You are here
Home > スピリチュアル風水 > 流れに身をまかせればすべてうまくいく

流れに身をまかせればすべてうまくいく

スピリチュアル風水の教えによると、「流れに身をまかせる」ということが、豊かな人生を生きるための秘訣だといいます。
風に逆らって歩かない、水の流れに逆らって泳がない、決してまわりの「気」のバランスを壊すようなことをしない、こういった心がけが重要です。

「流れに身をまかせる」ということは、常に自然界がもたらす「気」のバランスを意識することでもあります。
風水を実践する上でも、変形した建物よりも四角い一般的な形の建物の方がバランスが良いということもそうですし、部屋の形や家具の形などにもあてはまります。柱の角が鋭くとがっているよりも、なめらかな方が良い、といった具合です。
玄関に続く小道が直線的なものよりも、ゆるやかに曲がりくねっている方が風水で吉とされているのも、すべては「気」のバランスに関わっているのです。

ChangeSeason「流れに身をまかせる」ことの身近な例として、季節の変化に私たちが対応をすることを思い出してみてください。寒い冬の衣服から、夏になれば衣替えをして薄着に着替えるというのは、流れに身をまかせています。
家を建てるときの素材選びも方位とのバランスを意識します。例えば「木」のフローリングの木目や大理石の模様なども方向をそろえるとスムーズな「気」の流れがつくられます。
このように、家の中の「気」が自然に流れるようにするのが風水の実践の本質です。散らかっているものを片付け、間違った家具の配置を正し、「気」の流れにとって障害となることをつぶしていくのです。
「気」の流れは物理的なものが影響します。床の切れ目の線、カーテンやカーペットの端の線もまた「気」の流れをつくります。

人生には「流れ」のリズムがあります。季節は変わり、そして「陰」は「陽」になりまた「陰」になり繰り返されます。
寒い冬は春になり、暑い夏がきて、秋になりまた寒い冬が来る。「陰」は「陽」になり、そしてまた「陰」に戻る。「気」が自然のバランスを保っているかどうか、いつも意識して、そして流れに身をまかせましょう。

リリアンより

スピリチュアル風水 よく読まれている記事

Top