You are here
Home > 人間関係風水 > 急に関係が悪化した時の対処法

急に関係が悪化した時の対処法

会社で、近所で、恋人や家族。。。人間関係が悪くなりはじめたら、その空間の中で不運の風水の影響を受けているのではないかと疑ってみましょう。
あなたは「風水探偵」になって、原因を探るのです。

FightingCoupleフライングスター「3」のせい?
たいていの場合、時間とともに移り変る家の「地の気」が不運を受けていることが原因です。おそらく不運のフライングスターが寝室や玄関を攻撃しているのです。
もしあなたが恋人や配偶者とケンカになってしまい、それが特にはっきりとした理由がない場合は、月か年のフライングスターチャートの「3」(ケンカの星)があやしいです。
2014年のフライングスター「3」は南東にあります。
寝室や玄関が南東にある家では、結婚や人間関係は非常にきわどい状況にあります。
干支がへび年の人もへびが南東の干支なので、影響を受けやすくなります。
一つの効果的な対策は何か赤や金のものを寝室か不運を受けている場所に置くことです。

五行の衝突が原因?
もしくは、植物をうかつに家の中の間違った方位に置いているのかもしれません。植物は「木」のエネルギーなので、南西、中央、北東といった「土」の方角にあると人間関係でトラブルをもたらすことがあります。そんな時はすぐに植物をどけましょう。

気のながれを遮るゴミの影響?
もしくは、あなたが最近家を片付けて、ゴミや不要品を、ゴミ出しの日まで一時的に家のどこかに置いてあるのかもしれません。最も危険なのは、玄関や寝室がそのようなゴミの類から不運の影響を受けてしまっている場合です。家の気の流れを遮るものがあると、物事はおかしな方向に向かいます。

あなたが色々と風水をチェックして、それでも原因がわからない場合、家の間取図にもう一度フライングスター風水のチャートをあてはめてみることです。すると、何か見えてくるはずです。
フライングスター風水のチャートは私たちに色々なことを教えてくれます。
どの数字がお金で、どの数字が人間関係をあらわしていて、幸運がどれで、不運がどれで、といった知識はすぐに理解できます。

もし突然家族の仲が悪くなったり、恋人や配偶者とケンカになってしまっても、自分を責めることはありません。ほとんどの場合、ケンカの星「3」が影響していたり、「土」の方位が不運を受けているか、不用品やゴミが気の流れを遮っているだけです。

毎月フライングスター風水のチャートを気にしましょう。

Top