You are here
Home > ランドスケープ風水 > 12のNGを避けて風水の良い家を探そう

12のNGを避けて風水の良い家を探そう

引っ越しを考えるのはとても楽しいことですね。しかし、もし風水の悪い家を選んでしまったら大変。

家の中のことならともかく、家の外の条件というのは、自分ではどうにも変更できませんから。そういう風水の条件の家は何があっても避けたいものです。
殺気が玄関や家に向かっているのはとても有害です。殺気は向かいの家の屋根や、電柱、アンテナなどが原因となり得ます。
柱は家の外でも中でも、玄関の正面にあるのは良くありません。
ここではいくつかの注意すべき風水の条件をご紹介します。

1.青い屋根

青い屋根
青い屋根は、家の上に水がたまっている状態を象徴するので危険です。頭上に水の入ったバケツを乗せているようなものですから。
屋根の色として適しているのは、一般的なアースカラーです。

2.袋小路

「出口のない行き止まり」を意味する袋小路は、住むのには良くありません。気が溜まり、滞るからです。袋小路の奥のつきあたりに住むのは絶対に避けた方がいいですが、通り沿いならそれほど悪くありません。

3.殺気が送られる玄関

家にとって気の入り口となる玄関に殺気が送られていないかどうかは、とても重要です。玄関の正面に敵対的な気を発する構造物があり殺気が送られていないかどうか、確認が必要です。

次に、玄関の近くにあると危険な構造を紹介します。

4.玄関前にスペースがない

玄関前に公園やひらけた場所があると、幸運をもたらす陽エネルギーを貯める風水の「ブライトホール効果」になります。気が家に入る前に一旦止まって、落ち着いた状態で家に入るのはとても幸運です。玄関の前に少しでも空間のある家を探しましょう。

5.玄関より高い位置に道路がある

家の前の道路が、玄関よりも高い位置にあると殺気の原因になります。
道路が家に真っすぐ向かっていると強い殺気になるので、絶対に避けてください。

6.T字路

T字路で、Tの交わる部分に建っている家はきわめて難しい風水の条件です。
T字でもカーブしているなら少しはましですが、道が玄関にまっすぐ向かっている場合は殺気を強く受けるので、やめた方が懸命です。

7.速い交通の流れと渋滞

現代の風水では、道路を「川」とみなします。雨の降っている時に道路を 見れば、川だと理解しやすいはず。交通の流れの速い道は殺気を発し、流れの遅い道は幸運の「陽の気」をもたらします。
信号は交通の流れの速度を遅くするのでプラスに働きます。
交通渋滞は、流れが滞り、障害をもたらす原因となるので、慢性的に渋滞している道に面している家は避けましょう。

8.玄関前の長い直線的私道

家の玄関前の私道は、直線よりカーブしているとベター。長い直線的な私道が玄関に向かっているのは強い殺気となります。
カーブしている形状、特に「金」をあらわす丸い形の車寄せはベストです。

教会の十字架

9.教会の十字架が玄関の正面から見える

愛と信仰の場所である教会はそのものが悪いということではなく、「殺気」という観点で注意が必要です。
玄関の正面に教会の十字架が見えると、十字架のバツ(×)が家に殺気を送るからです。

10.視界を遮る高層ビル

家の近くに高層ビルがあるなら、風水に影響します。玄関前に視界を遮るように建っていればマイナスですが、家の後ろに建っているなら、家が高層ビルからサポートを得られるのでプラスです。

11.病院の近く

病院が発する陰エネルギーはとても強力です。病気と死の気が含まれているからです。ですから、病院のすぐ近くの家に住まない方が無難です。

病院が近い

12.頂上よりも中腹

坂や丘のある地域にある家は、頂上よりも中腹にある家を選びましょう。山頂は風が強く、自然の脅威にさらされやすいと考えられるからです。

すでにこういった条件に該当する家に住んでいるとしたら、対策はあります。次のページを参考になさってください。
近隣環境からの不運を中和する風水

ランドスケープ風水 よく読まれている記事

Top