You are here
Home > 金運風水 > お金に賢くなろう

お金に賢くなろう

あなたががんばって稼いだお金が、どのように消えていくか、はっきりと知っていますか?どのようにすればお金が貯まり、お金を中・長期的に着実に増やすことができるかを知っていますか?
それとも、いつまでも月末の口座の残高不足を気にしながら生きていきたいですか?お金持ちになることは難しいことではありません。良い風水に加えて、お金の流れを管理し、慎重に投資する、このようなお金に関する賢い考え方を身につけることが必要なだけです。ここではリリアン・トゥーがお金持ちになるための賢いお金の知識を紹介します。


1日1日を、しっかりとした戦略に基づいて、お金を管理するよう意識することから始めましょう。真剣に、意識的に、お金持ちになってお金をコントロールできるようになることを強く願って下さい。お金に心から敬意を払う態度を身につけてください。富を築きたいのなら、まずはじめにお金に対する意識改革からはじめます。
お金は道具です。お金を管理することは簡単だと頭で理解してください。決してお金の管理に翻弄されてはいけません。これは日常生活の1つのスキルであって、その腕前を自然に伸ばしていくようにイメージしてください。
まず、現在の財政状況を改善する良い方法を頭で理解することからはじめましょう。次にあなたの生活における予算を知ってください。予算を考える心のトレーニングをします。そして現在の自分のお金の状況に関するすべてのことに意識を集中します。
一度自分の収入と支出の状況が明確になると、お金に関する戦略を立てられるようになります。これが夢を現実にする第一歩目です。その結果、かすんでいたゴールが明確になります。そしてあなたはお金に関する知識を持って歩き始めることができます。
節約からはじまる
節約を習慣にすることからはじめましょう。日常的なお金の貯めましょう。最初のゴールは収入と支出で赤字にならないように管理することです。決して現金を使い果たすことを許してはいけません。このことをあなたの人生の黄金律にしてください。
次に、あなたはいくら節約できるかを見積もります。「節約」はお金の管理での魔法の言葉です。あなたは2つのことを正確に数えてください。1つは収入です。もうひとつは生活にかかるすべての正確なコストです。少しだけ特別な楽しみと小さな贅沢にお金を使って
楽しむことを忘れないように。あなたがきちんと自分のお金の状況に向き合うと、収入に対する考えも整ってきます。
カップルで収入を合算するのもお互いにとって良いでしょう。支出が収入を上回っている人は、改善方法を考えましょう。
予算を組む練習
予算を組むことの手始めは、まず出費を記録して、お金の流れを追跡する習慣を持つことです。これこそお金の管理です。もしお金を貯めて、投資にまわしたいと思っているのなら、予算組みは絶対に必要です。予算組みは自分の手持ち資金で富をつくる第一歩なのです。
次に時間を意識します。現在の状況だけを見るのでなく、中期的に収入と支出がどうなるのか、例えば12ヶ月間とか。休日や祝日も含めて考えましょう。このようにあなたのライフスタイルの中での収入と支出のバランスを見ていきます。お金に賢くなるためには、これまでの固まった考え方を捨てる必要があります。もし毎月末に口座の残高不足を気にしているようなら、生活にかかる費用が収入とぎりぎりだということですから、日々の買い物の内容をもっと見直すべきです。
経済基盤の強化する
経済基盤を強化するために、セールや割安なお店を見つけ、もっと価格条件の良い買い物をしましょう。例えば、食料や生活必需品を買うには割安な郊外の製造直売店を、ぜいたく品や服飾品を買うためにはこのお店で、というふうに買い物先をはっきりとさせることを習慣にしましょう。本気で節約を意識すると、どれだけの金額が浮くか、あなたはきっと驚くことでしょう。これはあなたから買い物の幸せを奪うということではなく、賢く買い物をするようにする、という意味です。
衝動買いを抑えるためには、大きな買い物の際に現金を使うのが良い考えです。私たちはプラスティックでできたクレジットカードを使うよりも紙幣を使う時、より慎重になります。クレジットカードを複数使うとそれだけでお金の流れを記録・追跡することが難しくなります。カード中毒にならないように注意して下さい。
