You are here
Home > フライングスター風水 > 第8風水期のエネルギーを家に取り込む 発想の転換

第8風水期のエネルギーを家に取り込む 発想の転換

世界のエネルギーは2004年の2月4日から第8風水期の影響を受けるようになりました。第7風水期、1984年から2003年に建った家ではどうしたら良いでしょう?


第8風水期になったので、屋根をはずし、床を全改装し、玄関のドアを交換する、そのような大規模リフォームをすれば家の中のエネルギーをよみがえらすことができます。こういったことが誰でもできるのであれば良いのですが、ふつうそうはいきません。たくさんの方々から何か他に手段はないのか、と質問を受けました。家の中のエネルギーを手っ取り早く第8風水期の幸運で新鮮なエネルギーに変化させることができないのかと。この記事ではリリアン・トゥーが効果的なタオイスト風水を使って家のエネルギーを第8風水期のエネルギーに変化させるのかをお話します。
このWEBをよく読んでいる人なら風水が時間とともに変わることを知っているはずですね。私がいつも「家の中のエネルギーを第8風水期のものに変えた方が良いですよ」と申しているのも知っていますね。いくら他の風水マスターが「必要ないよ」と言っても、私の考えはゆらぎません。不幸が現実となる前ならまだ間に合います。2004年にピリオドが変わってからというこの2年間、第7風水期の時代に幸運をつかむように設計されていた家の住人が不運に見舞われたという話をたくさん耳にしてきました。

img

(写真のような住宅では屋根の交換が可能、でもマンションでは屋根を交換することは事実上不可能。)
なぜ第8風水期仕様の家に変えないといけないの?
2つ理由があります。
1つ目、第7風水期の時代には7が富と成功をもたらす幸運の番号でした。第8風水期になってからというもの、7は不運だけでなく、暴力、泥棒をあらわすようになりました。ラッキーセブンは一転して危険な7に変わってしまいました。
フライングスターのピリオド7チャートを見ると約半数の家では、玄関の対面する方角または家の背中の方角に7が2つあらわれています。南西、北東に向いている家、北と南向きの家では少なくとも、第8風水期のエネルギーに変えないと経済的にも社会的にも弊害があらわれてきます。それだけでなく、信頼する人から裏切られたり、泥棒に入られたりします。この方位に向いている家の人は絶対に改築してください。
2つ目、どの家もピリオドが変わるとパワーダウンします。つまり第8風水期の時代には第7風水期の時期に建った全ての家はエネルギーが停滞するのです。気が停滞している家では風水の良い影響を受けることができず、住む人の人生の歯車がゆっくりと確実に狂いはじめます。ビジネスチャンスや成功は遠のき、行き詰まります。人間関係に疲れ、仕事は勢いを失います。第8風水期のエネルギーを家に入れ換えて、気がよみがえるまでずっと続くのです。
しかし、どうやって変えるのですか?
通常、家のエネルギーを変えるにはあなたの家の「天」・「地」・「人」を改装する必要があります。天井と屋根を少なくとも3分の2以上新しくします。1階の床を全て新しくします。そして玄関のドアを交換、アップグレードします。家の中のエネルギーが一変するのはこの3つが組み合わさった時に始めて変わります。そして、壁を変えたなら家は新築のようによみがえるでしょう。リフォーム後に、「この家は新築のように感じるか?」と自問自答することがポイントです。
改装を始める前に、工事の騒音や採掘が五黄、三殺、Tai Suiに影響しないかどうか考慮します。2006年中、五黄は西、Tai Suiは北西、三殺は北に位置しています。改築のはじめと終わりがこの方角にならないように注意してください。もし、それをやってしまうと恐ろしい不運が降りかかるからです。

img

家の屋根や床を簡単には変えられないのですが?
屋根や床といった物理的な改装ができない場合には、根本的に第8風水期のエネルギーを得ることはできません。第8風水期の時代にもあなたの家は第7風水期の家であり続けるでしょう。
他に方法はないのですか?
残念ながらありません。ある風水マスターの主張では、家を6ヶ月間留守にして、その後獅子舞やパーティーなどを行い、大きな音をたてることで変化させることができる、とされていますが、それはありえません。しかしベテランのタオイスト風水マスターなら代わりとなる作戦を知っているでしょう。大がかりな改装をすることなく、ピリオドのエネルギーを変える方法を。それは清朝の頃からのやり方です。
タオイストの風水マスターによれば、家の中の気を「よみがえらせることができない」のなら、外から第8風水期の気を「呼んで来ればよいのだ」、といいます。第7風水期の時代にはフライングスターのピリオドチャート上で「8」は「北西」に位置していました。第8風水期ではチャートの中心は「8」になりましたが、以前は北西に位置していたのです。つまりこの「8」は「北西」から移動してきたものなのです。
もしあなたが第8風水期の家でなくても第8風水期の恩恵を受けたいと望むなら、コンパスを使って家の北西がどこなのか測ります。そしてそこにドアか窓を作り、開放します。この状態は家が「8」の気を家の中に呼び込んでいる状態といえるでしょう。
もし既に北西にドアか窓があるなら、それをただ単に開けておくことです。北西に窓やドアがなく壁だという家でも、屋根や床を改装するよりは簡単なので実践してみてください。投資にあまりある恩恵を受けるでしょう。

Top