計になっています。奥行きがあるということは運が長く深く続くことを象徴するからです。浅くて幅が広い土地より、できるだけ長く奥深い土地を選びましょう。
浅くて幅広の土地では、幸運は続かず、運がすぐに消えると考えられています。そのことだけでなく、長く奥行のある形状の土地では、良い気を家の前に集め、気が安定した状態で家に入ることのできる明るくひらけた空間である「ブライトホール」を玄関の前につくることが容易になります。
choosing-land-03

4背中側が低い土地は避ける
土地に起伏がある場合は、風水が良い場合と悪い場合があります。ゆるやかな起伏は気をゆるやかに曲がりくねって流すので吉兆です。起伏が急な場合はほとんど悪い風水となります。
背面が前面よりも低い土地はいつもチャンスを逃すことになるので避けてください。背面が崖になっている家は、幸運の黒い亀が不在で、何かを成し遂げようとする時にいつも支援が得られず、障害が立ちはだかり出世できません。
起伏は玄関の中から外を見て左が少し高いのが良い風水とされています。特に玄関が東・西・南・北のいずれかに向いている家では恩恵があります。迷うなら、起伏のない平坦な土地を選ぶ方が無難です。平坦な土地は、木や草花の配置によって風水を高めることのできる柔軟性があるからです。

5正しい場所に家を建てる
良い土地を選んだら、家を土地の中のどこに建てるかです。次のイラストで解説します。
choosing-land-04
位置は前後左右の空間のバランスが幸運の鍵となります。家の周りに空間的余裕があり、亀、龍、鳳凰、虎の四神から幸運を求めることができる家が良い風水の家です。
背面よりも前面に空間を広く持たせる方が風水ではベターです。
Aのように家が後ろ過ぎるのはよくありません。この家は「出口のない状況」を引き寄せてしまいます。前すぎるBもよくありません。この配置は家の前面のブライトホールから風水の恩恵を受けることができません。人生で選択肢がほとんどない、チャンスがほとんどない、幸運は人よりも遅く訪れる、という配置なので避けてください。
CとDはハリウッドの大邸宅でよく見かけます。テニスコート、プール、ゴルフコースを庭につくるために土地の右か左のはしに家をよせるのです。
家を右か左に少しだけ寄せるのはOKですが、ギリギリまで寄せると龍か虎のどちらかがパワーを失い、どちらかがパワーを持ちすぎてバランスを崩します。
Cは右の虎の空間が広すぎて龍に対して力が強すぎてしまいます。虎の存在は必要ですが、強すぎるパワーを与えるべきではありません。虎が龍に対してパワーが強すぎると妻は家を出てしまいます。
Dは右に寄り過ぎていて、虎がまったく力を持ちません。
前が後ろより少し広く、龍が虎よりも少し強いバランスを目指してください。

ランドスケープ風水 よく読まれている記事

Top