You are here
Home > 今年の風水 > お盆の霊は「陰」が好き

お盆の霊は「陰」が好き

私たちのお盆の習慣は、世界にも同じようにあるのですが、期間が1ヶ月に及ぶということが大きな違いです。
陰暦の7月、満月から次の満月までの約1ヵ月をハングリーゴーストの月と言います。この時期にはご先祖様を含む数々の霊たちが、あの世から出て、地球を訪れると言われています。

この時期には、両親は子供達に「日が暮れたら外出と泳ぎはダメ」と言います。一般的に、建設業者は通常はこの時期に着工開始することはありません。通常はこの時期より前に開始し、この時期があけてから終了するように日程を組みます。

旅行にはあまり良い時期ではありませんし、引越しや結婚にも良い時ではないです。新しい事業を始めたり、家を買うのは避けた方が無難な時なのだと言われています。

陽の力をたくさん
人は一般的により「陽」の環境を好み、一方で幽霊は「陰」の環境を好みます。風水で「陰の気」が家や会社で支配的な場合、幽霊は快適に感じます。ですので、陰をつくる原因はすべて、可能な限り避けるというのは大事なことです。そうすれば幽霊が訪れて住みつくなんてことはありません。

暗くて、ほとんど日光と新鮮な空気が入ることがない家は「陰」が強すぎる家になりえます。教会、病院、墓地の近くの家で、木に覆われ、日光があたり難い家は幽霊に好まれます。
家をいつもとてもきれいな状態に保ち、窓を開け、新鮮な風と日光をできるだけたくさん入れるようにしてください。

ガラクタやゴミ、あまり使わない暗い空間は停滞した陰のエネルギーをつくります。ですから、ガラクタやゴミはすぐに片付けてください。電気を明るくつけて、音楽をかけ、そしてあまり使われていない空間にも照明をともしてください。
明るく風が通り、陽のエネルギーに満ちた家は最高です。

この期間中は暗い色よりも明るい色の服を着てください。赤や黄色、白といった陽の色の服を。そうすると個人的な陽のエネルギーが強くなるから霊的な障害に襲われにくくなります。

安全な夏休みをお過ごしください。

Top