You are here
Home > シンボル風水 > 建物が与える影響

建物が与える影響

私たちの現実世界に、建物がどのような影響を与えるか、今まで考えたことはありますか?無意識な状態で生きている、というのは人間にとって普通のことで、私たちは誰でも周りからの影響を受けながら歩き、生き、行動をしているのは事実です。

ここでは、建築物がもたらす影響についてお話します。

建物は「良い」又は「悪い」エネルギーをつくります。私たちは、良い気分でいられる場所で過ごすと、人に親切になり、前向きな種類のエネルギーをつくります。
これこそ風水の本質であり、風水のすべてである、と言っても過言ではありません。
古代の建築家は、家や公共施設をつくる時、単に人がもっと幸せになれるエネルギーを建物に吹き込むために、人がそれまでの経験で学んだ知恵を建築に盛り込んだ、そうやって風水の一連の法則が生まれたのです。
形、素材、色、建物で心の反応を引き出すようデザインすることができます。目に見える視覚と質感に心が反応して、感情が動きます。
私たちがそれを意識していても、していなくても、建物のデザインは必ず無意識、そして潜在意識に影響を与え、それによって私たちの現実に影響するのです。都会のエネルギーが田舎と違う理由がここにあります。

建物はどうやってエネルギーをつくるのですか?
そのエネルギーがどのように私たちの魂に届くのですか?

エネルギーは、建物と人がお互いに作用しあってつくられます。たくさん人が来る場所のエネルギーはレベルが上がり、空間に陽のエネルギーが多く生まれます。
では、どうすればそこに多くの人が訪れますか?
そのためには、建物のデザインが視覚的に目立つ必要があります。それが感情の主である潜在意識を誘惑します。その感情とは、「好奇心」や「驚き」かもしれませんし、「喜び」や「強さ」かもしれません。「嫌悪」や「拒絶」かもしれませんが、いずれにしても私たちの意識が建物に向かいます。

建物に直感性や視覚的魅力が欠けていると、私たちの意識は引き付けられません。建物にエネルギーが不足していると、人の意識が向かないので、そのデザインは「陰」の状態をつくる活動的なエネルギーが不足する環境となります。「陽」の環境の方がはるかに良いです。
では、「陽」のデザインの重要な要素とは何でしょう?
ここにいくつか例を示します。
どれも私たちの感情の深い部分に訴えるものばかりです。この極端な例を見ることで、私たちは建築家の考えを感じることができます。

building-energy01

シンボル的な建築
この驚きの建物は、スペイン、バレンシアの芸術科学都市にある「レミスフェリック」です。まったく一からデザインすることによって、建築家が「現代の目」を象徴的に表現しました。卵型の屋根は片側だけ地面に着いていて、宙ぶらりんの側が正面玄関を覆います。
重力の法則を否定する屋根が、建物の玄関に向かって進む私たちに「宙ぶらりんの感覚」を与えます。ここのシャッターが、建物に命を宿し、文字通り目(まばたき)となります。

巧妙な象徴主義によって、見る人と建物の関係が一瞬でつくられます。
建物は見る人全員に共通する何かを思い出させます。
その何かとは「目」です。
建物の形が私たちの心に感情を湧き立たせ、創造力が開花します。この建物の持つ素晴らしい大胆さに圧倒され、好奇心がそそられます。
それだけでなく、これを見た人は皆、建物がどうやってまっすぐ立っていられるのだろうか、と心配に思い、その時、建築の常識がすべて否定されるのです。

賞賛が好奇心に変り、私たちの意識が建物に向き、もっと知りたくなります。この例から、建物の力で、感情が湧き上がることを確認できました。それが建物の中にエネルギーをひきつける強力な磁石として作用するのです。
この現代的な建物が風水の「目」にもどのように作用するか、考えるのも面白いでしょう。

building-energy02

建物の陰と陽
これはパリの都心、ルーヴル美術館にあるイオ・ミン・ペイ作の有名なガラス・ピラミッドです。私たちはここから2つの相反するものが調和した関係を作り出す建築の陰と陽を見ることができます。
ガラスと金属の壮大に組み合わさった、ルーヴルのピラミッドは、ルーヴル宮殿の中央に鎮座しています。
ここで私たちは伝統と現代、新旧の融合、すべてが一緒になり、繊細なバランスを見ることができ、そのバランスによって引力と反発力が同時に生まれます。
この2つの建築を見ることにより、異なる様式の人がつながりあって、新しい建築の言葉をつくり、それが非常に強力に人の意識をひきつけます。この感情は好奇心ではなく、古いものと、新しいものという異質なもの同士が実際に助け合って強力な引力をつくる不思議な感覚を見る人の心に抱かせます。
この新旧の共存によって、宇宙の目に見えないエネルギーをつくり、建物が言葉ではあらわせない影響を私たちに与えています。
風水の観点では、「天・地・人」の融合と言われるエネルギーの性質、「天・地・人」の気が自由に流れ、天のエネルギーはガラスのパネルをスムーズに流れ、新鮮な気が、ルーヴルの古い気を補うように流れる。イオ・ミン・ペイの最高傑作です。

building-energy03

神聖な建造物
バハーイー・ハウス礼拝堂、インド、デリーにある別名ロータス・テンプルは多くのアジアの文化と宗教で用いられる象徴的なアイコンである蓮の花をデザインしています。建物の設計を決定するのは機能です。27枚の大理石でできた花びらのデザイン、建物そのものが3×9個の花びらに組み込まれ、これらの花びらが礼拝所にとって必要なデザインです。
私たちは建築の精神要素によって、建物の中に入る時、謙虚な気持ちになります。建物がつくり出すエネルギーは純粋で、魅力的です。
そして、見る人と建物が心で会話を始めます。これがこの礼拝堂が持つ独特の重要な側面の1つです。礼拝堂はどの宗教にも解放されていて、どんな宗教の人でも使うことができます。このデザインによって、建物と人がプライベートな関係を作ることができます。

building-energy04

衝撃的な建築
では、建築が文字通り「ショック」を与えるものはどうでしょうか?
プラハにあるダンシング・ビルはガラスと金属とコンクリートがねじれた形で踊り揺れているような形です。
自然に溶け込まない建物に、ほとんどの人はショックを受けます。しかし建築のアイディアとして、それが優雅でも、象徴的でも、見る人が強烈に反応する要素をつくります。
だから建物が本当にひどかったとしても、その建物が私たちの反応を引き出すこと、建物がエネルギーのレベルを持っていること、それが人の感覚と行動と反応に影響すること、これらは全て事実です。
次にあなたが魅力的な建物に遭遇した時は、ビルを見つめて自分の感情を観察してみてください。建物が話しかけてくることに驚くかもしれません。

シンボル風水 よく読まれている記事

まだデータがありません。

Top