You are here
Home > その他風水記事 > コンパスアプリとアナログの方磁石 風水に適しているのはどっち?

コンパスアプリとアナログの方磁石 風水に適しているのはどっち?

方位は、風水を実践する上でとても大事、だから良質なコンパスで正しい方位を測るスキルを身につけることが重要です。


風水には数多くの法則がありますが、方位を必要とする法則を使う時は、方位の正確さが結果を左右します。
そういう理由で、上級者は針が細く、計測の精度が高い風水専用の羅盤を使うようになります。私は、手でダイヤルを回すタイプのコンパスなら精度が高く、価格も羅盤より安いのでおすすめします。
最近ではスマホにデジタルのコンパスが搭載されていて、多くの人が使っています。
iPhoneにははじめからコンパスアプリが入っていますし、アンドロイドでもインストールして使うことができます。
私はiPhoneとアンドロイドの両方を使っているのですが、アナログのコンパスと方位が異なる事実を発見しました。デジタルだからといって常に正確ということではないようです。家の風水を見きわめるためには方位の正確さが非常に重要なので、コンパスの信頼性は高くないといけません。
スマホのコンパスアプリは方位の「度数」を表示するので、イメージ的に正確な気がしてしまいます。しかしデジタルのコンパスアプリがどのような仕組みで方位を示しているかを知れば、アナログのコンパスと同じように動作しないことが理解できます。

アナログのコンパスは本質的に非常に軽量な磁石針が小さなピンの上に乗っています。この軽量な磁石針が地球の地場に自然に反応して方位が示されます。
手でコンパスを持てば、針が地球の地場の方向に一致するように回転します。これは小学校の授業で誰もが体験したはずです。

一方のスマホが搭載するコンパスアプリは、異なる方式で方位を測ります。スマホ機器そのものが金属製品や磁気を発する部品で構成されているので、磁石の針による自然な方位測定はできません。
その代わり、ほぼすべてのスマホは、磁力計(地球の磁場を検出)、加速器(速度と移動の変化を測定)、ジャイロスコープ(重力と位置を測定)という3種類のセンサーが実装されています。

3つのセンサーはすべて、スマホが縦か横かの状態を判断するデータを集め、スマホを持ち歩いている時の垂直や水平、スマホの傾きの状態を計測し、画面に反映します。
コンパスアプリは、これらセンサーが収集したデータを数学的にアルゴリズムで計算し、方位を示します。
と聞くと、非常にハイテクなので、正確そうに思えてしまいますが、仕組みが複雑になるほど誤差の幅も広がるのです。
センサーが計測値を提供しますが、メーカーや部品の供給者の違いによってもセンサーの精度にばらつきがあります。

一般的に、コンパスアプリそのもの、または別のソフトウェアによって、センサーが提供する数値を計算します。だからアプリによっても方位の計測精度に差が出るのです。
スマホのセンサーは、グーグルマップやウーバーなど、位置情報が必要となるアプリのために組み込まれているのが主目的だということを忘れてはいけません。風水の目的で実装されているのではない、ということです。

私たちは独自にテストを行い、数種類のスマホアプリとアナログのコンパスとの方位測定結果を比較しました。
また機種による違いの比較も行いました。その結果10~15度の誤差が出ることもありました。さらに屋外と屋内でもかなり結果が異なりました。ビルの中では電気設備など磁力を発する色々な要素があるからです。
同じコンパスのアプリでもiPhoneとiPadで、同じ場所で同じ条件で計測して異なる結果が出る場合もありました。
屋外では風水の羅盤との誤差が5度以内とかなり正確でしたが、室内では誤差が広がります。ある時、ホテルの部屋でアナログのコンパスが示す方位とスマホの方位がほぼ180度違っていた時があり、それ以来、私はダブルチェックするようになりました。

このことはグーグルで検索しても同じような結果を公表している人が何人も出てきます。風水で使うために正確に磁北を測りたい場合は、スマホのセンサー類が提供する情報から割り出したコンパスアプリの値が適さないのは明らかです。
と言いましたが、スマホはやはり便利です。スマホを手で持ち、コンパスアプリを立ち上げたら「八の字」を描くように振る、すると数秒でセンサーが最適化されます。こうすることで、屋外ならかなり正確に方位を測ることができます。

スマホのコンパスアプリは、軽い目的、例えばレストランで一時的に座るために方位を測るのに便利です。しかし、新しく購入する家の玄関の方位を測る時や、金運を高める目的で家の方位を測るといった場合は、スマホのコンパスアプリをあてにしない方が無難です。真剣な風水の目的には、信頼性の高いアナログのコンパスを使うべきです。
皆さんの中には、風水のアプリをインストールして使っている人もいることでしょう。間取図に方位をあてはめて、方位ごとに風水のアドバイスが表示されるようなものもあります。これは便利なようですが、コンパスアプリがどのような原理で作動しているか、今私が書いたことを考慮した上で使った方がよさそうです。


風水の目的でアプリを使う場合は、アナログのコンパスで計測した方位もダブルチェックした方がいいです。そうでないと、正しい対策はできません。
スマホアプリは、前述の通り、センサーが集めたデータで方位の値を計算によって導いている、ということを忘れないでください。
フライングスター風水のように数度の違いで対策が異なる風水を実践するなら、正確なアナログコンパスを使うことをおすすめします。コンパスアプリと、その値を基準にするアプリに頼るのは危険です。風水で確かな結果を得るには、確かなコンパスが必要です。風水を実践する者にとって、これは価値ある投資です。

Top