You are here
Home > 教えてリリアン > ピリオドの変更と家の後ろ側が低い問題

ピリオドの変更と家の後ろ側が低い問題

家のピリオドを変更できるかどうかの問題について、様々な意見を聞きました。屋根の一部分を空け7日間日光を入れ、床を全部張り替え、玄関も変えることが必要だと聞きました。(しかし、この方法が有効かどうかは保証できないということですが)。他の風水師は、ドアを変えて、シンボリックな意味で床と屋根のタイルを変えるだけでも有効だと言っています。私は中古の家を検討しており、住みたい地区のほとんどの家はピリオド6か7です。南西1向きの希望の家が見つかったら、ピリオドチェンジが確実に出来るのかを知りたいのです。次に、南西1向きの家でも、家の後ろ側がゆるい傾斜で下がっている場合、サポートが得られないので風水は良くない、と聞きました。しかし、多分あなたの記事だったと思うのですが、高い壁か高いビルが家の後ろにあれば(たとえ地形が家の後ろ側より低くても)OKだという記事をどこかで読みました。


ピリオドの問題については、風水マスターもどきの人々の不完全な知識によって混乱するのは無駄なことです。
家のピリオドを変更するには、「天」と「地」と「人」のエネルギーを新しく変えなければなりません。
「天」のエネルギーを変えるため屋根を、「地」のエネルギーを変えるため床のタイルを、「人」のエネルギーを変えるためドアを変えなければなりません。
家のピリオドを変更できる方法はこれだけです。
これは私が作ったルールではないのですが、建物のピリオドを変える正しい方法です。
家の後ろ側のお話については、「Yes」です。あなたの説明で正しいです。もし対策がなければ風水を学ぶ意味がありませんね?
全てに対策があり、家の後ろについては、壁が確実なサポートになります。だから心配しないで、もし南西1の家を見つけたらお買いなさい。
そしてピリオド8に変更して、私の本の通りにリフォームすれば、必ずすばらしい風水を得ることが出来るでしょう。

Top