You are here
Home > スピリチュアル風水 > ハロウィンの夜はお香を焚こう

ハロウィンの夜はお香を焚こう

ハロウィンの起源は、11月1日のキリスト教の祝い「万聖節(ばんせいせつ)」前夜に行われる祭り、古代ケルト人の霊的な祭り「サウィン祭」にさかのぼります。

サウィン祭は、収穫を祝い、「1年の暗い半分の時期」である冬の到来を知らせる祝い。当時人々は、10月31日の夜、この世とあの世のバリアが消え、人と死者の霊が共に過ごすのだと信じていました。
祭りは一晩限りのものもあれば、数日続くものもありました。
アイルランド人は浮遊霊に連れていかれないために、動物や怪物にコスプレし、そして霊を祓うためにかがり火を焚きました。
浮遊霊がさまよう10月31日の夜は、お香を焚くことで霊を鎮めましょう。

アイルランドのサウィン祭
今も行われるアイルランドのサウィン祭の様子

当初、この死者の祭りを異教として認めなかったキリスト教も、やがてローマ教皇グレゴリウス4世が殉教者と聖人を祝う日と統合、11月1日を万聖節と定めました。
カトリック教会とイギリス国教会は今も11月1日に焚火をし、天使、悪魔、聖人の衣装にコスプレして祝うそうです。

トリックオアトリート!

やがてハロウィンはアメリカに入り、幽霊のイタズラや子ども達の「トリック・オア・トリート」というひねりが加わりました。
今日、ハロウィンはアメリカとヨーロッパだけでなく世界中で祝われるようになりました。

ビジネス的には、アメリカ人はハロウィンの衣装とキャンディー、そして装飾品に年60億ドルを費やします。
これはクリスマスに次いで大きな商業イベントです。

ハッピー・ハロウィン!
リリアンより

Top