You are here
Home > 健康と美容の風水 > 体の「気」の流れを回復する

体の「気」の流れを回復する

生命力、つまり体を流れる「気」(=エネルギー)は動的に振動し、体内をたえ間なく循環します。呼吸、睡眠、会話、食事そして考える力やコミュニケーションなどすべての行動はこの振動によって起こります。

生命力によって人間のエンジンが動いているようなものです。
体を肉のかたまりと考えるのではなく、純粋なエネルギーが振動している状態だとイメージしてください。
体内の「気」の流れ、エネルギーの強さと質は常に流動的なので、私たちは変化の状況をいつも気にしておく必要があります。

とても疲れて消耗した時、体は弱り、衰えを感じます。内面のエネルギーが弱ると病気、循環不良・不全になりやすくなります。そんな時に生命の振動を復活させるヒントをお伝えします。

1.熟睡 十分な睡眠

体内の「気」を元気にするために最も手っ取り早い方法が熟睡です。体が携帯のバッテリーで、睡眠によって充電されることをイメージしてください。
熟睡すると体の経絡(けいらく)のすべてが宇宙からエネルギーを受け取ります。熟睡後の目覚めのよさ、リフレッシュしてエネルギーが充電された感覚は誰でも覚えがあるはずです。
逆に熟睡できないと、経絡は充電されず、体内で循環不良がはじまり、体が深刻に弱りはじめます。

2.正しい食事 水分の摂取
水分をしっかり摂取し、正しい食事をすれば、体がみずから毒を外に出し、自然にエネルギーを体内にとりこむことができます。
体内の気の流れのクオリティは酸素と解毒が左右します。血液の流れによって酸素を取り込み毒を外に出します。流れが妨げられると体は機能しなくなり、内臓は弱り、体は硬くなり、気分は憂鬱になり生命力が低下します。

3.瞑想と呼吸

瞑想や呼吸法には多くの方法があります。瞑想と呼吸法は体の気の循環を良くし、内臓の働きを改善するのに効果的な方法です。
太極拳、ヨガ、プラナヤマ呼吸法を生活の中に取り入れることを真剣に考えてください。このようなエクササイズを学べば学ぶほど生命力がメンテナンスされます。体内で「気」の振動バランスが整っていると、内臓が良く働きます。体内の「気」がうまく循環すると生命力はどんどん強くなります。
健康はすべての運のベースです

リリアンより

健康と美容の風水 よく読まれている記事

Top