You are here
Home > 旅と引越し風水 > 家を選ぶ時にチェックする風水のポイント

家を選ぶ時にチェックする風水のポイント

風水では、家を選ぶ時にチェックすべき非常に重要なポイントがいくつかあります。今日はそれをご紹介します。

家を買ったカップル

家の中の風水は、入居してからでも風水を改善することができますが、立地条件や建物の構造の問題、過去の居住者の残した気による問題は、後から改善することはほとんど困難です。
契約前に、その家があなたに良い風水の影響をもたらすのかどうか、しっかりと確認することをお勧めします。そうすれば幸せな暮らしを実現できるはずです。

物件を見に行く時も、非常に重要です。購入する可能性のある家を見に行く時には、風水の兆候に注意すべきです。宇宙のメッセージを決して無視してはいけません。そしてあなたの本能的な感覚も、良し悪しにかかわらず無視してはいけません。

候補となる物件を見つけたら、はじめにGoogleマップを使い、地図を検索してみましょう。そうすると、物件のおおよその向きと、その周辺を見ることができます。Googleマップなら物件の近くまでズームしたり、上空からの映像を見たり、その物件に隣接する土地や建物の様子まで見ることができます。

近くにあるとNGな施設

近隣にあると風水の悪影響となる、強い陰の気を放つ施設は次のとおりです。

1.病院、特に救急病院。
2.墓地
3.廃棄物処理施設、ゴミ埋め立て地、下水処理施設、リサイクル施設など。
4.葬儀場
5.発電所や送電塔
6.石油精製所など大規模な工場
7.宗教施設(例:寺、教会、モスクなど)

宗教施設は2km、その他は5㎞以上離れていれば大丈夫です。

埋め立て物件は避ける

その家を建てるために海を埋めた場合、施主が四つの海の龍王から許可を得ていない可能性があり、霊的な障害を受ける原因となります。建設中だけでなく、暮らし始めてから霊的な障害に悩む可能性が高いのです。

家の過去の歴史は非常に重要

中古の物件の場合、以前の所有者と家の過去の歴史を調べてください。懸念されるのは次の事項です。

1:死人が出た場合

その家で亡くなった人がいるかどうか?もしそうなら、自然死なのか、それとも殺人や自殺などの不自然な原因による死なのか。高齢者の自然死である場合、単純な空間浄化の儀式で十分です。しかし、その死が自然に寿命を迎えていない予期せぬ死であった場合は、僧侶や聖人に依頼して家を清めてもらう必要があります。成仏せず、まだそこにいるかもしれないからです。
殺人や自殺が起きた家は問題が深刻になる傾向があります。このような物件は避けるのが良いのですが、どうしても購入したいのなら、入居前に力のある司祭に家を清めてもらうことを強くお勧めします。
そして入居後は、定期的に空間を浄化することもお勧めします。シンギングボウルを鳴らし、周囲の霊に定期的にお香を捧げるのです。
前の所有者が家の中ではない、どこか他の場所で亡くなった場合、ほとんど問題はありませんが、引っ越しや改築を始める前に、お香で気の浄化の儀式をすることをお勧めします。

2.前所有者はその家で繁栄したか

財産を失った人の所有していた家を買うのは良くありません。その理由で、銀行が競売にかけた家を購入することは、金運が非常に悪いと見なされるのでお勧めできません。
そのような家を購入する場合は、風水師を依頼し、家で何が悪かったのか、原因を探り正す必要があります。

3.前所有者は楽しく暮らしていたか

不運のエネルギーを多く抱える家は、徹底的な気の浄化と、不運の問題を特定するための風水チェックが必要になります。
近隣に建物ができた、といった環境の変化により、風水のバランスが崩壊したのかもしれません。外からの殺気も不運の原因、間違った方位に水があること、鉄塔など殺気を放つ危険な景色が見えるのも同様です。

物件を見に行く

風水カレンダー
候補物件が決まったら、暦(こよみ)を確認して、自分の生まれ年の干支と、その日の干支が衝突していない日を選び、見学に行ってください。
例えば、うさぎ年の人は、とりの日に物件を見に行ってはいけません。

早めに到着することをお勧めします。そうすれば、近所を散歩して地域の雰囲気を味わい、暮らしをイメージすることができます。その時、自分の心の変化に注意を払ってください。
幸せ、希望、期待感を感じていますか?それともイライラ、機嫌が悪くなった、ピリピリしていますか?
一緒にいる人と口論になったり、物件を見ている最中に電話やメールで悪い知らせを受け取った場合は悪い兆しです。その物件があなたに幸運をもたらさないという知らせである可能性があります。

見ておくべきポイント

街路樹

1.近所の木々や花

活気があり、健康的な見た目である必要があります。枯れた木がたくさんある場合や、メンテナンスが維持されていない花壇などは、地域全体の風水を台無しにする可能性があります。

2.鳥や虫、動物

健康で幸せそうに見えますか?陽気な鳥のさえずりは、幸運の可能性をあらわします。蝶やトンボもとても幸運ですが、ハエや蚊は陰が強く不運の傾向を意味します。
近所に住む犬や猫のようなペットはどうでしょうか。健康で元気で、手入れが行き届いているように見えればOKです。

3.天候の変化

物件を見て時に天候が急に変わりましたか?雨が降り始めたり、突風が吹いた場合は、霊的な警告の現象です。
敷地内で動物の死骸を見たら、これも良い兆しではありません。
家の方位を測る

4.方位との相性

性能の良いコンパスで物件の方位を測ってください。家があなたと家族に幸運があるかどうかがわかります。
クアナンバーが2,5,6,7,8の西グループの人は、南西または北東に向いた家が適しています。
1,3,4,9の東グループの人は、南または北に向いた家が適しています。家族には色々なクアナンバーの人がいますから、稼ぎ頭のクアナンバーを重視してください。
家族に2人稼ぎ頭がいて、二人が異なるグループなら、東、西、南東、北西に向いている家が適しています。

吉日に契約を

契約を決めたら、契約書に署名するのに適した日付を選択します。暦で吉日を探し、家族の誰とも衝突していない干支の日を選びます。

契約の際には風水のお守りも携帯しておきましょう。そうすれば、不運を避け、良い状態で契約することができます。家選びは人生の一大事ですから、ここでミスをしないよう、守護を受けておくのです。

旅と引越し風水 よく読まれている記事

まだデータがありません。

Top