You are here
Home > ワールド・オブ・風水ジャパンについて

ワールド・オブ・風水ジャパンについて
ワールド・オブ・風水ジャパン(WOFS.JP)はリリアン・トゥーが創設したワールド・オブ・風水・ドットコムの日本での活動を担っています。
古代に中国で発祥し、今に伝わる風水、「空間にエネルギーを与え、運を活用する方法」を無料で情報提供する目的で2004年3月に日本語版オンラインマガジン(www.wofs.jp)を開始致しました。
また、記事の中で紹介される風水実践ツールを提供するためにオンラインショップ「風水メガモール(www.fsmegamall.jp)」を同年4月に開始致しました。

日本代表 田中道明(たなかみちあき)について
lilliantanaka
1972年、東京生まれ。
前職はデータセンターのセールスエンジニア。30才の時にリリアン・トゥーから風水を習いたいと思うようになり上司に相談、長期休暇を得てリリアンの研修講座に参加。
帰国後に取引先から支援を受けワールド・オブ・風水ジャパン事業を開始した。
当サイトに掲載中のリリアン・トゥーの記事を翻訳している。
リリアン・トゥーの邦訳書のうち、
「モダン風水」(オクターブ)
「幸運のシンボル」(産調出版)
「フライングスター風水占い」(小学館)
「308の風水術」(サンマーク出版)
を翻訳(監訳含む)。
DRESSシティリビングなどのWEB媒体にコラムを出稿している。
アメリカ商工会議所発行の「THE JOURNAL」イギリス商工会議所発行の「BCCJ ACUMEN」には英語で風水のコラムを出稿している。
主に外資系企業、大使館向けに風水のコンサルテーションを提供する。
翻訳ではない著書(監修含む)に、
「旅の風水」(昭文社)
「風水の神さまをまねくお部屋の本」(かんき出版)がある。
講演は年に2回で、年初の「風水傾向と対策」を2007年より毎年講演している。
夏の「スピリチュアル風水」は2013年より講演している。
講座は行わず、風水を学びたい希望者にはリリアン・トゥー本人に直接習うことを勧めている。
リリアン・トゥーの講座

創設者 リリアン・トゥー(Lillian Too)について
リリアン・トゥー
米国ハーバードMBA、マレーシア初の上場企業社長、アジア初の女性銀行頭取、風水のベストセラー作家、リリアントゥーは風水でこの信じ難いキャリアをつくった。
世界で最も有名な風水のグランドマスターであるリリアン・トゥーは、香港や中国の偉大な風水マスター達から奥義を授けられながら、ビジネスで実践、風水の力を自身のキャリアで証明した。
風水のグランドマスターであるリリアンは、米国ハーバード大MBA卒業し、ビジネスの世界に登場。香港や中国の偉大な風水マスターに知恵を授かりながら、マレーシアで女性として初めて上場企業の社長となり、1982年には香港の銀行でアジアのビジネス史上、女性初の頭取になった。
銀行家としての活動後、香港ビジネス界の伝説的人物ディクソン・プーン氏率いる財閥企業「ディクソン・コンセプト」の社長職を務める。
その後、香港の百貨店「ドラゴンシードグループ」を買収し、会長を務め大成功を収めた。競争の激しい香港のビジネス界で、彼女の功績は今も称えられている。
リリアン・トゥー
45才の時、子育てに専念する目的でビジネス界から引退した。家族との時間を大切にするためにマレーシアに帰国し、香港時代の風水の知恵をまとめ、執筆をはじめたのはその時。
1995年、初めての著書が出版され、瞬く間にベストセラーとなる。
現在は著作が100作を超え、英語圏の世界に数多くの風水ベストセラーを送り出した。
著作は31言語に翻訳され、千万部を超える本が世界で読まれている。
彼女の功績により風水は世界に広まったと言われている。

邦訳に、
『図説 風水大全』(東洋書林)
『風水で成功する168のキーポイント』(産調出版)
『風水大百科事典』(産調出版)
『風水幸運のシンボル』(産調出版)
『308の風水術』(サンマーク出版)
『リリアン・トゥーフライングスター風水占い』(小学館)
『モダン風水』(オクターブ)
がある。
実生活に根ざし、具体的な事例で学ぶやさしい教え方は、読者、生徒から愛され、多くの人々に興味と影響を与えている。
2009年にはシンガポールの国際的な風水の会議で功労に報いグランドマスターの称号を授与した。
2010年には大統領による「Brand Laureate Personality of The Year Award」を受賞した。
現在、WOFS.com社の創設者であり、会長を務め、書籍、雑誌の出版、小売、講演、講座の事業を世界で展開している。
リリアン・トゥーは自ら教鞭を執り、風水実践者の育成を行っている。
現代人の生活に風水をあてはめる方法は、限られた人だけでなく、誰でも学べるのだということを信念としている。

Top