You are here
Home > 今年の風水 > フライングスター VS ハングリーゴースト

フライングスター VS ハングリーゴースト

「おばあちゃん、ハングリーゴースト月はいつ終るの?」と孫にきかれました。この1か月、世界中でひどい災難がたくさん起こりました。小学生の孫は、重すぎるランドセルで肩がすれて痛くて、その原因がハングリーゴーストだと思っているのです。

重いランドセルを背負う子ども
ランドセルが肩にすれて血が出ないようバンウコウを貼っているのですが、それがさらに苦痛で嫌なのだと言います。
そういう私も、肩が痛いのですが、「痛みの原因はハングリーゴーストではないよ」、孫にいいました。

この原因はおそらく肩の方位である南東が過去1か月で受けていた不運、これが原因です。
今年の年間フライングスター風水チャートによると、南東に「8」があり、たつ年とへび年の人や、南東で過ごす人に幸運をもたらします。
9月の月間フライングスター風水チャートによると、南東に「6」があり、幸運が重なっています。
だから孫の肩は9月に治るはずです。

9月のフライングスター風水チャート

しかし、9月のチャートを少し深読みすると、隣接する東に深刻な不運をもたらす「5」が、南には病をもたらす「2」があり、幸運な南東は深刻な不運に挟まれています。
これが意味するのは、肩は基本的には大丈夫ですが、間接的な不運の影響により少し痛むことがある、しかし痛んだとしても長期的ではなく、深刻でもない、ということになります。

私は、肩の痛みと長い付き合いになりつつあります。ここでは公開を差し控えますが、私の生年月日に基づく個人のチャートと、自宅の風水チャートを読むと、肩への不運の影響が非常に強いことが読み取れます。しかしこれは「水」の年である「いのしし年」に終わります。来年ようやく回復するのです。

かれこれ20年近く、私は毎年、毎月、方位を移動し影響を及ぼすフライングスター風水のチャートをWEBで皆さまに共有しています。時間で変化する風水の影響がどれほど大きく、フライングスター風水がどれほど有益か、確信しているからです。
風水の良い環境で生きるためには、時間的な風水の影響を生活に反映させることが不可欠です。

これを読んでいる皆さまは、風水が簡単だけど非常に効果的なノウハウであることを知っているはずですね。
風水の恩恵を常に受けるには、風水のシンボルを確かな場所に配置するだけです。
幸運のシンボルでエネルギーを高め、守護のシンボルを正しい場所に飾り、不運を防ぐのです。
空間を流れるエネルギーは定期的に変化するから、それを反映させるのです。

リリアンより

Top