You are here
Home > 教えてリリアン > 「2番手の女」から抜け出す風水

「2番手の女」から抜け出す風水

 私は1979年生まれ、ひつじ年です。最近、残りの人生を孤独に過ごすことになるのでは、と心配になってきました。私は彼氏を持つことはとても辛いのです。これまでの私の恋愛経験においてずっと2番手の女だったからです。本命として扱われたことはありませんでした。私は南西にクリスタルを飾ったり、ピーチブロッサムの運を高め続けていますが、結婚運がないような気がしてなりません。このまま独身の運命なのでしょうか?

 おや、まあ。あなたの家の南西にあたる場所が不運の影響を受けていないかチェックした方がよさそうです。トイレが南西にあると結婚の障害となるので引越すべきです。まだまだ一生独身と決め付けてしまうには若いですから、自信を取り戻してください。

結婚運が悪い場合、非常に効果的な風水は、ルックスと名前を変えることです。髪を伸ばすことから始めてください。太っているのなら、減量してください。しかしガリガリはダメです。ガリガリの女性には結婚運がまったくありませんので。
適度な細身のスタイルで、髪の長い女性は高いレベルの女性的な陰エネルギーをあらわします。ほどよくお化粧し、チークにブラシで赤を入れ、ピンク色のリップをつけると、運命の相手と結ばれる幸運を引き寄せます。
服は花柄でピンクのものを着てください。花柄は牡丹だったら最高です。こうすることで異性に正しく信号が送られます。

そして「2番手の女」から抜け出すには、名前を変えることをご検討ください。古風な名前例えばケイト、ビクトリアのような名前が良いです。ピンク色の花の名前、例えばローズ、さくら、牡丹、ポピーは避けてください。
本名は変えられなくても、人からそう呼ばれるようにするだけでも効果があります。そしてたくさんの貴石ジュエリーを身につけ、結婚運を強めましょう。貴石で飾りつけられた王冠を南西に飾るか、バッグに入れて持ち歩くと、あなたはナンバーワンの女、女王であることを象徴するので、2番手の女から卒業することができます。

教えてリリアン よく読まれている記事

Top