You are here
Home > インテリア風水 > 体調がすぐれない原因は家具の風水かもしれない

体調がすぐれない原因は家具の風水かもしれない

家族で誰か、ずっと体調がすぐれない人がいるなら、家具を疑ってみてください。家具に隠れた毒は、呼吸器障害や下痢、高血圧など多くの病気の原因になることがあります。

リビングルームの写真
家具の木と木の間にホルムアルデヒドが含まれた接着剤が使われているかもしれませんし、古い時計から漏れた水銀のような化学物質が原因かもしれません。
家具は定期的に「陽の気」で浄化する必要があります。古い家具から生じるネガティブな風水の影響は深刻です。古い家具がずっと同じ場所にあり、長期間一度も動かされていないとしたら、埃が溜まり、エネルギーが滞るので、風水で深刻な不運の原因になります。
「気」が新鮮さを失い、強い病の気を放つようになるまで、それほど時間はかからないものです。

本棚
見逃されがちですが、壁際に本棚がある部屋では、何十年も前の古い本に長年ほこりが集まり蓄積されるので、病気の原因となります。
部屋はカビ臭く、空気は汚染されているのですが、いつも使っている人は慣れでそのことに気が付かないので、病の原因となります。
埃がたまり、古びた状態にならないよう、こまめできちんとした掃除が必要です。本棚の本を1冊1冊出して、ほこりや湿気が残らぬよう清潔にすることが大事です。
年に一度でも本棚を移動し、裏まで掃除し、滞ったエネルギーを動かしてください。
岩塩や海塩を溶かした水を布に含ませて拭くと、たまった病のエネルギーを取り除くことができます。これで長年ため込んだネガティブな病のエネルギーを散らすことができます。
手のひらに塩をのせている写真

食卓と椅子
家の風水を良い状態に保つためにとても重要な家具です。特別に注意を払い、定期的に塩水を含ませた布で拭いてください。
陰のエネルギーが食卓周りから発生すると、家族全員に深刻な不運が及ぶからです。
食卓は壊れていたり、欠けていてはいけません。食卓を良い状態に保っていると、健康と富が家族全員に訪れます。

ソファー
ソファの絵
くつろぎのソファは、疲れたエネルギーをつくる原因となりやすいものです。私たちは時に、この快適なソファは手入れが要らないと勘違いします。ソファの割れ目には長年にわたり蓄積された病気の原因となる陰のエネルギーが隠れているからです。
ソファーが古くなって、ほつれたり、汚れていたら、打ち直すか、買い替えたほうが良いです。少なくともソファーは年に一度は動かし、手入れしてください。それによって気がうまく流れます。
寝室にあるソファはさらに重要で、寝ている時に病の気を受けないよう、特にケアが必要です。新鮮で元気な気を受けれるようにケアしましょう。
リビングのソファは、窓を定期的に開けて新鮮な気を入れ替える習慣があるなら、それほど害になることはありません。
しかし閉鎖された空間にあるソファは、不運のエネルギーが非常に大きくなる危険性があります。

アンティーク
美しいアンティークは、インテリアにアクセントと独特のセンスを与えますが、全て部品単位で分解し、浄化しない限り、家の中に入れるのは危険です。
アンティーク家具の写真
アンティーク家具は前の所有者のエネルギーを運ぶので古いエネルギーを全てクリアする必要があります。
はじめに塩で表面を拭き、そしてサンダルウッドの香で家具に残っている霊を鎮めるのは良いやり方です。この儀式に疑問を持つ必要はありません。ただやればいいのです。寝室にあるアンティークのベッドやソファには特に必要なことです。

厚くて長いカーテン
カーテンは陰のエネルギーをいつも集めます。長くて大きな窓を覆っていて、めったに開けることがない、そんなカーテンには、風水の危険な影響だけでなく、細菌もたくさん潜んでいて、私たちに危険を及ぼす可能性があります。
長いカーテンの写真
風水の理由だけでも、長く分厚いカーテンはネガティブなエネルギーをつくりだす原因になりやすいので、頻繁に洗濯をすることと、カーテンの開け閉めを頻繁にするようにしましょう。そうすることでカーテン周辺の気が滞ることはなくなります。

このように、家具に隠れた風水のリスクは簡単に対策ができますから、思い立った時にすぐやりましょう。

Top