You are here
Home > シンボル風水

古い風水グッズの効き目

1年間私のために不運と戦ってくれたピヤオや五行塔、ナインリングの剣を、新しい年にはどうするのが良いですか?
捨てる?埋める?捨てるとしても儀式的なことが必要ですか?来年も同じ不運のエネルギーを抑えるために使い続けても良いですか? リリアン・トゥーが古くなった風水グッズについて、お話しします。

風水でサポートをもたらす山の絵

家で飾る絵画を何にしようかと迷っているのなら、山の絵がおすすめです。席の後に飾られた連らなる山の絵はとても美的でしかも人間関係において支援やサポートを受けるという風水の恩恵がもたらされます。山は四神の「亀」の形に似ているものも吉ですし、「龍」を連想させるような山も吉です。どのような山の絵を選ぶかは個人的な好みでかまいませんが、これだけははずせないポイントをここでお話しします。

風水 「気」を感じるスキル

風水とは、つまり「気」についての話です。物理的な建物や物体がつくる「わかりやすい気」というのもありますし、また、もっとあいまいな「わかりにくい気」、これは家の中に霊的な影響がある場合や、家の過去の隠れた歴史や、前の住人が残した気、その土地の元々の気、などのことです。家が目に見えない「わかりにくい気」から不運の影響を受けることはよくあります。

建物が与える影響

私たちの現実世界に、建物がどのような影響を与えるか、今まで考えたことはありますか?無意識な状態で生きている、というのは人間にとって普通のことで、私たちは誰でも周りからの影響を受けながら歩き、生き、行動をしているのは事実です。

鳥は天の使い

が家に住み着くことは最高の風水意味します。我が家では実に長い間、鳥が巣を作って住んでいます。家の裏のひさしに2羽のムクドリが住み始めてからもう何十年にもなります。ムクドリの数は年々増え、毎朝高らかな泣き声が聞こえます。ムクドリは声が大きく攻撃的な性格ですが、私は彼らが家に住みついてくれたことを嬉しく思っています。

お守りは宇宙の贈りもの

「今年は嫌なことばかり。仕事も無理難題ばかりで苦しい状況です。」
だとしても、ありがたいことに、簡単に状況を改善する方法があります。
お守りをつけてみてください。
そうすれば、人生は小さな障害を乗り越えて行くだけでスムーズに進みます。疑うよりも先に、お守りは効果を発揮してくれます。

風水は科学か迷信か?

風水は近年、米国を中心に人気が高まり、それがきっかけとなり、世界中に広まっています。少なくとも2,000年以上前にはじまった風水術が、現代社会の中、特に建築、インテリア、建設、都市開発、そして日常生活の中で、急速に利用されるようになりました。

Top