You are here
Home > ランドスケープ風水 > 風水の良い土地、悪い土地

風水の良い土地、悪い土地

土地を買おうとするとき、家を建てる前、土地の風水が良いのかを見極めるのは、長期的に見て大事なことです。その土地が良い風水なのかどうかを見るのはそれほど難しくはなく、誰でもできます。自分で風水の良し悪しを調べることができるよう、2つの方法をお教えします。

風水では「良い土地」「悪い土地」があるとされています。自宅の土地、もしくは家の一帯が、良い風水なのかどうか調べてみましょう。
良い土地とは富をもたらすもので、悪い土地は富を流出するものです。
良い土地は人間関係で調和をもたらし、悪い土地は悪い人を引き寄せ、悲しみをもたらします。

基本的に重要なのは土壌の質です。非常に重要なことなので、徹底的に調べても良いくらいです。風水で土地の良し悪しといえば土地の形についていうことが多いですが、それよりもさらに土壌の質の良し悪しは風水で重要なことです。

土に木くず、鉄くず、石炭のかけらなどが混じっていたり、ゴミなどが混じっているのは土壌としては良くありません。ペットボトル、ビニール袋、壊れた皿や鉢、不用品が埋めらているような土地は不運の土地とみなされます。まずこのポイントをはずしていはいけません。そしてさらに土地の良し悪しを調べる方法をお話していきます。

穴を掘ってみる
土地の中心部に立ち、大きなシャベルで背の高い木を植えるのに十分な程度の穴、少なくとも1メートル四方の穴を掘ってください。そして掘り終えたらまた土を穴に戻します。

・ 戻した土が足りず、穴が満タンにならなかったら、不吉な土地です。そこで暮らすのは良くありません。いつもお金が足りなくなり、時々人からだまされます。

・ 土を戻した時、ぴったり穴が満タンになった場合は平均的な運を持つ土地です。お金を失うことはなく、十分良いと考えられます。

・ 土を戻した時に、穴が満タンになり、さらにこんもりとなる場合は吉運をもたらす土地です。そこで暮らせば大きな飛躍が望めます。

その土地は富をもたらすか?
コンパス(方磁石)を使い、その土地の中で南東にあたる場所を見つけます。ここに先ほどよりも大きな穴、約3メートル四方の穴を掘ります。
掘り終えて、もともとの状態で穴の中に水があったとしたら、土地は豊かさをもたらします。

次にホースで穴に水を注ぎます。穴に水が満タンになったら水を止め、ゆっくりと20歩穴から離れ、その後穴に戻ります。戻った時の穴の状態で判断します。

・ はじめから水のなかった穴で、戻った時に水が土に全て浸透している場合は、豊かになることはできない兆しの土地です。

・戻った時、水がほとんど残っていたら、お金持ちになれるパワーのある土地です。元々掘った時に水があって、注いだ水もおおよそ残っていたとしたら、その土地であなたはスーパーリッチになる、そういうパワーのある土地です。

・ はじめに水はなかったけれど、戻った時、水が少し残っている場合、自分の努力によってがんばればお金持ちになれる、という傾向の土地だといえます。

これらの方法は風水の古典に書かれている方法なのですが、要約すると、スカスカの土よりも、密度の高い土の方が土地としての質が高いということです。
そして地下に何もないような山の上の土地より、川の流域のような地下水がある場所の方が多くの繁栄の可能性を秘めているのだ、と考えられます。

私たち、風水を実践する者としては、良い土地を選んで住みたいものです。

Top