You are here
Home > 金運風水 > 金運にまつわる10の迷信

金運にまつわる10の迷信

あなたは迷信を信じますか? 人は昔から、多かれ少なかれ迷信を信じてきたようです。

現代でも、科学で説明のつかない昔の人の言い伝えを信じる人は多くいます。
迷信を信じても、何も損することはありませんし、労力やコストがかかるわけでもありません。それで災難を避けられるのなら、何のリスクがありますか!
ここでは覚えておいて損はない、お金にまつわる迷信を10個紹介します。

手のひらがかゆい

間もなく大金が手に入ることを意味します。かゆいのが右手なら、もうすぐお金が入る幸運のサイン。ただし、掻いて手のひらを傷つけるとお金が入らなくなるので注意です。
かゆいのが左手なら、もうすぐお金を失うという不吉なサインに。その場合は、木片で左手のひらをこすってください。そうすることで、お金は守られるでしょう。

レジや金庫を置く台に座ると金運が壊れる

お店や会社を経営しているなら、レジのあるカウンターに座るのはNGです。金運が壊れてしまうからです。金庫や重要書類が入っているテーブルや台の上に座るのも同様にNGです。

紙幣は偶数枚贈る

赤い封筒に入れた紙幣
風水を信奉する文化圏では、赤色の封筒(ポチ袋)にお金を入れて人に贈る習慣があります。この時に、封筒に入れる紙幣は偶数枚。奇数枚の紙幣を入れるのはとても不吉だと考えられているからです。
結婚式や祝儀では偶数枚の紙幣で、168や188のように末尾が8で終わる金額だと最高です。奇数枚を赤い封筒に入れて贈るのは「死」を意味するので注意してください。

鳥の糞を受ける

こんなこと、とても吉兆だと思えませんよね? おそらく多くの人は嫌なことだと思うでしょう。しかし、言い伝えでは、鳥の糞がかかると、大金がすぐそこまで来ているサインだと言われています。

財布を空っぽにしない

誰かに財布を贈る時や、使わない財布を保管する時は、必ず中にお金を入れてください。お金がお金を呼ぶので、額はいくらでもOKです。少額でも良く、新札なら一層いいです。
同じことが銀行口座でも言えます。空っぽの銀行口座は不吉なので、少額でも入れておくか、口座が不要なら解約しましょう。

財布を床に置くとお金を失う

ハンドバッグ
財布を床に置いたり、財布の入ったバッグを床に置くのはNGです。
言い伝えでは、財布を床に置くと、お金が家の外に出て行ってしまうと言われています。
また、財布を地面に置くと金運が悪化し、お金が出ていき、ひったくりや泥棒に会ってお金を失うとも言われています。財布はテーブルや台の上に置きましょう。

葬儀に出くわす

仕事に行く途中で葬儀に出くわしたら、それはあなたのキャリアに大成功が訪れ、昇進するサインです。なぜなら、棺桶は不運をすべて取り除き、幸運だけを残すと信じられているからです。

家の敷居を踏んではいけない

家の出入り口にある敷居を踏んではいけません。敷居は家の脈点だと考えられていて、踏むと家の霊を傷つけてしまうからです。
また、敷居が玄関にあると、浮遊霊は敷居を越えることができず、家に入れないと信じられています。敷居を踏むことは、家の保護を壊す意味になるのです。

コインを身につける

コイン
自分にとって幸運と思えるコインを常に持ち歩きましょう。
コインを投げて表が出たら、その日は幸運に恵まれます。ただし、裏が出たら不吉のサイン。この迷信は、金属を身につけると悪魔から守られると信じられていた古代から伝わるものです。

家の中で口笛を吹くと金運を逃す

家の中で口笛を吹くとお金を失い、災難を招くと信じられています。人の家で口笛を吹くのもNG、口先で金運を飛ばしてしまうからです。
口笛は悪霊を家に招くと考えられています。吹くのなら家の外で。

Top