お金に余裕が生まれたら
今の収入で節約ができた、ということは、あなたの経済状況は健全になったということです。次の段階として資産を手に入れて、お金を自分のために働かせる方法を見つける努力をします。銀行からの微々たる利子に満足しないでください。慎重に探せば、より高いリターンを得る方法が見つかります。まずは気の合う銀行員とおしゃべりをする中で、彼らが提案する資産運用のプランを検討することからはじめるのが無難です。
最初の不動産を買う
あなたにとって初めての大きな投資は不動産になるでしょう。これは本当に大きなことです。あなたの人生で富の蓄積はここからはじまります。
銀行の住宅ローンを利用するには、現預金など多少の金融資産をあらかじめ持っている必要があるでしょう。あなたが固い職業に就いていて、あと30年以上働けるとしたら、銀行は喜んであなたに家を買うための融資するでしょう。
今あなたが住んでいる家が自己所有でないのなら、本気で不動産購入を検討してください。自分が住むための家のローンは審査が緩いですし、今年の風水のチャートを見ても不動産は将来の富につながります。不動産を買うには時期としては良いのです。
私からのアイディアですが、ローンはあなたの借り入れができる最大限まで借り、支払いの期間は最長に設定しましょう。毎月の支払いを最小限に抑えるのです。かつて銀行の頭取だった私があえて言いますと、物件価格の70?80%の金額を融資する銀行を見つけるのは決して難しいことではありません。特にその不動産が良い場所にあるのならなおさらです。購入に際しては不動産の「場所」を最も優先するようにしてください。評判の良い業者から買うか、もし個人的な取引をするのなら銀行員と同行して不動産の評価額を必ず明らかにしてから商談しましょう。銀行が融資を積極的にするかどうかは、その不動産の評価額によるところが大きく、毎月のあなたの支払い金額はその次のことだからです。終身雇用の立場にある人なら、ローンの期間を長期に設定して、毎月の支払いを減らすことは簡単です。
このようにすると、賃貸の住宅で暮らすための家賃よりも毎月のローンの金額が低いことに気がつきます。毎月の返済額に余裕があるかどうかはしっかりと事前に確認してください。家を所有することは間違いなく長期的にキャピタルゲインとなります。返済は、しっかりと資金繰り計画をすることと、収入を増やすための努力をすればそれほど負担に感じることはありません。
さらに上を目指す
家を所有すると、上を目指せるようになります。長い期間をかけて、あなたが収入を増やし、そして家族のサイズも大きくなると、その家を元手にしてステップアップすることができます。例えばさらに大きな家を買うなど。もし不動産価格が上がれば、不動産の価値が購入時の価格よりも高くなります。変わりゆく経済状況の中で、物価上昇に悩まされないための唯一の対策は自宅を所有することです。インフレ圧力に対し、最も必要なリスクヘッジだということを覚えておいて下さい。
はじめての不動産購入なら、マンションよりも土地付戸建の方が無難です。一般的に長期的な資産評価でマンションが勝ることは少ないです。また、これも一般論で地域などによって差はありますが、築10年の中古マンションよりも築10年の中古の土地付戸建の方が売りやすいです。
次の段階の投資
このようにあなたのお金の状況が良くなってきたら、不動産以外の資産に投資することも考えはじめる時期です。投資は「換金性」を重視してください。資産は簡単に現金化することができてこそ資産だということを忘れないで下さい。金融的な視点で、私は、投資は「換金性重視」だと言い切ります。小口の投資家なら特に、あなたのお金を不必要に縛られないようにすることです。これは大事なことです。電話一本であなたの資産が現金に戻せるようにしておくべきです。
このような理由で多くの人が株式市場で「マネーゲーム」をするのです。株式市場でのマネーゲームは金融知識よりも運が必要です。そしてそれはこの記事の中であなたが学んだ「お金の管理」とはまったく次元の異なる話です。
このことについてはまた機会があればお話したいと思います。

Top