You are here
Home > シンボル風水 > 家にふさわしい五行の性質

家にふさわしい五行の性質

建築の分野で頻繁に登場するのは「形式と機能」です。が、ここでは「形式と風水」についてのお話です。どのように家の外見デザインに風水の要素を取り入れたら成功するのでしょうか。

風水の五行の要素には、それぞれの性質をあらわすかたちがあります。それを建築の外見デザインに取り入れると効果的なのです。
例えば「水」は波の形、「金」は丸、「土」は正方形、「火」は三角、そして「木」は長方形です。
まず、風水の五行の法則に従って、家を分類し、そしてそれぞれの家に適した「かたち」「色」「建築資材」を選んでいくことが考えられます。
あなたの家の五行とは?
imgまず第一歩として、五行の3つサイクル、「創造サイクル」「逆転サイクル」「破壊サイクル」を思い出して、それぞれがどのように作用するのだったか今一度チェックしてください。対象となる家の五行の要素を判断し、その五行の要素にふさわしい「かたち」「色」「資材」を選ぶ、といった要領です。
家の五行の要素は、方磁石で家の方位を測るだけで、判断できます。8方位にはそれぞれ五行の要素があてはめられています。
南は「火」、北は「水」、東と南東は「木」です。西と北西は「金」で、北東と南西は「土」で、この法則では家の背中にあたる方角が基準となります。
「火」の性質に属す家
img例として、北に玄関が向いている家は、背中が南にあると考えられます。五行の法則に基づいた考え方に従って、理想的なデザインを求めるとしたら、背中にあたる南の「火」の性質に適したかたち、形式を取り入れるのが正解です。
このケースでは、屋根を三角形にすることで、「火」の性質を強めることができます。「火」を象徴する形状は△だからです。
五行の「創造サイクル」では「木」が「火」を創るので、木製の資材を利用すればさらに恩恵があることでしょう。また、この家は個人の五行の要素が「土」または「火」の人にとってさらに素晴らしい恩恵をもたらします。個人の五行は、クアナンバーによって調べることができるものです。
「水」の性質に属す家
img南に面している家、つまり背中が北にある家は「水」に属す家と考えられます。カーブした壁は「水」をあらわす波を象徴するかたちで、カーブした壁がそれぞれ組み合わさり、波のかたちに見えるようにデザインされています。かといってあまりジグザグにしてしまうと、風水のバランスを崩してしまうので、この程度のカーブが理想的といえます。
色は黒、青と白を利用するのが「水」の性質との相性が良いでしょう。白は「金」をあらわし、黒と青が「水」をあらわします。
避けたほうが良いのは「木」で、(木は五行のサイクルで水を消耗させる存在なので)、緑色あるいは木のフローリングも避けた方がよいでしょう。
背中が北になる「水」の家は、個人の五行の要素が「水」または「木」の人にとってさらに素晴らしい恩恵をもたらします。
「金」の性質に属す家
img家の正面が東、南東の家はそれぞれ西、北西に背中があると考えられるので、五行の「金」の性質を持つタイプの家と分類されます。
このタイプの家は、たくさんのデザイン的な選択肢の中から設計することができます。
1つのデザイン例としては、「金」が象徴する形状である円形を自然な曲線でデザインすることです。
曲線は交差することなく、見た目ゆるやかなカーブが望ましい形状です。
色は、グレー、白、黄土色が適しています。
また、「土」を象徴する大理石の床にすることで、「金」の要素を強めることができます。
前例と同じ考え方に従うと、この家は個人の五行の要素が「金」または「水」の人にとってさらに素晴らしい恩恵をもたらします。
木の性質に属す家
img長方形の家は、「木」を象徴します。ということは、南向きの家で、家が長方形なら、前例によると消耗をあらわすため、屋根やバルコニーの外見に波状のデザインを加え、水のエネルギーをプラスすることを検討するのが良いでしょう。
西、北西向きの家にとっては、長方形がとても恩恵があります。屋根はこけら板(外壁や屋根に用いる木製の建築資材)が、床は木材のフローリングが適しています。
色づかいは、木をあらわすライトグリーン、水をあらわす青系の色彩が適しています。そして、五行の要素が「木」あるいは「火」の要素の人にとって恩恵があります。
土の性質に属す家
img北東または南西向きの家は「土」の性質に属する家です。この場合、「土」をあらわす形状である正方形が最も適しています。「土」を象徴する大理石、セラミックタイル、花崗岩といった資材が適しています。
色は、黄色や黄土色といったアースカラーをベースにしつつも、「火」をあらわす赤系の色を部分的に、例えばカーテンなどに利用するのが賢い選択です。
五行のサイクルで、「土」を破壊する「木」や、「土」を消耗する「金」をあらわす色や資材は避けたほうが賢明です。このタイプの家は、個人の五行の要素が「土」または「金」の人にとってさらに素晴らしい恩恵をもたらします。
フライングスター風水との関係
当然ながらフライングスター風水の影響を考慮したインテリア、エクステリアのコーディネートは重要で効果的ですが、それだけでなくここでお話した家の五行の要素に適した外見デザインを加えておくことも、同じように重要で効果を発揮する風水術です。
家を新築、もしくは全面的な改築をする際には、フライングスター風水の分析に加えて、家の五行にかなった外見デザインを取り入れることで、さらに調和のとれた幸運な生活をおくることができることでしょう。

Top