You are here
Home > シンボル風水 > 季節が変わったら陰陽バランスを見直す

季節が変わったら陰陽バランスを見直す

季節が変わると、家の中の風水の状態も変化します。陰陽のバランスをチェックして、幸運を最大限受け取りましょう。

地球上に存在するものすべてに陰陽がある

地球上の「気」はすべて、「陰」または「陽」の性質に区別できます。地球上のあらゆる要素も陰陽のいずれかに属します。対立し、補完し合う陰陽2つの力は、古代中国の学者が見つめた宇宙観で、現代にも生き続けています。
陰と陽にはそれぞれ属性と磁場があり、正反対の性質も持ちます。お互いが依存する、一方だけでは成り立たない存在です。
だから、風水の良し悪しを語る時には、陰と陽の最適なバランスが重要となります。
風水の教えによると、人が暮らす住宅には、より陽の要素を多めに、お墓には陰の要素を多めにするのが適していると言われています。
日々生活する家や、仕事をする会社では、陰よりも陽がバランス的に上回るようにするのが正解だということです。しかし、陰が完全に消えてしまうほど陽を強くしてはいけません。陰がなければ陽は存在しないからです。あくまでもお互いのバランスがあってこそだからです。

幸せであるのは陰陽バランスがとれている証し

陰と陽のバランスが整った状態にある時、風水が作用します。繁栄、健康と幸せをもたらすのは、良いバランスがとれている証しです。

風水を実践するなら、部屋、土地、光と影、湿気と乾燥、色の明度と彩度、固体と液体、など、陰陽を分析し、バランスを整えることです。
陰すぎる部屋が幸運をもたらすことはありません。繁栄に必要な「生気」が不十分だからです。陽があまりにも強い場合も気が壊れてしまうので、事故や損害の原因となります。
家の中で陰陽のバランスがとれている場合にだけ、幸運がもたらされます。家の外の陰陽バランスまで良ければ、さらに素晴らしい風水の恩恵があります。

陰陽のバランスの整え方

■庭

平らな庭に、何もないのは陰が強すぎると考えられます。その場合は、石や植物を取り入れることでバランスを整えます。また、日あたりが良すぎるのも陽が強すぎると考えられるので、植物の葉で日陰をつくります。
さらに、噴水や池のような「水」は陽の気をもたらし、バランスを整えます。照明器具は「火」で陽の気をもたらし、夜の陰陽バランスがとれます。

■家
家の中では、陰と陽のバランスが気の流れに影響します。バランスが悪い、特に陰が強すぎると、風水が悪化し、問題が起こります。
家の風水は、光、音、動き、成長の気からメリットが得られます。元気に活動する犬や猫、魚を飼っている水槽は陽の気をもたらします。
家の中の陽が強すぎるのなら、インテリアなどで暗い色を使う、照明を暗くする、カーテンで日光を遮るなどでで対処できます。

■季節
金魚鉢
季節の変化も陰と陽のバランスに影響するので注意してください。
寒さ、霧、雨は陰が支配的になりますので、照明を明るくし、音楽をつけることで対処しましょう。太陽が明るく輝き、暑く晴れた日は、扇風機やエアコンをつけください。晴れて暑い日には陰を、雨の日は陽を補います。

Top