You are here
Home > スピリチュアル風水 > 嫌な予感がした時の心の調整法

嫌な予感がした時の心の調整法

スピリチュアル風水を実践するようになると、自分の身の上に起こる出来事に対して、自然と敏感になります。それは、自分の意識とまわりの意識が調和しているということです。
以前には気が付くこともなかった宇宙からのメッセージに対して、より敏感になります。天候の変化、木々や花々、鳥達、雲の形といった自然の中に示されるサインは、すべてあなたへのメッセージなのです。あなたの聴力はもっと鋭くなり、視覚はもっと開き、自分の意識と周囲のすべての事に敏感になっていきます。
そうすると、物事の調和がとれていない時にも気が付くようになります。
調和していない状態を示すサインとは次のようなことです。

2005 A Record-Setting Year For Lost, Damaged And Delayed Airline Baggage・旅の途中で荷物がなくなる
・嫌な出来事を目にする
・家を出た時に浮浪者と出くわす
・家の前の道路が通行止め
・運転中に目の前を動物が横切る
・事故を目撃する
・倒壊した家を見る
・レストランで割れたorかけた皿やグラスが提供される

など、このようなサインがあらわれた時は、あなたに向かってくる不運のエネルギーに即座に何か対応をしなければなりません。
ネガティブなサインを送ってくるレストラン、店員の態度の悪いお店から退出するのをためらう必要はありません。
ネガティブなエネルギーの流れを止めなければならないのです。そしてあなたの手で、ネガティブな出来事を追い払う必要があるのです。

手を3回たたく
Clapping例えば、このような時に「手を3回たたく」のは良い習慣です。
私はそういうことが起きた時にはいつも不運を消すために手をたたき、見えないネガティブなエネルギーの「泡」をつぶすようにしています。

お香を焚く
おかしな事が起きたらすぐにお香を焚いて、周囲の霊と宇宙に香りを捧げるのも良い解決法です。外出先では短い線香タイプのお香が便利です。

旅行中に荷物を失くした場合は、即座に線香をつけ、そこにいる霊に助けを求めます。荷物が出てきたら、スーツケースのエネルギーをリセットするためにもう一度線香に火をつけます。もし荷物が戻らなかった時にも、不運のエネルギーが消えたことを喜びましょう。

うまく進まない時
運転中に何か障害を目にした場合は、別のルートを探しましょう。別ルートにも障害がある場合や、または障害の度合いがひどい場合は予定を変更するのも大事です。
あなたの進む道を妨害され、遅延したり欠航するのがいつも不運だということではありません。それによって命が救われたり、守られるということもあります。

動物が横切る
車で走行中に、猫や犬があなたの前を横切ったときには、車を路肩に寄せ、後続の車を先に行かせましょう。これで不運はすぐになくなります。

あなたがより一層スピリチュアル風水に敏感になってくると、内面の気が高まり始め、あなたにとって不可欠な感覚となることでしょう。
宇宙の領域に対する敏感さが養われると、サインに気がつきやすくなります。
これは、あなたの内側の魂が警告しているのですから、簡単に無視してしまうのはどうかと思います。

一瞬立ち止まって、そのサインや出来事があなたに何を語っているのかを考えましょう。
スピリチュアル風水を甘く見てはいけません。

Top