You are here
Home > シンボル風水 > 硬貨は風水のシンボル

硬貨は風水のシンボル

大きさと重さが標準化され、金属製、証明印やシンボルが刻印されている硬貨は世界中で流通通貨として古くから用いられてきました。一般的に硬貨は商取引を容易にする目的で政府が発行するものです。

しかし取引の道具である以上に、古代では支配者の権力の象徴として硬貨が用いられていました。新しい支配者が権力の座につくとすぐに通貨のデザインを一新してきたことは歴史が示しています。
coins-symbols-of-power-and-protection-01

刻印のデザインは占い師のアドバイスによってなされたものもあるそうです。支配力、長寿、または単に支配者の運気を高めるために。王の顔が描かれた硬貨がポケットに入っていれば国民も外国人も支配者が誰なのかを自然と意識するようになる、それが硬貨の役割でした。

中国では硬貨の中に「天と地」の象徴を含めました。円形が「天」を四角が「地」をあらわします。中央に皇帝名が刻印され、神に選ばれた神聖な支配者だという意味も込められていたのでしょう。
coins-symbols-of-power-and-protection-02
皇帝はまた国の重要任務を担う者が持つための特別な硬貨を発行したといわれています。安全と任務遂行の願いを持つ吉兆のシンボルが描かれた権威ある者だけが手にすることのできる硬貨です。これは主に戦う男たちが必要としたお守りで、金属製の硬貨は他の素材より耐久性が高く、持ち歩きが楽で大量生産が可能だったので重宝されました。

現代になり、民主主義がとってかわりました。流通硬貨は国民のリーダーや英雄への敬意を払うために、またある国では国全体の運気を高めるために用いられるようになりました。
風水信奉者が多いことで有名なシンガポールでは、幸運のシンボルを紙幣と硬貨に用いることで1980年代の経済的苦境を乗り切ったといわれています。
50シンガポールドル紙幣には幸運の龍が港を見渡す姿が描かれました。1シンガポールドル硬貨には守護の力をもたらす八卦の形が用いられました。

欧州共同体EUの硬貨にも特別なシンボルがデザインされています。特に1ユーロ、2ユーロ硬貨にはいくつかのシンボルが描かれており、吉とも凶ともとれます。
加盟国はそれぞれ硬貨の鋳造が許可されていますが、デザインに必ずEUの象徴である12星を含めるのが決まりとなっています。このシンボルはEUの統一をあらわすものです。これがEUの協調を保つでしょうか?
2002年にギリシャで鋳造された2ユーロ硬貨は、欧州が牛にさらわれているように見えるデザインです。富が奪われる不吉な暗示のように見てとれます。最近のギリシャ財政危機はこれによって起きたのではと私は疑ってしまうほどです。

次に旅行する時には、硬貨をよく見てみましょう。お守りとなるような幸運のシンボルが含まれているかもしれません。地元の人に聞いて硬貨に描かれているシンボルの意味を理解しましょう。硬貨は小さくて持ち運びが容易です。硬貨が幸運をもたらすなら、常にいくつかを小銭入れに入れておきましょうよ。ちゃんとしたお守りを忘れたとしても、硬貨が守護力を発揮するので、幸運のシンボルが描かれた硬貨を持っておきましょう。

Top