You are here
Home > Posts tagged "インテリア"

風水の良いダイニングとは

風水の良し悪しが問われる場所、ダイニング。ここは家族の調和、家族関係の強さをあらわす場所です。食べる場所の風水が良いと、夫婦、兄弟、親子関係がうまくいき、家族がお互いを支えあう関係をつくります。

風水では「陰(いん)」な場所に注意が必要

家の中で狭苦しい場所、暗い場所は「陰」の気が溜まりやすい場所です。そういった場所はインテリアの調整によって風水を改善する必要があります。なぜなら、そのような場所には疲れ、病気の原因となる低迷したネガティブなエネルギーが溜まりやすく、順調でスムーズな生活の妨げとなるからです。

風水の力を効果的に高めるインテリア

家の風水を良くしたいなら、まずは家具の材質や色を工夫することからはじめます。インテリアのデザインに視覚的なテクニックを取り入れることで、あなたのライフスタイルにあったバランスの良い家をつくることができます。

風水 壁を気にしてみよう

家や会社で、重要な壁に工夫を施すと、風水が目覚しく改善することがあります。壁は前向きな気持ちをつくる良い風水環境を支える真っ白なキャンバス。壁の位置、配置、デザインが意識・無意識に影響を与えます。うまく工夫すれば良い風水にもなりますし、下手をすると不運の原因にもなり得ます。壁がつくるエネルギーは、私たちを幸運にも不運にもします。

風水の良いインテリアのヒント

ワールド・オブ・風水の建築デザイナーのクリス・ヤオ氏が、家のエネルギーをいつも元気で「陽」に保てるようなインテリア風水に関するデザイン的な工夫について、図を織り交ぜて解説します。
オープンコンセプトのリビングをつくる考え方は、ワンルームの家の風水にも応用して使うことができます。

風水の効果はセンスも必要

風水も良く、美的にも優れた空間を創るには、創造性と情熱が必要です。風水のフライングスターチャートを読むと、家の中のどこに吉と凶のエネルギーがあり、どんな風水の対策が必要か、という情報を知ることができます。

風水 エネルギーの場所と色の効果

五行、つまり「火」、「土」、「金」、「水」そして「木」という5種類の要素は、8方位それぞれと関連付けられています。五行にはそれぞれ「色」があり、インテリアのデザインに正しく用いられると、エネルギーが調和して幸運がもたらされます。

Top